ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「海賊版」最新記事一覧

模倣品・海賊版の相談件数、16年は過去最高に 経産省
製造国では、中国が過半数を占めた。(2017/6/23)

驚異の読みやすさ:
漫画が無料「フリーブックス」被害100億円
漫画や小説など5万点をネット上で無料で読むことができた海賊版サイト「フリーブックス」が、閉鎖後も出版関係者らに波紋を広げている。(2017/5/17)

漫画違法サイト「フリーブックス」、出版社が連携して法的措置を進行 「移転先教えます」の詐欺行為も続出
小学館も「海賊版サイトはこれを利用すること自体、著作権を侵害する違法行為に当たります」と注意を呼びかけ。(2017/5/9)

海賊版を買い占めた明和電機「魚コードUSB」騒動 → 販売元との海外コラボ企画を検討する斜め上の展開に
海賊版のトラブルを通じて、逆に仲良くなったもよう。(2017/4/28)

「在庫もふくめ、店のすべての『ニセ魚コードUSB』を買った」 明和電機社長の海賊版対策が斜め上すぎた
「魚コード」は「なこーど」と読みます。(2017/3/31)

「海賊版の影響あるのに、これだけ“本物”売れるとは」――“タイ版アニメイト”は「初年度から黒字化」 その理由は
講談社など5社が出資する「ジャパンマンガアライアンス」が、タイ・バンコクに出した店舗などの取り組みを報告。進出前は海賊版が多く流通していたという市場で、“本物”の売り上げが好調な理由は。(2017/2/28)

任天堂が3DSの脆弱性情報提供者に最大230万円の報奨金 海賊版や改造への対策に
海外で実施されたプログラムだが、英文での報告であれば日本からでも参加可能。(2016/12/13)

“偽マリオ”迷惑アプリ1年間で6000件以上確認 ゲームと称し不正広告を侵入させる
海賊版「スーパーマリオ」として動作しつつ、裏で不正広告などを動かす悪質な例も。(2016/12/13)

「アワーズ」最新号など無料配信 「マンガ少年画報社」アプリ公開 海賊版対策も
少年画報社がコミックアプリに参入。「ヤングキングアワーズ」など雑誌の最新号を無料配信するほか、「ドリフターズ」などの一部の話を無料で読める機能を備えた。(2016/9/6)

利用したのは位置情報だった
Appleを出し抜き「App Store」審査を突破、海賊版アプリの手口とは
「Happy Daily English」という海賊版アプリがAppleによるApp Storeのセキュリティ審査をかわした。その手口と、セキュリティチームが取るべき対策について解説する。(2016/7/18)

「フェイクって悲しいよね」 ドイツのアニメファンイベント、海賊版対策に動く 「最もひどい海賊版コンテスト」実施
アニメグッズなどの海賊版が流通するドイツの現状を変えたいと立ち上がったドイツ人にインタビューしてきました。(2016/4/15)

30万本のセールスを達成も海賊版被害は160万件以上 ボクサー育成ゲーム「Punch Club」がデータを発表
ポルトガル語版リリースと同時に、ブラジルでの被害が増えたとのデータも。(2016/3/23)

初代「ディアブロ」の海賊版ユーザーが19年の時を経て開発者へ謝罪し代金を支払う
GDCであったちょっと良い話。(2016/3/21)

「皇国の守護者」コミック版がマンガ図書館Zで突然の無料公開の後、削除 海賊版対策の抜け穴が問題に
現在は「権利者からの依頼により削除」され、見ることができません。(2016/1/13)

海賊版映画のファイル転送をメーカー公式サイトが推奨?
NETGEARがファイル転送の方法を解説したページに、海賊版映画ファイルを例に挙げた形跡が。(2016/1/12)

広告収益などで1カ月10万円達成も! 海賊版にダメージを与えつつ作者の収益へと繋げる「日本の全マンガ蒐集計画」始動
画期的な仕組みだ……!(2015/12/25)

ショッカーの新人研修がネットに流出? 特許庁、アニメで模倣品・海賊版の手口を学べる動画公開
特許庁は「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」をスタート。ショッカーが悪質手口を紹介する動画などを公開した。(2015/12/3)

発売前の「ワンピース」を海賊版サイトに無断アップロード 「電子出版権侵害」で初の逮捕者
集英社は「非常に大きな進展」とコメント。(2015/11/13)

アムタス、海賊版排除と正規ライセンス保護を目的とした「アジア版権保護連盟」設立
中国政府の関連機関も参画し、海賊版の配信など版権侵害行為から版権元や運用企業の利益と権利を守るという。(2015/9/29)

Webコミックアプリ「ヤングマガジン海賊版forスゴ得」提供開始
NTTドコモの「スゴ得コンテンツ」向けに、Webコミックアプリ「ヤングマガジン海賊版forスゴ得」の提供がスタート。(2015/9/16)

アニメイトと大手出版4社、タイにマンガ・アニメの専門店
合弁会社「ジャパン マンガ アライアンス」(JMA)を設立。海賊版対策や海外展開のリサーチ、訪日観光客誘致などを目的に。(2015/9/2)

日本製アプリを「完全コピー」? 中国の独自マーケットに海賊版が続出 「パクられた」の声多数
日本のAndroidアプリが勝手に中国語化され、中国の独自マーケットで出回っているという報告が相次いでいる。アプリの収益源となる広告も差し替えられているようだ。(2015/8/13)

赤松健さんが語る「マンガ図書館Z」の狙い 「あらゆる作家が潤い、海賊版が絶滅する世界を」
赤松健さん率いるJコミ「絶版マンガ図書館」がGYAOとの提携で「マンガ図書館Z」にリニューアル。海賊版撲滅と漫画家の収入源確立を目指し、さらに事業を拡大していきたいと意気込む。(2015/8/3)

「ヤングマガジン海賊版」作品の単行本発売記念で一部が無料公開
6月27日に講談社から単行本が発売される『火葬場のない町に鐘が鳴る時』『摂氏100°Cの微熱』『神様! 仏様! きつね様!』の1話から3話を無料公開。『3×3EYES 幻獣の森の遭難者』は全話無料公開されている。(2015/6/26)

Windows 10、違法コピーユーザーには無料ではないが“魅力的なアップグレード”を計画中
Microsoftのテリー・マイヤーソン副社長は3月に、Windows 10への無料アップデートの対象に海賊版も含めると発言したが、これを改め、「非常に魅力的なアップグレード」の機会を提供すると説明した。(2015/5/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10」無料アップグレードと最低システム要件の注意点
海賊版でもアップグレード可能? Linuxのインストールが難しくなる? 7型デバイスでもPC版を使える? そんなWindows 10のアップグレードと最低システム要件における注意点をまとめた。(2015/4/2)

Microsoft、“海賊版でもWindows 10にアップデート可能”発言に補足説明
海賊版ユーザーでもWindows 10に無料でアップデートできるという発表に関し、アップデート後もそのWindowsは“非正規版”とみなされ、正規版への移行を促されるとMicrosoftが説明した。(2015/3/20)

「Windows 10」への無料アップデート、海賊版からも可能に──Reuters報道
Microsoftが、今夏公開予定のWindows 10へのアップデートを、違法コピー版からも可能にすることを明らかにした。違法コピーから正規版への移行を促進するためとしている。(2015/3/19)

オランダの中古電子書籍ストア「Tom Kabinet」、裁判所の判断を受け電子透かしを導入
デジタル古書の売買は、それが海賊版などでないことが明らかなら、サービスとしては成り立つことになりそうだ。オランダの判決より。(2015/2/24)

半径300メートルのIT:
「Macはウイルスに強い」という幻想
2014年10月、Mac OSを狙うマルウエアが登場。Microsoft Officeの海賊版など偽の業務アプリをダウンロードさせて感染を狙います。オフィス内のMacが珍しくない今日、どのような対策が必要でしょうか?(2015/1/5)

北朝鮮パロディ映画、ネット公開直後に海賊版横行 20時間後には75万本ダウンロード
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)が12月25日に北朝鮮パロディ映画「The Interview」のネット配信を開始して1時間後には同映画の違法コピーが一連のBitTorrentサイトにアップロードされ、20時間後には75万本以上がダウンロードされた。(2014/12/26)

Webコミックサイト「ヤングマガジン海賊版」、『3×3EYES』新作など10作品を順次配信開始
2015年1月に映画公開予定『摂氏100℃の微熱』や「スマホ小説大賞2014」の受賞作『メンヘラ刑事』など人気の10作品を配信する。(2014/12/5)

「NO MORE AV泥棒!」知的財産振興協会がアダルト動画海賊版の監視アルバイトを募集
「これでは新作が作れません、綺麗な女優を出演させられません……」と切実。(2014/12/2)

プロキシサーバの一斉摘発で、海賊版OSを利用した中国籍事業者を逮捕
海賊版のWindows Server 2003が使われていました。(2014/11/20)

Amazonのアプリストアで社名偽装・海賊版ゲーム販売問題、Amazonが「対応措置」
Amazonのアプリストアで、自社ゲームの海賊版が何者かによって自社名で販売されているとゲームメーカーが注意を呼び掛けていた問題で、アマゾンジャパンは「対応措置の手続きに入っている」ことを明らかに。(2014/8/27)

海賊版を24時間監視、検出・削除するクラウド型サービス「パイレシーテイクダウン」
動画、音楽、マンガ・雑誌やアプリなどの違法アップロードを24時間検出・削除する。利用料金は月額7000円から。(2014/8/6)

日本のマンガ・アニメの海賊版対策が本格化 正規版リンク集「Manga-Anime here」設立 集中的な削除申請もスタート
業界横断的に実施する大規模な海賊版対策が始まります。(2014/7/30)

漫画・アニメ海賊版「大規模削除」始動 正規版サイト「Manga-Anime Here」オープン
「海賊版からは新しい才能は生まれてきません」――日本の出版社、アニメ関連企業などが協力し、漫画・アニメ海賊版の大規模削除などを行うプロジェクト「MAG PROJECT」がスタートする。(2014/7/30)

海賊版は許さない――日本のアニメ・マンガを守るMAG PROJECTが始動
8月1日からアニメ・マンガの海賊版削除を実行するほか、正規版リンク集サイト「Manga-Anime-here」の公開、啓発動画の配信も実施している。(2014/7/30)

冲方丁さん、自作の2次創作“全面解禁”を提案 「グレーゾーン」ではないあり方の模索
小説家・冲方丁さんが自身の作品の2次創作を“全面解禁”すると表明。ファン活動と海賊版の区切りを明確にすることで違法な利用を抑え、作品の宣伝や人材育成にもつながればという。(2014/7/17)

「電子書籍版YouTube目指す」と赤松健さん 「絶版マンガ図書館」は“漫画史に残る偉業”となるか
「Jコミ」が「絶版マンガ図書館」にリニューアル。「われわれ作者は何とかこの海賊版を撃滅したい」と赤松健さんは語ります。(2014/7/10)

「Jコミ」が「絶版マンガ図書館」へ名称変更、作家支援と海賊版撃滅を強化
名称変更に際して記者会見を開催。これからの取り組みが発表された。(2014/7/10)

「漫画版YouTubeを」――読者が漫画ファイルをアップ、作者の許可得て無料公開 Jコミ「絶版マンガ図書館」で海賊版を撃滅へ
「Jコミ」が「絶版マンガ図書館」に改名。ユーザーが持っている絶版漫画の電子書籍ファイルを、作者の許諾を得て無料配信する新サービスを始め、ラインアップの拡充と海賊版の撲滅につなげる。漫画のセリフ検索機能も導入し、利便性・収益性を強化する。[update](2014/7/10)

赤松健さん「Jコミ」を「絶版マンガ図書館」に大幅バージョンアップ宣言 「古今東西全てのマンガ収集」「絶版マンガ海賊版を撃滅」
詳細は7月10日に発表。これは楽しみだ!(2014/7/7)

「楽天市場」海賊版対策強化 楽天が調査購入、権利者が鑑定
楽天とCODAが海賊版対策で連携。楽天市場で海賊版の販売が疑われる場合、楽天が調査購入し、権利者が権利侵害の有無を鑑定する。(2014/7/3)

電子書籍に出版権認める改正著作権法が成立
「出版権」の対象を電子書籍にも広げる著作権法の改正案が可決された。出版社やネット事業者自らが著作者の代わりに海賊版対策などに取り組めるようになる。(2014/4/28)

海賊版Windows Serverで仮想サーバ1750台 サーバ運営会社経営者を逮捕
海賊版Windows Serverで仮想サーバ1750台を運営していたというサーバ運営会社の経営者が逮捕された。(2014/4/23)

マレーシアで「ウルトラマン」マンガ発行禁止に 円谷プロ「正規に許諾した出版物ではない」
マレーシアで発禁になったとして話題になったウルトラマンのマンガは、海賊版だった。(2014/3/10)

海賊版アプリの監視と公開停止作業を支援、EMCジャパンが新サービス
フィッシングサイト監視などを手掛けるEMCは、新たに企業名や商品名など悪用する偽のモバイルアプリの監視と公開取り消しの対応を支援するサービスを始める。(2014/2/18)

「ピザーラ」や「マツキヨ」の海賊版iPhoneアプリに注意 非公認アプリがApp Storeに
「ピザーラ」や「マツモトキヨシ」などの非公認アプリがApp Storeで配信されており、それぞれの運営元が注意を呼びかけている。(2014/1/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。