ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「佐川急便」最新記事一覧

「荷物、旅客電車で運びます」――有楽町線と東武東上線で実証実験
従来のトラック輸送から、旅客鉄道を活用した貨物輸送への転換を想定する実証実験。大手運送会社と鉄道各社が共同実施する。(2016/8/29)

「売れる商品」の原動力:
「ブランドビジョン」を構成する“7つの要素”とは
ブランディングがうまくいかない企業は、パーソナリティーが曖昧です。人気のあるブランドやお店というのは、技術や商品の確かさだけでなく、世の中から見た“ビジョン”がハッキリしています。(2016/8/22)

犬のイラスト入りハンコ「いぬずかん」 犬好きさんのリクエストに応えて全92種類に!
101匹になる日も近いワン。(2016/8/2)

ハムスターやハリネズミなど、ちっちゃかわいい動物のイラスト入りハンコ「小動物ずかん」が誕生!
プレーリードッグやフェレットも仲間入り。(2016/7/21)

インコやペンギンなどのイラスト入りハンコ「とりずかん」 鳥クラスタの熱い声に応えて登場!
ピヨピヨのヒヨコちゃんから猛禽類まで17種類。(2016/6/14)

イヌのハンコ「いぬずかん」に秋田犬やお尻を向けたコーギーが参入、全60種類に!
仲間が増えたワン。(2016/5/21)

増える再配達、減らす糸口は――ヤマト運輸が新会社、「オープン型宅配ロッカー」普及目指す
ヤマト運輸と仏企業が合弁会社「Packcity Japan」を設立。複数の宅配業者からの荷物を受け取れる「オープン型宅配ロッカー」を順次設置し、再配達の削減につなげる。(2016/5/11)

うさぎのイラスト入りハンコ「うさぎずかん」登場! かわいいしぐさや品種別のイラストが16種類!
ハンコ押すぴょん。(2016/5/2)

熊本県への宅配便配達再開 ヤマト、佐川、ゆうパック
ヤマト、佐川、ゆうパックが、熊本県全域での宅配便の配達・集荷を再開した。(2016/4/20)

ヤマト運輸のなりすまし 熊本地震の支援物資を呼びかける
現在も熊本県では集荷と配達ができない状況。(2016/4/18)

再配達依頼も荷物追跡もスマホで簡単「ウケトル」 Amazon、楽天と連携
Amazon.co.jpや楽天市場で購入した通販商品の追跡と再配達依頼をスマホ上でできるiOSアプリ「ウケトル」がリリースされた。(2016/4/6)

Pivotal Labs東京を戦略的な活動に:
Pivotalジャパン、「2016年は日本のデジタルトランスフォーメーション元年」
Pivotalジャパンは2016年3月24日、2016年の同社における事業戦略を説明、このなかで「今年は日本のデジタルトランスフォーメーション元年」とし、同社が2015年12月に本格始動したPivotal Labs東京の活動を戦略的に活用して、一般企業のデジタルビジネスへの取り組み支援を進めていくと説明した。(2016/3/28)

待ってたワン! ワンコのイラスト入りのハンコ「いぬずかん」 犬好きさんの声に応えて登場
オンリーワンのハンコだワン。(2016/3/2)

スピン経済の歩き方:
テレビや新聞には、なぜ「文春砲」のようなスクープがないのか
年明けから「文春砲」の勢いが止まらない。ベッキーとゲス川谷氏の「不倫」報道を皮切りに、甘利明大臣の「口利き疑惑」、宮崎謙介議員の「不倫」などが続いているが、筆者の窪田氏はある弊害を懸念している。それは……。(2016/2/16)

かわいいにゃ! ネコのイラスト入りの印鑑「ねこずかん」登場 銀行印や宅配便の受け取りにも!
どのコにしよう。(2016/1/6)

「コンバージョン率改善」×「在庫の見せ方」=「衝動買い」(1):
売れるECシステム開発、失敗しない3つの要件
ネットショップ(ECサイト)を運営および改善提案されている方に向けて「コンバージョン率改善」と「在庫の見せ方」によって「衝動買い」に導く方法を解説する連載。初回は、この連載の概要や今後の内容を説明し、システム構築において「サービス担当」と「システム担当」の相互理解がシステムの良しあしを決めることについて解説します。(2015/11/25)

ローソン店舗で佐川の荷物受け取り、第1弾はJINS
佐川急便の「コンビニ受取サービス」が27日にスタート。第1弾として、眼鏡ブランド「JINS」のオンラインショップの商品に対応する。(2015/7/23)

ご一緒に“おでん”いかがですか 2:
やっぱりコンビニのデリバリーは難しい、これだけの理由
ローソンと佐川急便が組んで配達と同時にコンビニの買い物もできるサービス「SGローソン」を立ち上げた。少子高齢化による買い物難民や過疎化が現実のものとなった今、昔ながらの“御用聞きスタイル”は定着するか。(2015/7/2)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
コンビニ元オーナーが犯罪――便利に潜む個人情報の危険性
便利なサービスには個人情報が必要なことも多く、利用に細心の注意をしても被害の可能性は避けられない。いったいどうしたらその危険性を減らすことだができるのだろうか。(2015/6/26)

佐川急便、スマホにタッチペンの「電子サイン」で荷物受け取り可能に
佐川急便は、宅配便の受け取りの際、伝票への押印やサインの代わりに、配達員のスマホに専用タッチペンでサインしてもらう「電子サイン」を開始した。(2015/5/8)

佐川急便、宅配便の受け取りサインはスマホでOK
佐川急便が、スマホを利用した「電子サイン」を一部エリアで開始した。荷物の受け取りにはドライバーが持つスマホ画面にサインするだけでいい。(2015/5/8)

進化する物流ビジネス最前線:
宅配は大手だけではない! 自転車を駆使して稼ぐエコ配
ヤマト運輸や佐川急便など大手宅配企業の隙間を突いたビジネスモデルで業績を伸ばしているベンチャーがある。自転車を使った宅配サービスを提供するエコ配だ。(2015/4/17)

水曜インタビュー劇場(物流公演):
配達の“遅れ”が少なくなる? 佐川急便の数年後
佐川急便は2014年の春から、ビッグデータを本格的に稼働させている。特に「品質」と「実績」に注目しているというが、どういう意味なのか。IT部門を担当している部長に話を聞いたところ……数年後の姿が見えてきた!?(2015/4/15)

ローソン、営業益3.5%増 今期は「基礎固めの1年」に
ローソンの前期は営業益3.5%増。今期は「基礎固めの1年」として「コンビニの基本」を強化する。(2015/4/9)

半径500メートルの商売:
「クルマ+人力」は効率的なのか? ローソン+佐川急便の物流システム
コンビニ大手のローソンが、佐川急便を傘下に持つSGホールディングスと合弁会社を設立し、宅配事業に乗り出す。ローソンの店舗でサービスを展開し、半径500メートルの消費者を囲い込む。(2015/4/8)

ローソンが佐川と提携し業界初のコンビニ商品の宅配サービスを開始へ 配達時に御用聞きも
家から出なくてもなんでも手に入る……。(2015/4/7)

ローソン店頭で佐川の荷物を受け取り可能に 新会社「SGローソン」設立、“御用聞き”も
ローソンと佐川が提携。ECサイトなどで購入した商品を、ローソン店舗で24時間受け取れるようにするほか、新会社を通じ、ローソン店舗を基点とした配送・御用聞きサービスなどを展開する。(2015/4/7)

特集・進化する物流ビジネス最前線:
もうすぐ40年! 宅急便のこれまでとこれから
日本全国、翌日に荷物を送れる。通販で食品を買えば冷凍・冷蔵便で希望の日時に到着する……日本人にとっていまや当たり前になったサービス・宅急便はどのように進化してきたのか? 宅配業界1位のヤマト運輸に取材した。(2015/4/2)

新特集・進化する物流ビジネス最前線:
人手不足が深刻な宅配企業、次の一手は?
ネット通販の普及によって宅配便の取り扱い個数が急増。併せて顧客サービスの拡充にも取り組んできた宅配企業は今、現場が限界を迎えつつある……。(2015/4/1)

電気自動車:
電気トラックで宅配便、都心に5台を導入
佐川急便は、2015年3月13日、大型複合施設が集積する東京都心部に向け、宅配便を中心としたグリーン物流を構築する目的で電気トラックを導入し、集配業務を開始したと発表した。(2015/3/18)

スマホを使ってその場ですぐに食品のカロリーを知る方法
「この食品のカロリーってどれくらいだろう?」と思ったとき、どうしますか? じつはGoogle検索の機能に、カロリーを知る方法が用意されています。(2015/3/16)

使用済みPC・家電の宅配便回収サービス、佐川急便とリネットジャパンが全国で
使用済みPCや小型家電など400品目を対象に宅配便で回収するサービスをリネットジャパンと佐川急便が全国に拡大する。(2015/2/27)

マネーの達人:
クロネコメール便に代わるサービスは?
ヤマト運輸のクロネコメール便が、2015年3月末をもって廃止となります。今回はクロネコメール便の代わりになりそうなサービスを調べてみました。(2015/1/28)

身体を張って検証しました:
5日連続毎朝カレー! ニチレイ「気くばり御膳」でやせる?
毎週続けていた宅配食も今週で最後。冷凍食品大手のニチレイによる豪華宅配食にワクワク。が、そこには大きな落とし穴。まさかの5日間すべて同じカレーという緊急事態に……。(2014/12/2)

「もうIT部門だけの課題でないと知るべき」PwCが提言:
日本企業のセキュリティ意識は「水準以下」──経営層が、IT部門が、今すぐすべきこと
日本企業は「役員クラスの情報セキュリティリーダーを置くべきだ」。サイバーセキュリティに関する世界規模のオンライン調査で、日本企業、特に経営層のセキュリティ意識が水準以下であることが分かった。経営層とIT部門は今後、何を考えるべきか、PwCが提言した。(2014/11/5)

組織のセキュリティレベルを無料診断、トレンドマイクロがWeb診断ツール
トレンドマイクロが、企業・組織のセキュリティ対策状況をWeb上で診断できる無料ツールを公開。IT担当者が現在のセキュリティ対策実施状況に関する設問に回答すると診断結果が得られる。(2014/10/29)

ITpro EXPO 2014 レポート:
なるほどこんな方法も──“声”を消す、「人間のセキュリティ脆弱性」対策
セキュリティ対策で穴になる「人間の脆弱性」。作業ミスに由来する脅威は深刻だが、会議室での会話を盗み聞きされ──こんな穴もありえる。ヤマハが独自の音響技術を取り入れたスピーカー型「盗み聞き」対策機器に、“なるほど。そういえばこんな方法もあった”と注目を集めていた。(2014/10/16)

松岡功の時事日想:
「次」の情報セキュリティ──私たちは、何を考えるべきか
昨今多発している「情報漏えい事件」、これは人ごとではない。モバイル機器の普及と次なるIoT化──。では、私たちは「次の情報セキュリティ」で何を考えればいいのか。情報セキュリティの最新トレンドと将来展望を、セキュリティ大手米マカフィー幹部の話をもとに考察する。(2014/10/8)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
増える“ガテン系女子”、頼られる女性のチカラ
東京オリンピック開催にともない、今後、日本の建設業界は間違いなく賑わうだろう。そして、その労働力として期待されているのがこの業界で働く女性――、言うなれば“ガテン系女子”であることは、まださほど知られていない。(2014/10/7)

佐川急便でも不正ログイン、運輸・物流業界でパスワードリスト攻撃相次ぐ
個人と法人を合わせて3万4161件の不正ログインがあり、会員情報などを盗み見された恐れがある。(2014/9/30)

佐川急便、商品が届いてから払えるサービス「SAGAWA後払い」提供
佐川フィナンシャルが商品代金を立て替え、購入者は商品が届いてからコンビニなどで支払いできる。(2014/9/17)

Biz.Hacks:
シュレッダー不要! 機密書類の郵送処分サービスを試した
機密書類を送付すると、薬品による溶解処分をしてくれるサービスがある。社内でシュレッダー処理するより手間はかからないが、コストやセキュリティ面はどうなのか? 機密書類処分サービスの内容や選び方を紹介する。(2014/8/11)

佐川男子のエクササイズDVD「ダンスwith佐川男子」発売 レッツ男子ンッ!
なんだこの世界。(2014/6/18)

わかること!:
かさばる冬服、収納場所に困ったら――オンラインクロークサービス12選
季節外れの肌寒い日が続いていたが、そろそろ衣替えの季節。かさばる冬服を洗った上で使う時季まで保管してくれる、こんなサービスはいかがですか。(2014/4/25)

週間記事ランキング
それでもオフィスがタブレット一色にならない事情
社内のクライアントPCを安易にタブレットなどに置き換えない方がいい10の理由を解説。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/1/24)

Hadoopを使って「大容量」「高速」を実現
佐川急便の荷物は年間13億件 そのビッグデータ処理技術とは
佐川急便を中核とするSGHグループでは、1日350万、1年13億件もの荷物に関わる膨大な運輸データを扱っている。このビッグデータを、どのように収集・管理し、活用しているのか。講演内容を中心に紹介する。(2014/1/17)

会いに行ける王子様 イケメン書店員の写真集「書店男子」9月発売
佐川男子の次は書店男子?(2013/8/26)

佐川急便がAdWords販売に参入
佐川急便はクライアント向けに検索連動型広告「Google AdWords」のトライアル販売を開始した。「PR支援によって業績向上に貢献し、自社サービスの利用向上につながれば」としている。(2013/6/10)

杉山淳一の時事日想:
トラックドライバーが不足しているのに、鉄道貨物が盛り上がらない理由
鉄道は貨物を大量に効率よく輸送できる。同じ量をトラックで運ぶより、人手も少なく、環境に優しく、エネルギー効率も良い。しかし、鉄道貨物の輸送転換はなかなか進まない。その理由は……。(2013/5/17)

「佐川男子」がフィギュア化 「萌えフレーズ」のプレート付き
おうちに来てくれる身近な王子様が“シチュ萌え”フィギュアになる。(2013/5/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。