ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メルカリ」最新記事一覧

「STORIA法律事務所」ブログ:
知らないと損をする? コインチェック「賠償責任を一切負わない」利用規約は有効か 弁護士が解説
仮想通貨流出問題で揺れるコインチェック。「当社は賠償責任を一切負わない」という利用規約は有効なの?──弁護士の杉浦健二さんが解説します。(2018/2/16)

自転車シェアのメルカリ流:
「メルチャリ」が生まれたワケ 「共同運営型」なぜ?
ベールを脱いだメルカリのシェアサイクル事業「メルチャリ」。「共同運営型」モデルはどのようにして生まれたのか? メルカリ子会社ソウゾウの松本龍祐代表取締役とプロダクト責任者の井上雅意氏に聞いた。(2018/2/14)

百花繚乱、自転車シェア メルカリの1分4円自転車シェア「メルチャリ」は何が違う?
個人宅やお店の軒先も「ポート」にできる。まずは福岡で2月27日に開始。(2018/2/14)

個人も一緒に参加する、メルカリのシェアサイクル「メルチャリ」 福岡でスタート
メルカリの子会社であるソウゾウは、シェアサイクルサービス「メルチャリ」を27日から福岡市で提供すると発表した。提携企業の他、個人も駐輪場を提供でき、サービスに共に参加できる形式を特徴とする。(2018/2/13)

転売、ハンドメイド作品も標的に 売れずに虚偽理由で返金要求も
トラブルに遭った作家2人に聞きました。(2018/2/16)

2月27日にサービス開始:
メルカリ、「メルチャリ」を福岡でスタート 「共同運営型」シェアサイクル
メルカリがシェアサイクルサービス「メルチャリ」を福岡市でスタート。ユーザーが運営に協力する「共同運営型」で拡大を目指す。(2018/2/13)

「メルカリ禁止って書くの忘れた」 成田凌&井浦新、出演映画の無料チラシに“直筆サイン”のファンサービス
粋なことをしてくれる。(2018/2/11)

ヤフーの次期社長は「Y」と「S」の“呪縛”を突破できるか
ヤフーが4月から新体制に。宮坂社長が後任に指名した川辺副社長は「『ヤフーは常に新しいものを最初に体験させてくれる会社だよね』といわれるようになりたい」と決意を示したが……。(2018/2/8)

新サービスを生み出せない:
ヤフーの次期社長は「Y」と「S」の“呪縛”を突破できるか
日本のインターネットの誕生当初から、ポータルサイトの代表として地位を築いてきたヤフーが、4月から新体制で23年目を迎えることになった。(2018/2/8)

「プリキュア」無料配布DVDの転売に「恥を知るべき」「大人のすることではない」と非難 → バンダイの見解は
メルカリやヤフオク!ではおおむね1枚500円前後で取引されているようです。(2018/2/8)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
「iOS 12」では買い物がより便利に Appleが新機能を小売関係者にプレビュー
全米小売協会(NRF)の「Retail's Big Show 2018」で、Apple Pay事業の責任者が登壇。そこでiOS 12の小売店向け新機能を紹介。Appleが対外イベントで情報を出すのは異例のことだ。(2018/2/8)

「フリマアプリナンバーワン」目指す:
楽天、フリマアプリ「ラクマ」「フリル」を統合 メルカリを追う
楽天がフリマアプリ「ラクマ」と「フリル」を統合。「フリル」にユーザーとデータを集約し、サービス名称を「ラクマ」として運営する。(2018/2/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
「詐欺横行」でも、無視できないICOのインパクト
新たな資金調達の手法として期待されるICO。さまざまな問題点も指摘されているのだが、仮想通貨経済圏を一気に拡大するポテンシャルも持ち合わせている。今回はこのICOについて論じてみたい。(2018/2/7)

フリマアプリ、20代の5割が利用 一番人気は「メルカリ」 MM総研の調査
「20代の約5割がフリマアプリやオークションサイトを利用している」――MM総研は2月6日、フリマアプリ・オークションサイトの利用動向調査の結果を発表した。(2018/2/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
購入制限は3月中旬まで……!? 枯渇が続くグラフィックスカード
グラフィックスカードの全方位枯渇は相変わらず。多くのショップが購入制限をかけるようになっているが、それでも当面の厳しさは収めようがない様子だ。(2018/2/5)

@IT運用管理セミナー〜運用管理は「なくなる仕事」?:
富士フイルムとメルカリSREが語る、「運用管理」という仕事の本当の価値と役割とは
@ITは2017年12月12日に「@IT運用管理セミナー〜運用管理は『なくなる仕事』?」を開催した。本稿では、その内容をレポートする。(2018/2/5)

メルカリ、“仮想通貨のおサイフ”「ハードウェアウォレット」を出品禁止に
メルカリは、仮想通貨の暗号鍵をオフラインで管理・保管するための端末「ハードウェアウォレット」を出品禁止物に加えた。(2018/1/31)

メルカリで「ハードウェアウォレット」が出品禁止に
利用者の安全のためとしています。(2018/1/31)

楽天、損保参入 野村傘下の朝日火災を完全子会社化
楽天が、野村ホールディングス傘下の朝日火災海上保険を買収して損保事業に参入する。(2018/1/29)

海外逃亡説、メルカリ転売説の真偽は?:
【一問一答】ついに沈黙破った「はれのひ」社長 会見で何を語った?
成人式に突如として営業停止した「はれのひ」。破産開始決定を受けた旨を発表する会見には、行方をくらましていた篠崎洋一郎社長が出席。報道陣との質疑応答に応じ、騒動後初めて自らの言葉で事態の真相を語った。(2018/1/26)

社長がついに公の場に:
はれのひ、破産 負債総額最大11億円 社長が謝罪「一生の思い出台無しに」
振り袖販売・レンタル会社「はれのひ」が1月26日、横浜地裁から破産申請を受けた。負債総額は最大約10億円。債権者は約1600人。(2018/1/26)

「梅ジャム」製造終了で高額転売相次ぐ 20倍以上の値が付く例も
「梅ジャム」は通常10円ほどで販売されていました。(2018/1/26)

国内事例がなくても新技術を活用
kmタクシーがGCP「Cloud Spanner」を採用、新サービスでタクシー業界に新風吹き込む
kmタクシーの国際自動車は、「Google Cloud Platform」(GCP)のサービス「Cloud Spanner」を活用し、ビジネスを変革させる新しいサービス「フルクル」を開発した。Spannerを使った理由やメリットを聞いた。(2018/1/24)

データに強い会社に変える:
社長交代のヤフー、宮坂・川邊両氏が明かした「目的と舞台裏」
ヤフーが社長交代を発表。宮坂学社長が退任し、後任には川邊健太郎副社長が就く。記者会見で、宮坂・川邊両氏がその目的と舞台裏を明かした。(2018/1/24)

使用後は「焼却」が義務:
「ヤフオク!」などに陸上自衛隊の「教本」流出 業務に支障は?
ヤフーが運営するオークションサイト「ヤフオク!」などに、陸上自衛隊員向けの教本が多数出品されていることが判明。陸上自衛隊に流出経路や取り引きの違法性を聞いた。(2018/1/22)

ビル・ゲイツもジョブズも知らない女子高生、「はじめてのパソコン」を買う
父と娘のパソコン奮闘記、始まる。(2018/1/21)

メルカリ「6月上場で調整」報道にコメント
メルカリが6月をめどに東証マザーズ上場を計画していると伝えた日経新聞の報道にメルカリがコメント。(2018/1/19)

約半数がキャリアメールを使わず MMD研究所の調査
MMD研究所は、1月16日に「2017年版:スマートフォン利用者実態調査」の結果を発表。スマートフォン利用時間は「2時間以上3時間未満」、よく利用している時間帯は「夜(19〜23時台)」が最多に。3大キャリア利用者に格安SIMについて聞いたところ、認知度は85.5%となった。(2018/1/18)

「ヤフオク!」の決済、「かんたん決済」に一本化 受け取り確認後に振り込み
「ヤフオク!」の商品代金の決済方法が「Yahoo!かんたん決済」に一本化。落札代金をヤフーがいったん預かり、落札者が商品を受け取った後に出品者に振り込む組みも必須に。(2018/1/17)

YOSHIKIが「格付け」で食べまくったチーズおかき 注文殺到でネット販売一時休止 販売元「放送がきっかけ」
YOSHIKI効果すごい。(2018/1/16)

「スマホ動画はYouTube」が9割 niconico、Amazonビデオに圧勝 MMD調べ
MMDがスマートフォンの利用実態を調査。動画アプリを利用するユーザーのうち、9割以上がYouTubeを使っていたという。(2018/1/16)

メルカリ、早期上場見送り 小泉社長に聞く 米市場投資を優先
メルカリは世界各国でフリーマーケットのサービスを普及させることを目標としており、米国市場のマーケティングなど、事業拡大に向けた投資を優先させる。(2018/1/15)

独自コイン発行は「予定なし」:
メルカリ、仮想通貨交換業の登録申請へ ビットコイン決済への対応目指す
メルカリは、金融子会社「メルペイ」が年内にも金融庁に仮想通貨交換業の登録申請を行う方針を明らかにした。決済手段としてビットコインなど主要な仮想通貨への対応を目指す。(2018/1/11)

メルカリ、“振り袖”大量出品アカウントを一時非公開に 「はれのひ」関係者ではとの疑惑も
現在は本人確認や商品の入手先確認などを行っているとのこと。(2018/1/10)

新成人の着物?:
「はれのひ」関係者? フリマに振り袖大量出品 メルカリがコメント
振り袖販売・レンタル会社の「はれのひ(harenohi)」を巡り、フリマアプリ「メルカリ」に振り袖を大量出品するユーザーが確認された。同社関係者が出品している可能性も指摘されるが、メルカリは「現時点でそのような事実は確認されていない」とコメント。(2018/1/10)

メルカリ、振り袖大量出品者の入手先を確認中 「『はれのひ』との関係は未確認」
「メルカリに振り袖を大量に出品している」と話題になっていたユーザーの出品物について、「利用規約違反の疑いがある」としてメルカリが商品を一時非公開に。商品の入手先の確認などを行っている。(2018/1/10)

市場の確立目指す:
買い取りアプリ「CASH」にAndroid版登場
品物を買い取って現金化できるアプリ「CASH」のAndroid版が登場。(2018/1/9)

新編集長が各地で誕生:
“食べ物付き”情報誌が変えたい「消費者の意識」とは
食べ物が“付録”として付いてくる情報誌「食べる通信」――。生産者の情報を消費者に届けることが目的だ。発起人の高橋博之氏は、なぜこのような取り組みを始めたのか。(2018/1/5)

「経営に寄与するIT」の具体像が分かる、2017年、@IT SystemDesignフォーラム SNSランキングベスト10
デジタルトランスフォメーションのトレンドが進展するに伴い、IT部門には「経営に寄与する」ことが一層強く求められている。では「寄与」とは具体的に何をすることなのか?――2017年 @IT SystemDesignフォーラム SNSランキングベスト10に、そのヒントを探ってみてはいかがだろう。(2017/12/28)

鎌倉銘菓「クルミッ子」Amazonやメルカリで高額転売相次ぐ 製造元が「買わないで」と呼びかけ
出品者の一部は「鎌倉紅谷」を自称するなどしており、購入者を故意に誤解させている可能性。(2017/12/28)

数年後に「ZOZOSUIT」はいらなくなる? 落合陽一さんとメルカリ、画像使った共同研究で「試着」の可能性探る
メルカリが研究開発組織「mercari R4D」の設立を発表。発表会の後に行われたトークセッションでは、具体的な研究内容などについても言及した。(2017/12/22)

違法コピーしたOffice入りPC「メルカリ」で販売の男に有罪判決
違法コピーしたOfficeソフト入りPCを「メルカリ」で販売したとして、著作権法と不正競争防止法違反に問われていた岡山県の男に対して、神戸地裁は11月17日、懲役1年4月、罰金200万円の有罪判決を言い渡した。(2017/12/22)

メルカリ、「いち早くサービス化」めざす研究組織「R4D」設立 東大、シャープなど協力
メルカリが研究開発組織「mercari R4D」を設立。調査や研究にとどまらず、研究成果をいち早くサービス化することに注力する。(2017/12/22)

LINEが自転車シェアリング事業に参入 中国Mobikeと提携、LINEアプリから直接利用可能に
2018年上半期までにサービス連携を開始。(2017/12/20)

サービスの革新性などもトップ:
利用したい宅配便、1位はヤマト 顧客対応など高評価
消費者が「最も利用したい」と考える宅配事業者は?――マイボイスコム調べ。(2017/12/20)

「LINE」活用でシームレスに使える:
LINE、シェアバイク「Mobike」と提携 18年上半期スタート
LINEがシェアバイク事業大手の「Mobike」と業務提携。「LINE」を活用したサービスを18年上半期をめどにスタートする。(2017/12/20)

LINE、自転車シェア事業に参入
LINEは12月20日、自転車シェア事業に参入することを発表した。(2017/12/20)

ネイマールがアンバサダー就任:
メルカリが世界1億DL突破 FB元幹部参加の米国でも好調
フリマアプリ「メルカリ」が世界累計1億ダウンロードを突破した。17年に米Facebook元幹部を執行役員として迎えるなどして、米国事業も順調に推移している。(2017/12/20)

世界1億DL突破のメルカリ、ネイマール選手起用のCM公開
フリマアプリ「メルカリ」が世界累計1億ダウンロード突破。ネイマール選手とブランドアンバサダー契約を結んだことも発表した。(2017/12/20)

メルカリ、世界1億ダウンロード突破 米で3割、海外戦略奏功
「メルカリ」のダウンロード数が世界で1億を突破したことが分かった。(2017/12/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。