ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「佐川急便」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「佐川急便」に関する情報が集まったページです。

佐川、手荷物配送で“手ぶら観光”サポート 京都・大阪でも
佐川急便とエムケイ、JALエービーシーは、関西国際空港と京都市内間で、手荷物を即日配送するサービスを始めた。エムケイのタクシーの空きスペースを利用する。(2018/6/4)

佐川急便を装った迷惑メールに注意 URLに「sagawa」を含む不審なリンク先
本物ソックリの偽サイトに飛ぶようです。(2018/6/3)

イラスト入りハンコ「ねこずかん」シリーズに旅する黒猫・もみじちゃんが仲間入り
名所や名物を紹介するニャ。(2018/4/27)

たたんで収納・広げて受取り サイズが変化する宅配便受取り用バッグが登場
スマホに配達完了通知が届きます。(2018/4/18)

ヤマト、量から収益性へモデル転換 IT積極投資、ドライバー待遇改善で次なる成長へ
3年ぶりとなる取扱荷物量の減少は、収益モデルの転換を進めるヤマト運輸が跳躍を見据え、いったん身をかがめた結果といえる。(2018/4/6)

「引っ越し難民」急増、高額な「お断り金額」提示も……その実態に「じくじたる思い」抱え、無料支援する会社登場
3月中旬から4月上旬は引っ越しの最盛期に当たるが、今年は引っ越しをしたくても事業者が見つからない「引っ越し難民」が大量発生しているという。そんな中、一定の条件を満たせば期間限定で引っ越しを無料支援する太っ腹な事業者も出てきた。(2018/3/29)

「ゆうパック」再配達には依頼が必須に
日本郵便は3月1日から、「ゆうパック」配達時に受取人が不在だった場合、再配達の日時指定を受けるまで再配達を行わず、郵便局に荷物を保管する運用を始めた。(2018/3/15)

楽天、2年以内に独自配送網 三木谷社長「ヤマトや佐川より安く」
三木谷氏は物流業界が増大する荷物によって“パンク”状態だと指摘。(2018/1/31)

ヤマト、佐川など配送遅延 雪の影響で
関東地方での降雪の影響で、ヤマト運輸や佐川急便の配送に遅延が生じている。(2018/1/23)

サービスの革新性などもトップ:
利用したい宅配便、1位はヤマト 顧客対応など高評価
消費者が「最も利用したい」と考える宅配事業者は?――マイボイスコム調べ。(2017/12/20)

ゆうパックが各地で遅延中? Twitterで報告相次ぐ 日本郵便の見解は
Twitterで「ゆうパックが遅延している」「現場がパンクしている」という報告が話題に。日本郵便の見解は。(2017/12/19)

時価総額6000億円:
佐川急便の親会社が上場 初値は1900円
12月13日の株式市場で、SGホールディングスが東証1部に新規上場。1900円の初値を付けた。午前の取引を終えた時点での時価総額は5988億円。(2017/12/13)

佐川、12月の集荷は「前日予約制」
佐川急便は、電話やネットで受け付ける集荷依頼を、12月1〜29日の繁忙期間だけ前日までの予約制にする。(2017/11/13)

大学や単身者アパートにも「宅配ボックス」 京都市が実証実験
京都市がパナソニックや京都産業大学と連携し、再配達削減を目指す「京(みやこ)の再配達を減らそう!プロジェクト」を開始。大学構内や単身者向けアパートに宅配ボックスを設置し、利用状況を調査する。(2017/11/8)

佐川急便かたるウイルスメール 警視庁など注意喚起
「[佐川急便] 請求内容確定のご案内」という件名の不審なメールが出回っていると、警視庁と佐川急便が注意喚起。(2017/11/7)

スピン経済の歩き方:
女性記者の過労死問題で、なぜNHKはウソをついたのか
NHKの女性記者が「過労死」していたことが分かった。2013年7月にこの女性は亡くなったわけだが、なぜNHKはこの大きな問題を伏せていたのか。(2017/10/17)

「お支払いが確認できませんでした」 アドビをかたるフィッシングメールに注意
ご注意ください。(2017/10/3)

2018年3月から:
日本郵便、「ゆうパック」平均12%の値上げ発表
日本郵便が、宅配便「ゆうパック」の基本運賃を2018年3月1日から改定すると発表。値上げ幅は平均12%程度。(2017/9/5)

「ゆうパック」値上げ、来年3月から 運賃110〜230円プラス
日本郵便が2018年3月から「ゆうパック」の個人向け運賃を値上げ。(2017/9/5)

野菜宅配「らでぃっしゅぼーや」、配送無料枠を拡大 「時代に逆行」で生き残りへ
らでぃっしゅぼーやが、配送無料の対象範囲を拡大。カタログ注文の場合、条件を「購入額が8000円以上」から「5000円以上」に引き下げる。(2017/8/25)

従業員の待遇改善:
日本郵便、個人向け「ゆうパック」約1割の値上げか
日本郵便が「ゆうパック」の個人向け料金を値上げすると、一部報道機関が報じた。(2017/8/25)

ZOZOTOWN、商品を“街のロッカー”で受け取り可能に ヤマト運輸と連携
ZOZOTOWNの商品受け取り場所に、宅配ロッカー「PUDOステーション」を指定可能に。駅などの宅配ロッカーで、荷物を受け取れるようにし、再配達削減につなげる。(2017/8/23)

スピン経済の歩き方:
「最近の政治家は“質”が落ちている」というのは大ウソだ
政治家の不祥事が続いている。パワハラ議員がいたり、サッカーファンをののしる議員がいたり。このほかにもダメ政治家が世間をにぎわせているが、最近の政治家は本当に質が落ちているのか。いや、そうではなくて……。(2017/8/1)

佐川急便、11月21日より運賃価格等改定 飛脚宅配便はサイズに応じ60〜230円の値上げ
ヤマトに続いて佐川でも。(2017/7/27)

佐川急便、運賃値上げ 11月から
佐川急便が「飛脚宅配便」「飛脚ラージサイズ宅配便」などの運賃を11月21日から値上げ。(2017/7/26)

Amazon“デリバリープロバイダ”問題、ヤマト撤退で現場は破綻寸前 「遅延が出て当たり前」「8時に出勤して終業は28時」
実際に現場の声を取材しました。(2017/7/16)

スピン経済の歩き方:
次に、炎上するブラック企業は「マスコミ」だ
「ブラック企業」問題がさまざまな業界で起きているが、いよいよ政治の世界にも広がってきた。豊田議員が秘書に対し、「このハゲー!」と暴言を吐いたことで大きな問題になったわけだが、次のブラック企業はどこか。筆者の窪田氏は「マスコミ」と予想する。その理由は……。(2017/7/4)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
またか。なぜアントニオ猪木にトラブルが多いのか
“燃える闘魂”でマット界や政界を突き進んできたアントニオ猪木氏の周辺で、お家騒動が勃発した。過去にも会社を経営破たんさせたり、巨額の借金を抱えたり、彼はなぜ何度もトラブルを起こすのか。関係者の話によると……。(2017/6/30)

東京・山梨の事業所で:
佐川急便、週休3日制導入 ドライバーの「働き方」変える
佐川急便が、東京都と山梨県の事業所に週休3日制を試験導入したことを明らかにした。(2017/6/6)

佐川急便が週休3日制を東京都と山梨県で試験導入 給与は週休2日制と同程度
休日は副業も認められる。(2017/6/6)

佐川急便、ドライバーに「週休3日制・副業OK」 試験的に導入
佐川急便がセールスドライバーの正社員採用で、週休3日制を試験的に導入。週休2日制より1日当たりの勤務時間は延びるが、給与などの待遇は同等だ。(2017/6/6)

荷物のサイズや汚れ、AIが自動判別 NTTが佐川急便などに技術提供
スマホで撮影した荷物の画像をAIが分析し、形やサイズ、汚れなどを自動判別。(2017/5/31)

トラやライオン、サーバルちゃん 銀行印にも使えるネコ科フレンズのハンコが登場!
ハンコを押すのが得意なフレンズなんだね。(2017/5/25)

ヤマトに続き:
佐川急便、法人向け運賃値上げを検討
佐川急便が、大口顧客向けの宅配便運賃を引き上げると一部報道機関が報じた。(2017/5/2)

白ぶた・黒ぶた・子ぶたちゃん 銀行印にも登録可能なハンコ「ぶたずかん」が誕生だブゥ
ぶた好きさんに使ってほしい。(2017/4/28)

ライオンズマンション、宅配ボックスを新開発 「ライオンズマイボックス」で再配達削減へ
新型ボックスは、17年3月に竣工する新築物件に採用。大京グループが管理するマンション約53万戸でも、管理組合に導入するように促す。(2017/4/10)

従業員の負担増で:
ヤマト運輸、Amazonの当日配送撤退か
宅配最大手のヤマト運輸が、アマゾンジャパン(Amazon.co.jp)の「当日配送サービス」の受託から撤退する方針だと一部報道機関が報じた。夜に配達しなければならない荷物が増えており、従業員の負担が増しているという。(2017/4/7)

コロコロしたパンダがかわいい! オーダーメイドのハンコ「パンダずかん」は銀行印にも登録可能
親に甘える仔パンダのイラストも。(2017/3/21)

スピン経済の歩き方:
日本社会の「効率化」が結局、「人のがんばり」に落ち着く理由
「欧米に比べて、日本企業の生産性は低い」といった話をよく聞くようになった。効率化を図っている企業は多いのに、なぜ生産性は上がらないのか。その背景に、結局のところ「人のがんばり」に頼っている部分があるからではないだろうか。(2017/3/14)

イルカやラッコが名前の横でごあいさつ 銀行印にも使えるハンコ「うみのいきものずかん」が誕生
水族館の人気者ばかりです。(2017/3/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
通販事業者は“物流危機”にどう対応する?
宅配便最大手のヤマト運輸が、荷物の取扱量抑制の検討を開始した。アマゾンを中心にネット通販の荷物が急増したことで、現場が悲鳴を上げている。一方、AI(人工知能)を使った配送の最適化やシェアリング・エコノミーによる業務の一般開放など、イノベーションの波も押し寄せており、数年後には配送をめぐる環境が激変している可能性が高い。(2017/3/7)

再配達の負担を減らすため「宅配ボックス」を自作した人が登場 でもマンション廊下への設置は法律上問題アリ? 関係省庁に聞いてみた
気軽に設置できれば便利なんですが……。(2017/3/3)

宅急便も銀行も名前の横に「は虫類」! カメやトカゲなど「は虫類」イラストのハンコが登場
ドヤ顔の子がかわいいです。(2017/2/17)

さかなのハンコ「さかなずかん」登場 熱帯魚から淡水魚まで20種類のお魚が勢ぞろい!
お魚好きに使って欲しい。(2017/2/9)

三国志の武将たちがハンコに! 銀行印にも使える「三国志図鑑」は曹操・劉備・関羽など19人の顔ぶれ
三国志クラスタ必見です。(2017/2/6)

スピン経済の歩き方:
伊豆大島が「ゴジラ」に頼る、残念な思考
伊豆大島で「ゴジラ像」の設置計画が進んでいたが、住民の反対によって白紙撤回に。「ハコモノ」をつくりたがる自治体と、有効な税金の使い方を求める住民の対立はよくある話じゃないかと思われたかもしれないが、この騒動の本質はそこではない。何かというと……。(2017/1/1)

しば犬だけで20種類! しば犬のイラスト入りハンコ「しばずかん」が誕生!
表情豊かなワンコがいっぱい。(2016/12/27)

「動画に写っていたのは弊社の社員でした」 配達物たたきつけ動画騒動で佐川急便が陳謝
荷物を投げたのは「身勝手な理由から」で、深く反省しているといいます。(2016/12/26)

佐川急便のドライバー(?)が荷物をたたきつけ、台車をぶん投げる動画が波紋 佐川は「事実を確認中」
ていねいな配送をお願いしたいですね……。(2016/12/26)

「ブラック企業大賞2016」発表 大賞は電通 Web投票賞は日本郵便
業界賞はプリントパックとディスグランデ介護でした。(2016/12/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。