ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PCデポ」最新記事一覧

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年8月版:
PCデポよりゴルスタより「アカウントロック」が気になる?
2016年8月は、各所で恒例のセキュリティイベントが開催されました。また、PCデポやゴルスタの1件が話題になると同時に、「アカウントロック」や「攻撃手法の公開」の是非について議論が交わされたのでした。(2016/9/13)

PCデポ「古物商許可」不透明問題について取材 9月1日から「Web本店」での中古品取り扱いを再開
「古物商許可、未取得の可能性」とネットを騒がせていました。(2016/9/1)

PCデポ、Webでの中古品取り扱いを当面中止 古物取り扱いの届け出にミス
店舗では買い取り・販売を引き続き行っているとしています。(2016/8/28)

PCデポ、炎上したサポート契約に関する対応策を発表 現状把握と別スタッフによる案内確認を実施
店舗スタッフとは別の「品質管理スタッフ」でチェックするとしてます。(2016/8/26)

スピン経済の歩き方:
高齢者カモ疑惑 PCデポの「初動対応」があまりにもお粗末だったのはなぜか
PCデポが大炎上した。PCの使い方などをサポートするサービスに対して、批判が集中したわけだが、同社の初動対応に問題はなかったのだろうか。炎上後、PCデポの対応をみると……。(2016/8/23)

Weekly Access Top10:
日本やりました! 金メダルです! (演出も)
リオ五輪の閉会式、鳥肌が立ちました。ポケモンは時期的に間に合わなかったのでしょうね。(2016/8/22)

PCデポが「従業員によるカード情報不正取得」を否定 店員を名乗るアカウントは「易々とクレカを渡す鴨」と投稿
ツイートは2014年当時のものでした。(2016/8/18)

「PCデポ店員が顧客のカードで買い物」Twitterに投稿 PCデポは否定
家電店「PC DEPOT」のある店舗で、店員が顧客のクレジットカードで買い物している――Twitterにこんな告発が投稿されていたが、PCデポは否定した。(2016/8/18)

「顧客にそぐわないサービス提供あった」 ネットで批判受けたPCデポ、75歳以上の解約は無償に
「高齢者に不必要に高額なサポート契約を結ばせたのでは」とネットで炎上していたPCデポが対策を発表。75歳以上の顧客について、契約解除を無償にするという。(2016/8/18)

高齢者サポートで炎上のPCデポが謝罪 今後は75歳以上の契約解除を無償に
「使用状況にそぐわないサービス提供があった」とのこと。(2016/8/17)

PCショップ「PCデポ」高齢者相手の高額サポートで批判 月々1万5000円、契約解除に20万円
ネット上ではPCデポに対する批判が相次いでいます。※追記(2016/8/17)

ピーシーデポ、「JUST PRICE FON」で音声定額サービスを開始
「JUST PRICE FON」で1回あたり3分、月170回までが無料となる音声定額サービスを開始。プレフィックス番号を自動で付加する専用アプリを用意する。既存プランよりも1000円高くなる。(2016/8/12)

Windows 10 Mobile搭載スマホを購入するには?
(2016/7/11)

価格は約3万5000円:
防水・おサイフ対応、アルミフレームを採用した「arrows M03」、7月下旬に発売
富士通の最新SIMフリースマホ「arrows M03」が7月下旬に発売される。アルミフレームや功績をイメージした素材を背面に採用して高級感がアップ。カメラはM02よりも画素数が向上。おサイフケータイやワンセグも利用できる。(2016/6/28)

格安SIM定点観測:
手厚いサポートのMVNOが登場 端末のレンタルサービスも――2016年4月・5月音声通話
音声通話対応のMVNOサービス(格安SIM)も、競争の軸が「サービス改善」中心となった感がある。新年度に入っても、サポート、端末の提供方法、通話定額など、料金の「外」での動きが活発だ。(2016/6/16)

日本マイクロソフト、アルカンターラ素材のSurface Pro 4/Pro 3用「Signature タイプ カバー」を実店舗でも販売開始
日本マイクロソフトは、Microsoft Store限定販売のSurface Pro 4/Pro 3用「Surface Pro 4 Signature タイプカバー (Alcantara) 」を、店頭でも販売すると発表した。(2016/5/16)

データ移行やLINE設定も店頭で――ピーシーデポ、MVNOサービス「JUST PRICE FON」を提供
ピーシーデポが、4月29日に新たなMVNOサービス「JUST PRICE FON」を提供する。月額料金にはスマホの端末代、通信料金、サポート料金が含まれており、利用できるプランは端末によって異なる。店頭でのみ申し込みを受け付ける。(2016/4/12)

SIM通:
ピーシーデポ、LINE設定等サポート「格安スマホプラン」発表
ピーシーデポは、購入時の店頭設定から購入後の継続サービスまで付つく「格安スマホ」プランを、新たに3種類投入する。(2016/2/23)

ピーシーデポ、格安スマホのラインアップ拡充――サポート付き3プランを開始
ピーシーデポの格安スマホラインアップに、各種サポートも含めた月額1990円〜3990円の3プランが追加された。(2016/2/3)

富士通、SIMフリースマホ「arrows M02」を10月29日から順次販売――取り扱いは家電量販など11社
富士通は、10月29日からAndroidスマートフォン「arrows M02」を家電量販店などで順次発売する。計11社が取り扱う。(2015/10/27)

新PCに買い替えるチャンス:
対象のWindows 10搭載デバイス購入で下取り最大1万円増額――10月15日から
対象となるWindows 10搭載デバイスはタッチパネル搭載の計75種類(2015/10/14)

PC DEPOT、「VAIO」シリーズの取り扱いを拡大――全店舗で提供を開始
ピーシーデポコーポレーションは、VAIO製PCの取り扱い店舗拡大を発表、「PC DEPOT」「ピーシーデポスマートライフ店」全店で取り扱いを開始する。(2015/6/19)

富士通のSIMフリースマホ「ARROWS M01」、家電量販店でも販売へ
富士通がSIMフリースマホ「ARROWS M01」を全国の家電量販店でも販売する。(2015/3/19)

富士通、SIMロックフリースマホ「ARROWS M01」の販路拡大――全国の家電量販店など14社で発売
富士通は、SIMロックフリースマホ「ARROWS M01」の販路を拡大し、3月21日より全国の家電量販店などで発売すると発表した。(2015/3/19)

ピーシーデポ、VAIO本体+データ通信サービスをセットで使える月額制「VAIO スマートパック」の販売を開始
ピーシーデポコーポレーションは、VAIO製ノートPC本体とモバイルインターネット通信料をセットにしたパッケージ「VAIO スマートパック」の販売を開始する。(2015/3/6)

店頭にVAIOが本格復帰:
VAIO、家電量販店で購入して持ち帰れる「個人向け標準仕様モデル」を発売
VAIOのPC製品ラインアップは、仕様が固定ながら家電量販店で購入して持ち帰れる「個人向け標準仕様モデル」、仕様が選べる一方で納品は後日となる「VAIO OWNER MADEモデル」の2種類となった。(2015/3/6)

SIM通:
PCデポ、格安SIMサービスに秘められた「おもてなし」
PCデポは、SIMカードの開通手続きや設定、iPhone 6の設定や開通・通信テストなど、専門スタッフのサポートが店頭で受けられる格安SIMサービスを提供しています。その背景を聞きました。(2014/11/27)

先着5000名:
富士通WEB MART、「ARROWS Tab QH33/S」購入者にアクセサリー3点セットをプレゼント
富士通は、同社直販サイト「WEB MART」および指定販売店で同社製タブレットPC「ARROWS Tab QH33/S」の購入ユーザーを対象とするプレゼントキャンペーンを開始した。(2014/10/29)

MVNOに聞く:
光回線とモバイルのセット販売も検討――格安や映像を武器に伸びる「U-mobile」の戦略
2段階制の独自の料金プランを提供し、渋谷区の外苑前にリアル店舗もオープンするなど、MVNOとして存在感を高めているU-NEXT。オフィシャルキャラクターに“天使すぎるアイドル”の橋本環奈さんを起用したことも話題を集めた。そんな同社の戦略を聞いた。(2014/10/17)

マイクロソフト、Office 365を個人向けにも提供 iPad版も年内公開へ
海外ではOffice 365を個人利用できたが、国内でも利用できるようになる。Office for iPadの日本語版提供も正式発表された。(2014/10/1)

主流はネット通販:
“格安SIM”はどこで買える? サービス別の販売場所まとめ
何かと話題の“格安SIM”だが、一体どこで購入できるのだろうか。サービス別に販売場所をまとめた。販売場所が特殊なプリペイドSIMは別途カテゴリを分けて紹介する。(2014/8/11)

LTEは非対応:
ピーシーデポ、端末込み月1490円の格安スマホを9月発売 通話付きでMNPも可能
ピーシーデポは、端末代込み月1490円で利用できる格安スマホを9月に発売する。通話機能付きでMNPによる乗り換えも可能だ。(2014/8/7)

ピーシーデポ、速度制限なしで週200Mバイトまで使える格安SIM発表――料金は月額1000円から
ピーシーデポコーポレーションは、NTTドコモのネットワークを利用した高速LTE対応のSIMカードを発表した。毎週200Mバイトまでの快適なインターネットを、月額1000円から楽しめる。(2014/2/24)

PC DEPOT、バイドゥのIMEに関するPC、タブレットの無料点検を開始
バイドゥのIMEが入力内容を外部に送信しているという報道を受け、PC DEPOTがPCやタブレットの無料点検サービスをスタート。(2013/12/27)

あの林先生が、あの流行語でPR:
個人ユーザー向け「XP乗り換え施策」開始──移行で5000円分特典、MSらPC業界団体が共同で展開
日本MSとPC業界団体のWDLCが2013年秋冬商戦の最新PC/タブレット購買促進キャンペーンを開始。個人Windows XP利用者に対する買い換え特典も用意し、林先生をキャンペーンキャラクターに起用して展開する。(2013/11/6)

PC DEPOT、「MEN’S CLUB」など4誌の電子版とタブレットのオリジナルセット販売開始
ピーシーデポコーポレーションがハースト婦人画報社と協業し、『婦人画報』『25ans(ヴァンサンカン)』『ELLE(エル・ジャポン)』『MEN’S CLUB』の電子版とタブレットを組み合わせたオリジナルセットの販売をスタート。(2013/9/24)

PC DEPOT、「朝日新聞デジタルKindle Fire HDピーシーデポオリジナルセットコース」を限定販売
ピーシーデポコーポレーションが、電子版『朝日新聞デジタル』とKindle Fire HD本体、初期設定や各種機器設定と使い方の説明、使用中のサポートをパックにした「朝日新聞デジタルKindle Fire HDピーシーデポオリジナルセットコース」を300セット限定で販売。(2013/6/17)

PC DEPOT、扶桑社の「ESSE デジタル版」とタブレットを組み合わせたオリジナルセット
ピーシーデポコーポレーションが扶桑社と協業し、「ESSE(エッセ)デジタル版」とタブレットを組み合わせたオリジナルセットの販売をスタート。(2013/5/27)

Amazon、「Kindle Fire HD 8.9」の出荷を開始
アマゾン ジャパンは、8.9型ワイド液晶搭載タブレット端末「Kindle Fire HD 8.9」の出荷を開始した。(2013/3/12)

2万4800円から:
Amazon、8.9型WUXGA液晶の「Kindle Fire HD 8.9」を発売
アマゾンジャパンは、タブレット端末「Kindle Fire HD」シリーズの大画面モデル「Kindle Fire HD 8.9」の予約販売を開始した。(2013/2/27)

Kindle Fire HD 8.9が日本でも発売――予約受付始まる
Amazonのタブレット端末「Kindle Fire」シリーズの最上位機種に当たる「Kindle Fire HD 8.9」の国内販売が発表された。予約受付が始まっており、出荷は3月12日から。(2013/2/27)

Amazon「Kindle Fire HD 8.9」発売 8.9インチWUXGA、2万4800円から
AmazonがKindle Fire HDの大画面モデル「8.9」の予約受付を開始。16Gバイトモデルが2万4800円。(2013/2/27)

Lightroom 4が15%オフなど、アドビが春の割引キャンペーン
アドビがAdobe ElementsシリーズならびにLightroom 4を期間限定で値下げするセールを開始した。直販サイトのほか、ソフマップやAmazonでの販売も対象となる。(2013/2/15)

ただの中古とは違う:
中古ではありません。「NECリフレッシュPC」です──国内メーカーが取り組むとPCリユースはこうなる
開始10周年を迎えたNEC製PCのリユース事業「NECリフレッシュPC」は、普通の中古PCと何が違うか。修理・サポート拠点、NEC群馬事業場で展開する「国内PCメーカーだからこそ」の点は何か。(2013/2/15)

「Kindle Paperwhite」コジマでも販売へ
電子書籍端末「Kindle Paperwhite」「同3G」がコジマやピーシーデポで購入できるようになる。(2013/2/4)

Kindle Paperwhite、コジマや八重洲ブックセンターでも取り扱いへ
八重洲ブックセンター八重洲本店、コジマ及びピーシーデポコーポレーションでKindle Paperwhiteの取り扱いが始まった。(2013/2/4)

速度アップの数量限定版 「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」
無線LAN搭載SDメモリーカード「Eye-Fi」の数量限定モデル「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」が発売される。Class 10へと高速化したほか、ネットワーク転送時のパフォーマンスも向上した。(2012/11/6)

イー・アクセス、家電量販店やISPなど10社のMVNOにLTE網を提供
イー・アクセスは、同社のLTE通信網を利用するMVNO企業10社を公表した。3月15日から順次サービスを提供する。(2012/3/14)

ピーシーデポ、被災者向けの割引PC修理サービスを開始
ピーシーデポは、震災被害を受けたPCの応急処置/修理と特別割引にて実施する。(2011/3/18)

ピーシーデポ、42V型LEDバックライト搭載のフルHD液晶テレビを9万9900円で販売
ピーシーデポコーポレーションは、「OZZIO StyleVisionシリーズ」の液晶テレビ3モデルを販売する。LEDバックライト採用液晶テレビとしては業界最安値という9万9900円から。(2010/6/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。