ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「佐川急便」最新記事一覧

関連キーワード

スピン経済の歩き方:
伊豆大島が「ゴジラ」に頼る、残念な思考
伊豆大島で「ゴジラ像」の設置計画が進んでいたが、住民の反対によって白紙撤回に。「ハコモノ」をつくりたがる自治体と、有効な税金の使い方を求める住民の対立はよくある話じゃないかと思われたかもしれないが、この騒動の本質はそこではない。何かというと……。(2017/1/1)

しば犬だけで20種類! しば犬のイラスト入りハンコ「しばずかん」が誕生!
表情豊かなワンコがいっぱい。(2016/12/27)

「動画に写っていたのは弊社の社員でした」 配達物たたきつけ動画騒動で佐川急便が陳謝
荷物を投げたのは「身勝手な理由から」で、深く反省しているといいます。(2016/12/26)

佐川急便のドライバー(?)が荷物をたたきつけ、台車をぶん投げる動画が波紋 佐川は「事実を確認中」
ていねいな配送をお願いしたいですね……。(2016/12/26)

「ブラック企業大賞2016」発表 大賞は電通 Web投票賞は日本郵便
業界賞はプリントパックとディスグランデ介護でした。(2016/12/23)

佐川急便、「ドライバーが伝票書き換え料金を多く取った」とするTwitter上の指摘認める
利用者には返金と謝罪を行ったとのこと。(2016/12/19)

カエルのハンコ「かえるずかん」 アマガエルからヤドクガエルまで多彩なカエルが大集合!
ケロケロ。(2016/12/17)

ぴょこんと曲がったしっぽがかわいい! 幸せを呼ぶ「かぎしっぽ猫」のハンコが登場!
幸せをお届けしたいニャ。(2016/12/8)

くまモンのハンコができたモン! かわいくて寄付もできちゃう「くまずかん くまモンバージョン」が登場!
いろんなポーズのくまモンがいます。(2016/12/5)

「ブラック企業大賞」に電通、佐川急便など10社ノミネート
「ブラック企業大賞2016」のノミネート企業10社が発表された。(2016/12/2)

長時間労働、ハラスメント問題企業が並ぶ:
「ブラック企業大賞」ノミネート10社発表 電通など
“今年1番のブラック企業”を決める「ブラック企業大賞2016」のノミネート企業10社が発表。新入社員の過労死が発生した電通や、パワハラ問題が明らかになった日本郵便などがノミネートした。(2016/12/1)

「ブラック企業大賞2016」ノミネートが発表 電通、佐川、日本郵便、仁和寺など10社
2016年、大賞は一体どこの企業の手に……!?(2016/12/1)

「佐川男子」が恐れる「ゲシャキン」とは “駐車違反身代わり出頭”のウラにある業界事情
「“下車勤”(ゲシャキン)はまずい……」。佐川の運転手が勤務中の駐車違反を隠すため、知人の男性を出頭させた事件。背景には、いったい何があったのだろうか。(2016/11/29)

仏像が描かれたハンコ「仏像図鑑」が登場! 風神・雷神や弥勒菩薩がいつもあなたのそばにいる
守ってくれそう。(2016/11/20)

屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終
「あいつらにはかなわない」――百戦錬磨の暴力団員が白旗を揚げた相手は、佐川急便が誇る屈強な「佐川男子」だった。(2016/11/15)

名前呼ばれてますよ? 漫画の「ふきだし」や「効果」をモチーフにしたセリフっぽくなるハンコが登場
ちゃんと使えます。(2016/11/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「なにわ筋線」の開通で特急「ラピート」と「はるか」が統合される?
JR大阪駅周辺の新線計画が進ちょくしている。大阪駅の北側に北梅田駅(仮称)を作り、新大阪駅発着の特急を停車させる。さらにJR難波と南海難波新駅を結ぶ「なにわ筋線」構想が絡む。おおさか東線の新大阪駅延伸も組み合わせると、新たな環状ルートができる。(2016/11/11)

十二支のイラスト入りハンコ「えとずかん」が誕生! ネズミからウリ坊までキュートな動物たちが勢ぞろい!
※ねこはいません。(2016/11/2)

ヒグマや白くま、テディベアまで大集合! クマのイラスト入りの印鑑「くまずかん」が誕生
レッサーパンダはクマですか?(2016/10/6)

「荷物、旅客電車で運びます」――有楽町線と東武東上線で実証実験
従来のトラック輸送から、旅客鉄道を活用した貨物輸送への転換を想定する実証実験。大手運送会社と鉄道各社が共同実施する。(2016/8/29)

「売れる商品」の原動力:
「ブランドビジョン」を構成する“7つの要素”とは
ブランディングがうまくいかない企業は、パーソナリティーが曖昧です。人気のあるブランドやお店というのは、技術や商品の確かさだけでなく、世の中から見た“ビジョン”がハッキリしています。(2016/8/22)

犬のイラスト入りハンコ「いぬずかん」 犬好きさんのリクエストに応えて全92種類に!
101匹になる日も近いワン。(2016/8/2)

ハムスターやハリネズミなど、ちっちゃかわいい動物のイラスト入りハンコ「小動物ずかん」が誕生!
プレーリードッグやフェレットも仲間入り。(2016/7/21)

インコやペンギンなどのイラスト入りハンコ「とりずかん」 鳥クラスタの熱い声に応えて登場!
ピヨピヨのヒヨコちゃんから猛禽類まで17種類。(2016/6/14)

イヌのハンコ「いぬずかん」に秋田犬やお尻を向けたコーギーが参入、全60種類に!
仲間が増えたワン。(2016/5/21)

増える再配達、減らす糸口は――ヤマト運輸が新会社、「オープン型宅配ロッカー」普及目指す
ヤマト運輸と仏企業が合弁会社「Packcity Japan」を設立。複数の宅配業者からの荷物を受け取れる「オープン型宅配ロッカー」を順次設置し、再配達の削減につなげる。(2016/5/11)

うさぎのイラスト入りハンコ「うさぎずかん」登場! かわいいしぐさや品種別のイラストが16種類!
ハンコ押すぴょん。(2016/5/2)

熊本県への宅配便配達再開 ヤマト、佐川、ゆうパック
ヤマト、佐川、ゆうパックが、熊本県全域での宅配便の配達・集荷を再開した。(2016/4/20)

ヤマト運輸のなりすまし 熊本地震の支援物資を呼びかける
現在も熊本県では集荷と配達ができない状況。(2016/4/18)

再配達依頼も荷物追跡もスマホで簡単「ウケトル」 Amazon、楽天と連携
Amazon.co.jpや楽天市場で購入した通販商品の追跡と再配達依頼をスマホ上でできるiOSアプリ「ウケトル」がリリースされた。(2016/4/6)

Pivotal Labs東京を戦略的な活動に:
Pivotalジャパン、「2016年は日本のデジタルトランスフォーメーション元年」
Pivotalジャパンは2016年3月24日、2016年の同社における事業戦略を説明、このなかで「今年は日本のデジタルトランスフォーメーション元年」とし、同社が2015年12月に本格始動したPivotal Labs東京の活動を戦略的に活用して、一般企業のデジタルビジネスへの取り組み支援を進めていくと説明した。(2016/3/28)

待ってたワン! ワンコのイラスト入りのハンコ「いぬずかん」 犬好きさんの声に応えて登場
オンリーワンのハンコだワン。(2016/3/2)

スピン経済の歩き方:
テレビや新聞には、なぜ「文春砲」のようなスクープがないのか
年明けから「文春砲」の勢いが止まらない。ベッキーとゲス川谷氏の「不倫」報道を皮切りに、甘利明大臣の「口利き疑惑」、宮崎謙介議員の「不倫」などが続いているが、筆者の窪田氏はある弊害を懸念している。それは……。(2016/2/16)

かわいいにゃ! ネコのイラスト入りの印鑑「ねこずかん」登場 銀行印や宅配便の受け取りにも!
どのコにしよう。(2016/1/6)

「コンバージョン率改善」×「在庫の見せ方」=「衝動買い」(1):
売れるECシステム開発、失敗しない3つの要件
ネットショップ(ECサイト)を運営および改善提案されている方に向けて「コンバージョン率改善」と「在庫の見せ方」によって「衝動買い」に導く方法を解説する連載。初回は、この連載の概要や今後の内容を説明し、システム構築において「サービス担当」と「システム担当」の相互理解がシステムの良しあしを決めることについて解説します。(2015/11/25)

ローソン店舗で佐川の荷物受け取り、第1弾はJINS
佐川急便の「コンビニ受取サービス」が27日にスタート。第1弾として、眼鏡ブランド「JINS」のオンラインショップの商品に対応する。(2015/7/23)

ご一緒に“おでん”いかがですか 2:
やっぱりコンビニのデリバリーは難しい、これだけの理由
ローソンと佐川急便が組んで配達と同時にコンビニの買い物もできるサービス「SGローソン」を立ち上げた。少子高齢化による買い物難民や過疎化が現実のものとなった今、昔ながらの“御用聞きスタイル”は定着するか。(2015/7/2)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
コンビニ元オーナーが犯罪――便利に潜む個人情報の危険性
便利なサービスには個人情報が必要なことも多く、利用に細心の注意をしても被害の可能性は避けられない。いったいどうしたらその危険性を減らすことだができるのだろうか。(2015/6/26)

佐川急便、スマホにタッチペンの「電子サイン」で荷物受け取り可能に
佐川急便は、宅配便の受け取りの際、伝票への押印やサインの代わりに、配達員のスマホに専用タッチペンでサインしてもらう「電子サイン」を開始した。(2015/5/8)

佐川急便、宅配便の受け取りサインはスマホでOK
佐川急便が、スマホを利用した「電子サイン」を一部エリアで開始した。荷物の受け取りにはドライバーが持つスマホ画面にサインするだけでいい。(2015/5/8)

進化する物流ビジネス最前線:
宅配は大手だけではない! 自転車を駆使して稼ぐエコ配
ヤマト運輸や佐川急便など大手宅配企業の隙間を突いたビジネスモデルで業績を伸ばしているベンチャーがある。自転車を使った宅配サービスを提供するエコ配だ。(2015/4/17)

水曜インタビュー劇場(物流公演):
配達の“遅れ”が少なくなる? 佐川急便の数年後
佐川急便は2014年の春から、ビッグデータを本格的に稼働させている。特に「品質」と「実績」に注目しているというが、どういう意味なのか。IT部門を担当している部長に話を聞いたところ……数年後の姿が見えてきた!?(2015/4/15)

ローソン、営業益3.5%増 今期は「基礎固めの1年」に
ローソンの前期は営業益3.5%増。今期は「基礎固めの1年」として「コンビニの基本」を強化する。(2015/4/9)

半径500メートルの商売:
「クルマ+人力」は効率的なのか? ローソン+佐川急便の物流システム
コンビニ大手のローソンが、佐川急便を傘下に持つSGホールディングスと合弁会社を設立し、宅配事業に乗り出す。ローソンの店舗でサービスを展開し、半径500メートルの消費者を囲い込む。(2015/4/8)

ローソンが佐川と提携し業界初のコンビニ商品の宅配サービスを開始へ 配達時に御用聞きも
家から出なくてもなんでも手に入る……。(2015/4/7)

ローソン店頭で佐川の荷物を受け取り可能に 新会社「SGローソン」設立、“御用聞き”も
ローソンと佐川が提携。ECサイトなどで購入した商品を、ローソン店舗で24時間受け取れるようにするほか、新会社を通じ、ローソン店舗を基点とした配送・御用聞きサービスなどを展開する。(2015/4/7)

特集・進化する物流ビジネス最前線:
もうすぐ40年! 宅急便のこれまでとこれから
日本全国、翌日に荷物を送れる。通販で食品を買えば冷凍・冷蔵便で希望の日時に到着する……日本人にとっていまや当たり前になったサービス・宅急便はどのように進化してきたのか? 宅配業界1位のヤマト運輸に取材した。(2015/4/2)

新特集・進化する物流ビジネス最前線:
人手不足が深刻な宅配企業、次の一手は?
ネット通販の普及によって宅配便の取り扱い個数が急増。併せて顧客サービスの拡充にも取り組んできた宅配企業は今、現場が限界を迎えつつある……。(2015/4/1)

電気自動車:
電気トラックで宅配便、都心に5台を導入
佐川急便は、2015年3月13日、大型複合施設が集積する東京都心部に向け、宅配便を中心としたグリーン物流を構築する目的で電気トラックを導入し、集配業務を開始したと発表した。(2015/3/18)

スマホを使ってその場ですぐに食品のカロリーを知る方法
「この食品のカロリーってどれくらいだろう?」と思ったとき、どうしますか? じつはGoogle検索の機能に、カロリーを知る方法が用意されています。(2015/3/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。