ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「LIXIL」最新記事一覧

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/07/14
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年7月14日)(2016/7/15)

ダッソー DELMIA Apriso:
LIXILが製造実行システムにダッソー・システムズのMESを採用
新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は、LIXILに対してダッソー・システムズの「DELMIA Apriso」を導入したことを発表した。(2016/7/12)

製造業IoT:
GEはITベンダーを目指すのか、LIXILの「Predix」採用事例に見る地殻変動
GEが2015年10月に発足した新組織「GEデジタル」。インダストリアルインターネットのクラウドプラットフォーム「Predix」を核に、ITベンダーと同様のソリューション提案を始めている。その狙いはどこにあるのか。(2016/7/11)

スマートホーム:
太陽光パネルと住宅の屋根を一体型に、1ミリ単位で縦と横の寸法を調整
LIXILは住宅の屋根の広さや形状に合わせて設置できる一体型の太陽光発電システムを8月1日に発売する。屋根材と太陽光パネルを組み合わせた製品にアルミ調整材を加えて、設置スペースを1ミリ単位で変更できるようにした。屋根の一部に太陽光パネルを設置しない張り分けも可能だ。(2016/7/5)

製造IT導入事例:
統合生産管理システムにダッソー・システムズのMESを導入
LIXILは、製造実行システム(MES)として、ダッソー・システムズの「DELMIA Apriso」を導入し、稼働を開始した。導入にあたっては、新日鉄住金ソリューションズが支援した。(2016/6/29)

LIXILグループ、187億円の最終赤字 
LIXILグループは、2016年3月期の連結決算を発表した。(2016/5/9)

GEに聞く、IoTでビジネスが一変する理由
2012年に「インダストリアル・インターネット」というビジョンを掲げ、IoTへの取り組みをいち早く始めたGE。IoTという大きなトレンドに対し、同社は“企業や産業の垣根を超えたビジネスチャンス”を感じているという。その理由とは……。(2016/4/20)

自然エネルギー:
シャワートイレを生産しながら太陽光で発電、工場から1700世帯分の電力を供給
窓やトイレをはじめ建材と設備機器を生産・販売するLIXILが、自社の工場を利用して太陽光発電を拡大している。シャワートイレを生産する愛知県の工場で5カ所目のメガソーラーが運転を開始した。年間の発電量は1700世帯分にのぼり、5カ所を合わせると7200世帯分の電力を供給できる。(2016/4/8)

水洗浄だけで手入れいらず 汚れない、垢がつかないトイレ、LIXILが開発
水洗浄だけで汚れや水垢を防ぐトイレ用の陶器「アクアセラミック」をLIXILが開発した。(2016/2/24)

しかも32V型:
業界初、ネットにつながる浴室テレビ――LIXILから
LIXILの高級ユニットバスルーム「SPAGE」(スパージュ)が進化。浴室テレビは「AQUOS CITY」に対応した。(2016/2/16)

暖房をつけてるのに寒い! そんなときに試したい○○
部屋の中でじっとしていると、冷たい空気が……。そんな部屋の悩みを解決する方法があります。(2016/2/12)

2016年はどうなる?:
ロボット、人工知能、Deep Learning、IoT、ドローン、ゲーム開発、Windows 10――2015年注目だった開発者/プログラマー向け記事まとめ
2015年も、開発者/プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、今年の大きなトピックを振り返りつつ、参考にしていただきたい記事をピックアップしますので、年末年始にでも読んでみてください。(2015/12/28)

製造IT導入事例:
Predixプラットフォーム活用のソリューションで住設工事業務を最適化
GEとソフトバンクは、LIXILトータルサービスにPredixプラットフォームを活用したソリューションを導入すると発表した。煩雑な人員手配作業のノウハウを完全自動化し、業務作業の最適化を目指す。(2015/12/25)

6LoWPANを話すチップを開発:
住宅設備・建材のLIXIL、IoTの事業化を推進と宣言
住宅設備・建材メーカーのLIXILは2015年12月2日、「住まいのIoT」に本格的に取り組むと宣言した。同社は東京大学大学院情報学環教授の坂村健氏をアドバイザーとし、住宅のIoTにかかわる研究開発と実証を推進、成果を順次事業化していくと発表した。(2015/12/3)

「17年までにIoTハウスを」──LIXIL、坂村教授と共同研究スタート
LIXILは、住まいにおけるIoTの活用に向けた「LIXIL IoT House プロジェクト」を開始する。17年までにIoT House(コンセプトハウス)の完成を目指す。(2015/12/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「間違いだらけのビジネス戦略」が読み解く2015年のビジネス・シーン
家電小売りのガリバー ヤマダ電機が、昨年までの不調から一転して好調な業績になった理由はどこにあるか。それは、経営戦略の転換である。(2015/11/19)

スマートホーム:
電気自動車やコージェネを駆使した「災害でも快適な家」を公開
ホンダはLIXIL住宅研究所と合同で、平常時はもとより災害時でも快適な新しい暮らしの実現を目指したコンセプトホーム、「家+X」Powered by Honda(東京都葛飾区)をこのほど公開した。(2015/11/16)

住宅も「Powered by Honda」 LIXILと次世代コンセプトホーム公開
ホンダとLIXIL住宅研究所は合同でコンセプトホーム「次世代レジリエンスホーム『家+X』Powered by Honda」を公開した。(2015/11/11)

エネルギー列島2015年版(26)京都:
ようやく太陽光発電が増えてきた、竹を燃料にバイオマス発電も進む
かつては再生可能エネルギーに先進的に取り組んだ京都府だが、最近の導入量は伸び悩んでいる。「エネルギー自給・京都」を長期の目標に掲げて、太陽光発電を中心に拡大策に乗り出した。ゴルフ場や工場の跡地でメガソーラーの建設が進み、バイオマス発電も再び広がりを見せる。(2015/10/13)

太陽光:
2万枚のシャープ製パネルを工場跡地に、京都府に出力4.87MWのメガソーラー
住宅設備メーカーのLIXILは京都府綾部市にある同社の工場跡地に、出力4.87MWのメガソーラーを建設した。2015年9月より本格的に稼働を開始する。シャープ製の太陽電池モジュールを1万9488枚設置して、年間発電量は4600MWhを見込んでいる。(2015/9/1)

賞金総額100万円の「快適IoT」コンテスト開催
「QOL(quality of life:家を楽しく快適に)」をテーマとした「快適IoT〜家を楽しく、便利にするアプリとハードのコンテスト」が開催。賞金総額は100万円。(2015/8/13)

AONT型秘密分散で端末データを保護する「PASERI for PC」
TCSIは、持ち出し端末などに保存されているデータを、クラウドやスマートフォンに分割、暗号化し秘密分散する製品を発表した。端末にデータがあることを前提とした紛失リスク対策に有効だという。(2015/8/6)

LIXILグループ、TポイントでCCCと提携
LIXILグループが顧客向けサービスにTポイントを採用する。(2015/7/23)

LIXIL、海外子会社破産で最大660億円の損失計上へ
LIXILグループは、海外子会社の破産に伴い最大660億円の損失を計上する。(2015/6/3)

自然エネルギー:
トイレもゼロ・エネルギーに、水流で発電してLED照明に電力を供給
自然のエネルギーを活用して電力の使用量をゼロにする取り組みがトイレにまで広がってきた。住宅設備メーカーのLIXILはトイレの便器に給水する水流で発電して、トイレ内の照明に電力を供給するシステムを開発した。蓄電池に貯めた電力で停電時にも照明をつけてトイレを使うことができる。(2015/6/3)

新連載・スピン経済の歩き方:
なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか
成田空港内のトイレで、TOTOのウォシュレット設置率がアップする予定だ。現在、第1・第2ターミナルでの設置率は3割ほどだが、今年の9月には100%にするとか。それにしても、なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか。その理由は……。(2015/4/7)

クラリオン、システムバスルーム用の10センチフルデジタルスピーカーを発表
クラリオンは、LIXILのシステムバスルーム向けにフルデジタルスピーカーのラインアップを拡充した。Bluetoothに対応し、スマートフォンなどからワイヤレスで楽曲を再生できる。(2015/3/16)

蓄電・発電機器:
4.86kWで280万円台、270W出力の太陽電池
LIXILは高効率太陽電池モジュール「セテラ」の販売を2015年5月から開始する。単結晶シリコン太陽電池を用いた60セル品の出力は270W。(2015/3/10)

スカパー!、4K専門チャンネルの第1弾ラインアップを公表――ハリウッド映画は交渉中
スカパーJSATが3月1日に開局する4K専門チャンネル「スカパー!4K総合」および「スカパー!4K映画」の第1弾ラインアップを発表した。(2015/2/5)

センシング×住宅:
普通の家に200個のセンサーがあったらどうなるか
築17年。千葉県野田市のリフォーム済み中古住宅。この普通の2階建てに、200個のセンサーがあったら生活はどう変わるか。 LIXILの考える「住生活の未来」の一部が紹介された。(2015/2/5)

スマートハウス:
住宅のエネルギー8割削減、太陽から「熱と電気」をもらう
LIXILは「屋根は資源」であり、屋根から得られるエネルギーで住宅内消費量の多くを賄うことができると考えている。2014年12月には既築戸建住宅の屋根に「高効率太陽熱光ハイブリッドパネル」を設置した実証研究の成果を発表した。冬季の2月に総消費エネルギーの約80%を賄うことができたという。(2014/12/26)

自然エネルギー:
太陽電池の国内出荷量が2位に回復、住宅向けは停滞
太陽光発電協会(JPEA)は2014年11月、国内の太陽電池モジュールの総出荷量などを発表した。2014年7月〜9月はこれまでの最大量に次ぐ値にまで回復した。ところが用途別の数字からは全体とは違う傾向が見える。住宅向けの出荷量が停滞していることだ。用途別の比率で過去最低の22%を記録した。(2014/11/26)

自然エネルギー:
架台を工夫した太陽光、京都の綾部に5MW
LIXILは2014年11月、工場跡地を利用したメガソーラー「LIXIL綾部太陽光発電所」(綾部市とよさか町」(出力4.87MW)に着工した。アルミニウムを用いた架台を採用し、施工コストと運用コストを抑える。(2014/11/21)

ITpro EXPO 2014 レポート:
全社最適はIT部門にしかできない――ANAとLIXILのCIOが語る未来の姿
企業のIT部門が担うべき役割について様々な提言がある中、全日空の幸重孝典CIOとLIXILの小和瀬浩之CIOが自社での取り組みを踏まえながら、IT部門の今後の役割について語った。(2014/10/16)

製造ITニュース:
日本住宅業界の“アナログ体質”を打破――LIXIL子会社がIT活用サービスを提供
LIXILグループで住宅建築関連のITプラットフォームを提供するK-engineは、同社の建築資材データベースを利用した住宅建築向けのプラットフォームサービス「K-engine サービス」の提供を始める。2次元の図面データから数分で原価の積算や顧客への見積書、作業工程表の作成ができるという。(2014/9/9)

省エネ機器:
光熱費には「窓」が効く、3層ガラスとクリプトン
LIXILは2015年1月、3層ガラスと樹脂フレームを組み合わせた窓「エルスターX」を発売する。断熱性能(熱貫入率)では国内最高の性能だと主張する。窓は熱の出入り口になりやすいため、光熱費軽減に大きく寄与しそうだ。2015年3月には特別な窓にも対応できるハイブリッドフレームの「サーモスX」も投入する。(2014/9/4)

自然エネルギー:
太陽電池の出荷が7割に落ち込む、原因は2つ
太陽光発電協会(JPEA)は2014年9月、国内の太陽電池モジュールの総出荷量などを発表した。2014年4月〜6月は数量が落ち込み、前四半期の72%にとどまった。発表値から読み取ることができる直接の要因は国内生産の減少と、工場や公共機関などへの導入量減。いずれも例年の季節要因を上回る落ち込みであり、消費税増税などの影響が考えられる。(2014/9/3)

玄関の見た目「気になる」が約半数も、「自信がある」は約4割
友人の家に行くとき、そして友人が自宅に来るときに玄関の見た目が気になるという人が半数を超える一方で、自宅の玄関の見た目に自信があるという人は4割程度にとどまることが分かった。LIXIL調べ。(2014/8/27)

これは“お風呂シアター”!? LIXILのシステムバスルーム「SPAGE」の新提案
LIXILが8月に発売するシステムバスルームには、ぜいたくなAVシステムがラインアップされた。大画面テレビとフルデジタルスピーカーをプラスできる。(2014/7/11)

自然エネルギー:
初期費用0の戸建て太陽光、売電収益で無利子の分割払い
LIXIL住宅研究所と日立キャピタル、ハンファQセルズジャパンが新築住宅と太陽光発電システムを同時に購入した場合に、太陽光部分の分割手数料を負担するサービスを開始した。売電収益で太陽光部分の分割払いを賄うことが可能だという。(2014/6/30)

自然エネルギー:
輸入品に変わった日本の太陽電池、住宅用が振るわない
日本の太陽電池産業が大きく変わろうとしている。数量の伸びは著しいものの、海外生産品の比率が高まる一方だ。長らく大半の需要を支えてきた住宅用の比率は今や25%を切り、発電事業用と産業用の比率が高まっている。太陽光発電協会(JPEA)が発表した国内メーカーを対象とした太陽電池モジュールの統計を紹介する。(2014/6/19)

自然エネルギー:
3つの役割を持つ太陽光発電所、福島の建材工場に6MW
住宅設備大手のLIXILは、福島県に立地するLIXIL須賀川工場の敷地内に出力6.35MWの太陽光発電所を完成、2014年5月から運転を開始した。工場の敷地内にありながら、売電の他、教育とショールームの役割を担う。(2014/5/29)

客室に洗濯乾燥機やミニキッチン:
連泊出張の新提案、女子会にも?──東急ステイ展開「滞在型ホテル」とは
東急ステイが、東京・新橋の虎ノ門ヒルズへ通じる新道沿いに“滞在型ホテル”とうたう「東急ステイ新橋」をオープン。“滞在型”とは何か、よくあるビジネスホテルとは何が違うのか、オープン直前の店舗を取材した。(2014/5/22)

【連載】ブランド戦略としての「学びのコミュニティ」:
第6回 (後編)企業の枠組みを超えて――『HOUSE VISION』という発想の転換
「(前編)全然売れなかった……から始まった大逆転劇」に引き続き、土谷貞雄氏に話を聞く。LIXIL、蔦屋書店、HONDA、住友林業……数十社の企業が参画するプロジェクト『HOUSE VISION』とは?(2014/3/24)

実証実験開始へ:
近未来の洗濯バサミは、洗濯物の乾き具合も取り込み時間も教えてくれる!?
東京システムハウスは、試作開発した洗濯物の乾き具合を検知できる近未来型洗濯バサミ「スマート洗濯バサミ」の実証実験を開始したと発表した。(2013/12/26)

ジャパン・ブランドの“折り紙付き”を世界へ 「クールジャパン機構」発足、官民合同で海外進出促進
日本企業の海外展開を支援する「クールジャパン機構」(株式会社海外需要開拓支援機構)が本格始動。官民合同で有望な海外事業に投資する。(2013/11/25)

今こそIFRS再入門【第4回】
これからのIFRS導入、トライアルは必須
IFRSへの移行では、比較のために過去の財務諸表をIFRSベースで開示することが求められる。手間は掛かるが、この作業をIFRS開示本番のためのトライアルと位置付けることも可能だ。(2013/11/18)

ビジネスニュース 企業動向:
シャープが最大1665億円の資金調達策を発表――デンソー、LIXIL、マキタも出資へ
シャープは2013年9月18日、公募による新株式の発行、および、デンソー、マキタ、LIXILに対する第三者割当増資を実施し最大約1665億円の資金を調達すると発表した。調達した資金は、主に2016年3月までに計画する設備投資資金に充当する予定という。(2013/9/18)

ビジネスニュース:
プラズマクラスターが取り持つ縁!? デンソーがシャープに25億円を出資
デンソーがシャープに25億円を出資する。両社の間では、デンソーの車載空調機器向けに、シャープがプラズマクラスターイオン発生機を供給するなどの形で取り引き関係があった。(2013/9/18)

エディオン、LIXILとリフォーム事業で業務・資本提携 LIXILは筆頭株主に
エディオンがLIXILグループを引受先とする第三者割当増資で49億円を調達。リフォーム事業で提携する。(2013/8/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。