ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「Palm」最新記事一覧

インバースネット、ファンレス設計のスティック型PC「Palm Stick PS01H」
インバースネットは、Windows 8.1搭載スティック型PC「Palm Stick PS01H」を発表。大型ヒートシンクの搭載でファンレス動作を実現したモデルだ。(2015/4/17)

Alcatel、Android/Firefox OS/Windows Phone互換の「PIXI 3」発表
Palmブランドを獲得したと話題の中国ALCATEL ONETOUCHが、Android/Firefox OS/Windows Phoneを搭載可能なスマートフォン「PIXI 3」をCESで披露する。(2015/1/3)

Palmブランドのスマートフォン登場か(ただしOSはAndroidで)
Palm.comのリダイレクト先「mynewpalm.com」というWebサイトには、Palmのロゴと、「COMING SOON」と「SMART MOVE.」という言葉が表示される。(2015/1/1)

ビジネスニュース 事業買収:
好調なQualcomm、不振の続くHPから「Palm」「iPAQ」などモバイル関連特許を買収
Qualcommは、モバイル関連特許のポートフォリオを強化する策として、Hewlett-Packard(HP)が保有する大量のモバイル関連特許を買収したと発表した。(2014/1/30)

Qualcomm、HPからPalmやiPAQの特許ポートフォリオを買収
Qualcommが、HPが保有するPalmやiPAQなどの1400件以上のモバイル関連特許を買収する。特許ポートフォリオの拡充が狙いのようだ。(2014/1/24)

2014 CES:
よみがえる「webOS」、LGが新型スマートテレビに搭載へ
webOSは、旧Palmが開発したモバイル向けのOSだ。Palmを買収したHPがwebOS関連事業を切り離し、その後LG Electronicsの手に渡り、ようやく、再び日の目を見るチャンスが訪れたようだ。(2014/1/9)

あの人は今:
Palm創設者はビッグデータ分析サービス「Grok」布教中
Palm OSを開発したジェフ・ホーキンス氏は今も楽しそうだ。(2013/2/27)

LG、HPからwebOSを買収してスマートTVのOSに PalmはHPがサポート継続
HPが2010年に買収したPalmのモバイルOS「webOS」をLG Electronicsが買収し、次世代スマートTVのプラットフォームとして採用する。(2013/2/26)

HP、「Open webOS 1.0 Beta」をリリース
HPが、「Open webOS 1.0 Beta」をApache License Version 2.0で公開した。同社は昨年12月、Palm買収で獲得したこのOSのオープンソース化を発表している。(2012/9/3)

HP、webOSをオープンソース化 タブレット製造の可能性も
HPが、PalmのwebOSをオープンソースとして開発者コミュニティーに提供すると発表した。同社はコミュニティーへの貢献を継続する。ホイットマンCEOはHPによる同OS搭載タブレット製造の可能性に言及した。(2011/12/10)

スマートフォンの米顧客満足度調査、Appleが6期連続で首位、2位はHTC
J.D.Powerの定例顧客満足度調査で、6期連続で首位に立ったAppleに次ぐ2位は前回3位だったHTC。前回6位だったSamsungはNokia、Palmを抜いて3位になった。(2011/9/12)

HTC、Googleから譲渡された特許でAppleを提訴 Bloombergが報道
GoogleがPalmやMotorolaから獲得した特許をHTCに譲渡し、HTCがその特許を盾にAppleを提訴した。(2011/9/8)

HP、webOS端末事業の打ち切りを発表 PC部門のスピンオフも検討
iPadに対抗すべく発売したwebOS搭載タブレットの「TouchPad」の販売不振で、HPが昨年のPalm買収で獲得したこのモバイルOS搭載のハードウェア事業を打ち切ると発表した。(2011/8/19)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
Androidに至るモバイル進化の系譜
スマートフォン全盛、とくにAndroid端末の多様性はまさに花盛りの昨今。ふと「いまAndroidってやばいんじゃないか?」という印象を持った筆者。今のAndroidの状況は、PalmOS全盛期に似ている――そこで、PDAの歴史を振り返ってみることにした。(2011/7/21)

HP、PalmのwebOS搭載タブレット「HP TouchPad」を7月に発売
iPad対抗のwebOS搭載タブレット「HP TouchPad」のWi-Fiモデルがまず米国で7月1日に発売される。モバイル回線モデルのパートナーはAT&Tで、夏の終わりに登場の予定だ。(2011/6/10)

HP、webOSベースのタブレット「TouchPad」と新スマートフォンを発表
HPがiPad対抗のタブレット「TouchPad」と、カードサイズのスマートフォン「Veer」、ビジネス向けスマートフォン「Pre3」を発表した。PalmのwebOS搭載のTouchPadはiPadと同じ画面サイズで、マルチタスク、Flash動画再生に対応し、ビデオチャットが可能だ。(2011/2/10)

HP、Palm webOSタブレットを2月9日発表
HPはわずか8秒のPalmタブレットの予告動画を公開している。(2011/2/4)

Palmの開発者支援幹部が辞任 コンサルとしてwebOSへの取り組みを継続
オープンソース開発コミュニティーから高い支持を得ているガルブレイス氏とアルマー氏がHP傘下のPalmを離れ、開発者を支援するベンチャーを立ち上げる。(2010/10/25)

HP、Windows 7搭載タブレット「Slate 500」発表
HPの「Slate 500」は8.9インチディスプレイを搭載し、OSはWindows 7を採用。Palm webOSを載せたタブレットも2011年に投入する。(2010/10/22)

HP、次期モバイルOS「HP webOS 2.0」と新スマートフォン「Palm Pre 2」を発表
HPに買収されたPalmから、ようやく次期モバイルOSが発表された。正式名称は「HP webOS 2.0」となり、今週フランスで発売の「Palm Pre 2」に搭載される。(2010/10/20)

HPがPalm部門にてこ入れ――NokiaとSamsungの幹部を登用
HPがPalmブランドのスマートフォンおよびタブレットの発売に向けて、元MeeGo責任者やSamsungの研究開発担当幹部を採用し、態勢を整えている。(2010/10/19)

HP傘下のPalm、次期モバイルOS「webOS 2.0」のSDKをリリース
Palmが「webOS 2.0」のSDKをリリースし、独自のマルチタスキング「Stacks」などの新機能を披露した。(2010/9/1)

“Windows+Palm”タブレットでiPad追うHP
HPが2011年初めに、Palm webOS搭載のタブレットを投入する。webOSの機能に加え、業務用とはいえ何年もタブレットを手がけてきた経験のある同社なら、iPadに対抗できるかもしれない。(2010/8/27)

HP、2011年初めにwebOS搭載タブレット投入
HPは2011年初めにPalmのwebOS搭載タブレットを、「近い将来」にWindowsタブレットをリリースする。(2010/8/23)

HPが「PalmPad」を商標登録申請 タブレットに使用?
HPが「PalmPad」の商標登録を申請していることが分かった。同社はPalmのwebOSを搭載したタブレットを計画している。(2010/7/21)

懐かしの一筆書き文字入力を再現――「Graffiti for Android」
往年の名機Palmの文字入力方式「Graffiti」を再現したAndroidアプリが静かに話題になっている。30代以上の読者は懐かしさを感じるのではないだろうか。(2010/7/16)

HPのPalm買収はスマートフォン事業を立て直すチャンス
HPによるPalm買収が完了した。両社が幾多の障害を乗り越えられれば、数カ月後には素晴らしいモバイル製品の登場があるかもしれない。(2010/7/5)

HP、Palmの買収を完了
PalmはHPのパーソナルシステムグループ下の一部門となり、webOSベースのスマートフォン、タブレットPC、Netbookなどの製品を展開していく。(2010/7/2)

webOSをネットプリンタに搭載する計画:
HP決算、PC・サーバが好調で2けた台の増収増益
マーク・ハードCEOは業績発表後の記者会見で、買収する米PalmのモバイルOS「webOS」をネットプリンタのOSとして採用する計画を明らかにした。(2010/5/19)

HPのPalm買収 本当の狙いは何か
HPはPalmを買収することで、これまで開拓に苦労してきたモバイル端末市場に再び参入する考えだ。しかし同社の狙いはスマートフォンだけではなさそうだ。(2010/4/30)

HP、Palmを12億ドルで買収
Palmの身売り先がHPに決定した。ライバルのDellやLenovoがスマートフォン市場に参入する中、HPは「Palm webOS」で勝負する。(2010/4/29)

せかにゅ:
Palmの身売り先、最有力候補はLenovoか
HTCがPalm買収から降り、今や最有力候補はLenovoになったと報じられている。(2010/4/26)

AT&T、Dellの初Android携帯「Aero」とPalm製品を販売へ
iPhoneの独占契約キャリアAT&Tが、Dell製Android端末とPalmのwebOS搭載機を発売すると発表した。同社はBlackBerryも販売している。(2010/3/23)

Palm決算、増収だが販売台数は振るわず
出荷台数は96万台だが、販売台数は40万8000台と前年より不振だった。(2010/3/19)

Palm、「webOS 1.4」リリース ビデオの録画・編集・投稿が可能に
上位機種のPalm Preは、近いうちにアプリストアで公開されるプラグインを追加することでAdobe Flash 10.0に対応するようだ。(2010/3/1)

レビューサイトYelp、2500万ドルの増資
Googleが買収しようとしていたと伝えられているソーシャルサイトのYelpが、Palmなどにも出資しているElevationの支援を受ける。(2010/1/28)

2010 International CES:
Palm、スマートフォン「Pre Plus」と「Pixi Plus」をVerizonから発売へ
PalmがwebOS搭載の新スマートフォンを発表した。米国ではVerizonが1月25日から独占的に販売する。(2010/1/8)

ビジネスニュース 業界動向:
スマートフォン・メーカーに関する7つの予測、2010年は優勝劣敗が明確に
米Apple社や米Motorola社、フィンランドNokia社、米Palm社、韓国Samsung Electronics社などのメーカーが、続々と新しいスマートフォンを発売している。これらの新製品の2010年の売れ行きはどうなるのだろうか。(2009/12/8)

Preの弟分:
Palm Pixi、Sprintから99.99ドルで11月15日発売
PalmのwebOS搭載スマートフォンの第2弾、「Palm Pixi」がSprintから99.99ドルで発売される。(2009/10/27)

Palmが開発者向けプログラムを発表、12月にオープンへ
Palmは自社のスマートフォンOS「webOS」上で動作するアプリケーション開発のプログラムを発表した。オープンソース開発者は年会費免除となる。(2009/10/7)

Palm、「webOS 1.2.1」でiTunesとの同期機能を復活
Palmが「webOS 1.2」で断念したかにみえたiTunesとの同期機能を、数日後のマイナーアップデートで復活させた。(2009/10/5)

iTunes同期は断念か:
Palm、「webOS 1.2」リリース――App Catalogでの有料アプリ販売へ
Palm Pre搭載OSの新版「webOS 1.2」ではメールやアドレス帳など多数の機能が強化されたが、iTunesとの同期機能は復活していないようだ。(2009/9/29)

webOSアプリの救世主登場か:
Palm、Mozillaのプロジェクトリーダーを開発者支援チーム責任者として採用
Ajaxian.com共同設立者の2人が、モバイル環境でのオープンなWeb開発の新天地としてPalmを選んだ。(2009/9/27)

Palm Pre、欧州で10月に発売
Palm Preの欧州版は、まずドイツで10月13日に発売される。(2009/9/25)

PalmやAndroidに勝ち目はあるのか:
iPhoneを打ち負かすには――競合企業が抱える10の課題
Palm PreやAndroid携帯は、iPhoneの前では競合関係を維持するのさえ難しいのが現状だ。だが10の課題を実行できれば、iPhoneを打ち負かすのは不可能ではない。(2009/9/25)

Preは好調:
Palm決算、引き続き大幅赤字
「Palm Pre」を発売した同四半期のスマートフォンの出荷台数は82万3000台で、前期より134%増加した。(2009/9/18)

Palm、新スマートフォン「Pixi」を発表
Palm PixiはマルチタッチスクリーンとQWERTYキーボードを搭載したストレート端末で、GoogleやFacebookのほか、Yahoo!のサービスやLinkedInも統合される。(2009/9/9)

Appleの問題が「みんなの得になる」10の理由
AppleはGoogle VoiceやPalm Preを締め出したことで、各方面から批判を浴びている。同社へのプレッシャーが強まることは、消費者、企業、そしてApple自身にとってもいいことだ。(2009/8/24)

9月半ばにβ公開:
PalmのApp Catalog、アプリケーション登録受付開始
6月にβ版としてスタートしたPalmのアプリストアでようやく一般開発者によるアプリ登録の受付が始まった。9月半ばには米国で有料アプリの販売を試験的に始める。(2009/8/19)

プリペイド事業は好調:
Sprint、Palm Pre投入も加入者減を止められず赤字拡大
同四半期中の無線サービス解約者数は25万7000人に上った。(2009/7/30)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。