ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「検索ランキング」最新記事一覧

「百度」の検索ランキングデータを中国人観光客向けに活用:
中国人観光客向けインバウンド販促施策「百度クレジット」を全国展開
オプトホールディング、ソウルドアウト、バイドゥの3社は中国最大手検索エンジン「百度」の検索ランキングデータを中国人観光客向けに活用するインバウンド販促施策で業務提携すると発表した。(2016/2/5)

検索で振り返る2015年 Googleが2015年度の検索急上昇ランキングを発表 1位は国際問題のあのキーワード
3位は「ラグビー」、2位は「台風」と来て……。(2015/12/16)

週刊「調査のチカラ」:
「2万円は大金過ぎて持ち歩きが不安」、20代の4割弱
2015年、Yahoo! JAPANで最も検索された人物に、最も読まれた電子書籍、人工知能が代替可能な職業から鉄道係員への暴力の実態まで、「調査のチカラ」で年の瀬の振り返り。(2015/12/15)

「ラッスンゴレライ」「暗殺教室」 Googleが上半期の急上昇キーワード発表
「広瀬すず」「風立ちぬ」も上位入り。(2015/6/29)

2014年 検索キーワードランキング(スマートモバイル編)
「iPad」か「Surface」か? 2014年、読者が最も検索したモバイルキーワードは
読者の関心を最も集めたのは、米Appleの「iPad」か、それとも米Microsoftの「Surface」か。2014年のスマートデバイス関連の検索キーワードランキングを紹介します。(2014/12/25)

2ちゃんねる→mixi→YouTube 「Yahoo!検索」ランキング1位、この10年の変化
「Yahoo!検索」の過去10年の検索ランキングを振り返る特設サイトがオープン。総合ランキング1位は、この10年で2ちゃんねる→mixi→YouTubeと変遷している。(2014/9/3)

WebサイトのHTTPS対応、Google検索ランキングに反映
Googleは実験結果を踏まえて、HTTPS対応の有無をランキングの要素として使用する措置を導入した。(2014/8/8)

上半期のGoogle検索急上昇ワード、話題の“あの人”もランクイン
今年上半期のGoogle検索急上昇キーワードランキングには、今も話題のあの人もランクイン。(2014/7/11)

W杯日本対コートジボワール戦中にもっとも検索された選手は
W杯の日本対コートジボワール戦で、試合中に最も検索されたのはやっぱりあの選手。(2014/6/16)

「Googleトレンド」のメールによる通知サービス開始
Google検索の「急上昇ワード」などをチェックできる「Googleトレンド」の動きをアラートメールとして配信するサービスが始まった。(2014/4/21)

2013年 検索キーワードランキング(スマートモバイル編)
iPad? それともSurface? 2013年に読者が最も検索したモバイルキーワードは
新製品や導入事例など、2013年もスマートデバイス関連の話題が多く生まれました。中でも読者の関心を最も集めたものは何か。検索キーワードランキングから探ります。(2014/1/16)

日本人はテレビ好き? Googleの2013年検索ランキング 「進撃の巨人」はアジアで大人気
米Googleが2013年の検索ランキングを発表した。日本ではドラマやアニメに関わる単語が多くクランクイン。特に「進撃の巨人」はアジア全体で人気を集めている。(2013/12/18)

流行語大賞ノミネート語をネット検索数から見ると──1位はあのゲーム
今年の流行語大賞候補50ワードの検索ランキングをヤフーが公開。2位に8倍の大差を付けて1位だったのは……(2013/11/27)

クックパッド検索急上昇1位は「再現」 牛丼やドーナツの味を自宅で
「クックパッド」の2013年検索人気急上昇ワード1位は「再現」。ファミレスやファーストフード店の味を自宅で再現するレシピに注目が集まった。(2013/11/27)

検索が増えた候補者は? Googleが参議院選挙に関する検索ランキング発表
公示後に検索が増えた急上昇ワードの1位は「参議院選挙」。候補者の名前もいくつかランキングに入っている。(2013/7/22)

Google、モバイル検索ランキング変更を予告──非モバイル最適化サイトに影響
Googleが、スマートフォンユーザーのWeb体験向上を目的に、モバイル向けに正しく設定されていないWebサイトに影響する検索ランキングシステムの変更を行うと予告し、ランクダウンを避けるための対策を紹介した。(2013/6/12)

「Googleトレンド」をおしゃれに視覚化する機能がスタート
スタイリッシュに次々と表示されていく急上昇ワード。PCやタブレットでぼーっと流したい。(2013/5/24)

「埼玉」と一緒に検索された単語1位は「貧乳」でした Googleの2012年検索ランキング
「青森 スーザンボイル」「長野 ビルゲイツ」も多かった。(2012/12/3)

Googleトレンドの米国版「急上昇ワード」がよりビジュアルに
例えばWWDC翌日のHot Searchesの「Apple」には、基調講演の画像や「WWDC」「iOS 6」などの関連検索後もまとめて表示される。(2012/6/13)

Android端末向け「Yahoo! JAPAN ウィジェット」がバージョンアップ
ヤフーが、Android端末向けに提供している「Yahoo! JAPAN ウィジェット」をバージョンアップ。「ウェブ検索の急上昇ワード」の表示と、音声アシストとの連携が可能となった。(2012/5/18)

Googleの2011年世界検索ランキング、東日本大震災関連が世界でもランク入り
2011年の世界の急上昇キーワードトップ10に、日本語として初めて「東京電力」が入った。(2011/12/16)

Facebookでも“足跡”が気になる? Yahoo!の検索ランキングとソーシャルメディア
ヤフーが「2011検索ワードランキング」を発表。「Facebook」とともに検索されたワードは、1位ログイン、2位使い方、3位足跡という結果になった。(2011/12/1)

Googleの地域別年間検索ランキングが面白い 栃木は大島優子、香川はやっぱり……!
「Google 年間検索ランキング 2011」の地域ごとの結果が面白い。例えば栃木県は3位の餃子を抑え、1位は大島優子。「うどん県」こと香川県は予想通り(?)の結果に。(2011/12/1)

「Google 年間検索ランキング 2011」発表 急上昇ワード上位は震災関連が独占
「Google 年間検索ランキング 2011」が発表された。「急上昇ワード」のランキングは、1位が地震、2位が停電、3位が放射能と、震災関連のワードが上位を独占した。(2011/12/1)

Google、評判の悪い企業の表示ランクを下げるよう検索アルゴリズムを修正
「悪評は検索ランキングにとってはプラス」と語るあるショップオーナーを取材したNew York Timesのコラムを受け、Googleがアルゴリズムを修正して悪質業者が検索結果の上位に表示されないようにした。(2010/12/2)

米Yahoo!検索ランキング、「原油流出」「ワールドカップ」が上位に
米Yahoo!の2010年の人気の検索語は、ワールドカップなどの時事ネタやiPhone、マイリー・サイラスなどのセレブだった。(2010/12/2)

ねとらぼ:
あなたの地域の1位は? 検索急上昇ワード、都道府県でこんなに違う
東京都は「世田谷コーンブルメ」、宮崎県は「口蹄疫」――Yahoo!JAPANが都道府県別の検索急上昇ワードを集計。あなたの地域の結果は?(2010/11/25)

Google、検索ランキングアルゴリズムにサイト応答速度を加味
“Web高速化”に取り組むGoogleが、検索結果ランキングにサイトスピードを加味することにより、Webサイトの高速化を促す。(2010/4/12)

閲覧注意! 「おもちゃのカンヅメ」の中身を公開する人々
3月31日の「Google 急上昇ワード」のトップに「おもちゃのカンヅメ 中身」が輝いた。筆者も中身が知りたかったので、子どものころからの夢を壊してもいいという覚悟で検索してみたのだが……。(2010/4/6)

Twitterで2009年に最もつぶやかれたのは「イラン大統領選」
Googleの米検索ランキングで1位だったTwitter自身のキーワードランキングでは、テクノロジー部門の1位が「Google Wave」だった。(2009/12/16)

Google日本検索ランキング、急上昇1位は「ドラクエ」 「〜とは?」1位はTwitter
Googleの検索ランキング「Zeitgeist」。今年の日本の年間急上昇ワード1位は「ドラクエIX」だった。(2009/12/2)

Googleの2009年検索ランキングも1位はマイケル・ジャクソン
米国では「Twitter」がマイケル・ジャクソンを抑えて1位だった。(2009/12/2)

米Yahoo!検索ランキング、1位はマイケル・ジャクソン 6位にNARUTO
米Yahoo!の2009年検索キーワードランキングでは、これまで首位だったブリトニー・スピアーズをマイケル・ジャクソンが追い抜いた。(2009/12/2)

Bingの2009年検索ワードランキング、1位はキング・オブ・ポップ
Bingで最も検索されたキーワードランキングには、マイケル・ジャクソンやファラ・フォーセットなど、亡くなった有名人が多くランクインした。(2009/12/1)

都内の不動産、JR中央本線と東急東横線沿線が人気
アットホームが2009年1月〜8月に「at home web」で検索された回数を集計したところ、売買部門において東京都の駅で最も検索されたのは「自由が丘駅」の物件、賃貸部門では「中目黒駅」の物件だった。(2009/10/2)

Googleの09年上半期検索ランキング、「WBC」「インフルエンザ」上位に
09年上半期の「Google」検索キーワードランキングでは「WBC」「インフルエンザ」「ETC」が上位に。ジャンル別では「地デジカ」も登場した。(2009/6/29)

「ヤフー」「グーグル」「WBC」――MS検索トップ3
「Microsoft Live Search」の3月15日〜21日の検索ランキングで、「WBC」が3位に入った。1位は「ヤフー」、2位は「グーグル」だった。(2009/3/25)

jig.jp、ソフトバンク端末向けの「jigマルチ検索ウィジェット」を公開
jig.jpはソフトバンクモバイルのモバイルウィジェット対応端末向けに、複数の検索エンジンを切り替えながら使える「jigマルチ検索ウィジェット」を公開した。るYahoo!急上昇ワードもチェックできる。(2009/3/24)

Google、自社製ブログパーツのブログ口コミ中止 「検索ポリシー違反」
ブロガーに報酬を支払って「Google急上昇ワードランキング」の記事を書いてもらっていたマーケティングが中止。「Googleの検索ポリシーに反していたことが分かったため」と説明している。(2009/2/10)

「急上昇ワード」を検索窓下に配置:
グーグル、トップページを再リニューアル
「Google 急上昇ワード」を検索窓の下に配置し、グーグルの各メニューを一覧で表示する。(2009/2/5)

Google日本版トップページ刷新 「急上昇ワード」表示
Google日本版の新トップページは、検索窓の直下に、直近20分以内に検索数が増えた検索キーワード「急上昇ワード」を表示する。(2009/2/5)

エフルートの年間モバイル検索ランキング、トップは?
エフルートが携帯検索ポータルサイト「froute.jp」の2008年検索キーワードトップ10を発表した。総合トップとなったのは「上地雄輔」。人物以外の部門の3位には「あ」がランクインしている。(2008/12/29)

08年携帯検索ランキング、9位に「あ」 「froute.jp」で
携帯電話向け検索サイト「froute.jp」の年間人気検索ワードランキングで、9位に「あ」という1文字が入っている。(2008/12/25)

「Googleモバイル」年間検索ランキング、「痛いニュース」や「前略」上位に
08年の「Googleモバイル」の検索キーワードランキングは、「mixi」「2ちゃんねる」「モバゲー」のトップ3に続き、4位に「痛いニュース」が入った。(2008/12/22)

Mobile Weekly Top10:
Googleの年間モバイル検索ランキング、トップは?
Googleが、同社初となる年間モバイル検索ランキングを発表した。トップ3に入ったのは……。ちなみにPC向けの年間検索ランキングトップは「Yahoo」だった。(2008/12/22)

Googleの2008年世界検索ランキング発表
2008年に世界30カ国以上のGoogleで人気急上昇したキーワードの1位は、共和党の副大統領候補「サラ・ペイリン」だった。(2008/12/11)

海外ダイジェスト(12月4日)
LogitechがPCマウスの出荷台数10億台を突破、オンラインMerriam-Websterで最も検索されたのは「bailout」、など。(2008/12/4)

2008年の米Google検索、人気急上昇ワードはやっぱり「オバマ」
2008年にGoogleで検索が最も増えたキーワードは「オバマ」。共和党のペイリン副大統領候補もトップ10に入った。(2008/12/3)

米Yahoo!の年間検索ランキング、総合1位はブリトニー・スピアーズ
Yahoo!検索ランキングの総合1位はブリトニー。7位に日本のアニメ「ナルト」が入った。(2008/12/2)

AOLの年間検索ランキング、大統領選関連一色に
大統領選挙の影響を受け、ニュースになった有名人部門の1位はオバマ次期大統領だった。(2008/12/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。