ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Surface」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Microsoft、2桁台の増収増益 Azureは89%増、Surfaceは25%増
Microsoftの4〜6月期決算はAzureの売上高が89%増と好調で、2桁台の増収増益。通年の売上高が初めて1000億ドルを超えた。(2018/7/20)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Surface Go」日本モデルを冷静にチェックする
発表直後から「Office付きで米国モデルより割高」という面に注目が集まっている「Surface Go」の日本モデル。製品発表会で説明を聞き、実機にも触れた筆者の率直なインプレッションをお届けする。(2018/7/19)

IIJmio meeting 20:
MVNOが生き残るために必要なことは? ジャーナリストとIIJ中の人が徹底討論
IIJが、20回目となるファンミーティング「IIJmio meeting 20」を7月14日に東京で開催した。「ジャーナリストが本音で語る、MVNOここだけの話」というテーマで、トークセッションを実施。業界動向、通信品質、料金・サービストレンドについて語り合った。(2018/7/18)

LTEモデルはどうなった?:
「テクノロジー」と「ファッション性」を重視して製品展開――3年目を迎えた中国HuaweiのPC事業
スマホで定評のあるHuaweiがPC事業に参入して3年目を迎えた。同社のPC事業はどのような展開を描いていくのだろうか。コンシューマービジネス担当COOに話を聞いた。(2018/7/17)

「Surface Goのグラフィックス性能はi5搭載Surface Pro 3より33%向上」──Microsoft幹部
Microsoftのデバイス担当副社長、パノス・パネイ氏他2人の幹部が、米Wiredのインタビューに答えて「Surface Go」について語った。(2018/7/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Office 365」でコラボレーションの世界を飲み込むMicrosoft
Microsoftは「Office 365」をさらに強化し、さまざまなコラボレーションツールを取り込んでいく構えだ。年次パートナーイベント「Inspire 2018」の開催直前に発表された3つのアップデートを整理する。(2018/7/16)

うまく導入をしてそのメリットを生かし切る
デジタルホワイトボード「Surface Hub」「Cisco Webex Board」「Jamboard」を混在させるべきではない理由
せっかく「デジタルホワイトボード」を導入しても、導入の仕方によっては、なかなか利用が広がらない可能性がある。(2018/7/16)

ITはみ出しコラム:
今どきのサブノート探し 「Surface Go」なら満足できる?
サブノートとして「Chromebook」を使っている筆者が、「Surface Go」について気になるポイントを語ります。(2018/7/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface Go」日本版は本当に高いのか Office付属は妥当なのか
ウワサの低価格Surfaceこと、「Surface Go」がついに登場した。しかし、日本モデルは米国モデルと一部仕様が異なり、それもあって最小構成価格が高めなことで、批判の声も少なくないようだ。今回はSurface Go日本モデルのこうした点について考察する。(2018/7/14)

CloseBox:
Surface Go、Oculus Go、君らそんなにGoが好きなの?
Golang、マッハGoGoGo、PSP go、みんないろんなGoの思い出があるはず。(2018/7/13)

「Surface Go」と9.7型「iPad」の価格やスペックを徹底比較 それぞれ長所と短所は?
日本マイクロソフトが7月11日に発表した、2in1ノートPC「Surface」シリーズの新製品「Surface Go」。10型と小型で価格も廉価。そうなると気になるのはiPadとの比較。それぞれの製品を比較して、長所や短所を見比べてみた。(2018/7/11)

マイクロソフト薄型軽量の「Surface Go」8月28日国内販売 一般向けは6万4800円から
先行して発表されていた海外版は、最安モデルで399ドル(日本円換算で約4万4000円)でした。(2018/7/11)

Surface Go、名前の由来は「ポケモンGO」? 米MSのキーマンに聞く
「Surface Go」の「Go」ってどういう意味? ネーミングの由来を聞いた。(2018/7/11)

「Surface Go」日本で8月28日発売 6万4800円から LTEモデルは年内
日本マイクロソフトが、国内で「Surface Go」を発表。(2018/7/11)

10インチ:
399ドルからの「Surface GO」発表 日本でも販売へ
米Microsoftが399ドルからのタブレット型PC「Surface Go」を発表。(2018/7/10)

新タブレット「Surface Go」発表 シリーズ史上、最薄最軽量 399ドルから
米Microsoftは7月9日(現地時間)、2in1ノートPC「Surface」シリーズの新製品、「Surface Go」を同社公式ブログで公開した。(2018/7/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2画面は見送り? 低価格モデルは出る? 次期Surfaceの行方
2画面モデルや低価格モデルなど、Microsoftの次期「Surface」に関するウワサが話題になっているが、これらは本当に投入されるのだろうか。2018年7月上旬までの最新情報をまとめる。(2018/7/9)

Unityで始めるシェーダー入門(終):
身体に雪が降りかかったようなシェーダーを作る
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。最終回は、3Dキャラクターの身体に雪が降りかかったような見栄えにするシェーダーを作成する。(2018/7/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftのモバイル秘密兵器「Andromeda」は、2画面折りたたみ型「Surface」なのか
モバイル市場をターゲットにしたMicrosoftの新プロジェクトといわれる「Andromeda」とは、ポケットサイズで2画面折りたたみ型の新「Surface」なのだろうか。(2018/7/3)

Tech TIPS:
Windows 10でBIOS/UEFIセットアップ画面を確実に開く方法
USBメモリから起動できるようにするなどのためにBIOSやUEFIのセットアップ画面を表示させたいことがあるだろう。しかしWindows 10では起動方法が変更されたため、セットアップ画面を簡単に開けない。そこで、本稿ではセットアップ画面を確実に開く方法を紹介する。(2018/6/29)

EMMやセキュリティ機能も充実
iOS 12、Android P、BlackBerryの最新ビジネス向け機能、スマホ選びで注目すべきは?
モバイルデバイスのビジネス利用が進み、エンタープライズ向け機能も充実しつつある。最新モバイルOSやデバイスには、どのような機能が導入されるのか。Apple、Google、BlackBerryの最新動向と選定のポイントを紹介する。(2018/6/30)

山根康宏の中国携帯最新事情:
“飛び出すインカメラ”でほぼ全画面化 先端技術で先ゆく中国スマホメーカー
2018年6月に、中国メーカーがエポックメーキングともいえる最先端のスマートフォン2モデルを発表した。切り欠きなしのベゼルレス化を実現しているVivoの「NEX」とOPPOの「FIND X」だ。この新ギミックは、長年の製造ノウハウがあって誕生したといえる。(2018/6/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Snapdragon 850」は常時接続PCの本命になれるか そして「1000」のウワサも
MicrosoftとQualcommの両社肝いりで2017年12月に発表された「Windows on Snapdragon」デバイスだが、いまだ日本市場に投入はなく、限定的な立ち上がりにとどまっている。PC市場をターゲットとする新たなハイエンドSoC「Snapdragon 850」は、Windows on Snapdragonの起爆剤になれるだろうか。(2018/6/26)

Unityで始めるシェーダー入門(9):
カスタムライティングモデルを使用した、影を付けるシェーダー
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回はカスタムライティングモデルを使用した、影を付けるシェーダーを扱う。(2018/6/21)

Pixelbookを1カ月使ってみた(後編):
Android&Windowsアプリも快適に使える「Google Pixelbook」
Pixelbookではどのようなアプリが使えるのか。クラウドストレージとの連携は容易なのか。WindowsアプリやOffice 365の使い勝手はどうか。仕事で使うことを前提に使用感を紹介する。(2018/6/20)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「次世代Surface」にまつわる3つの開発コード名 2018年後半に何が出る?
ここ数年は秋に「Surface」ブランドの新ハードウェアを投入してきたMicrosoft。2018年後半以降の新機種に関係すると思われる3つの開発コード名を追う。(2018/6/18)

サンワ、LANポートとHDMI出力も備えたSurface向け多機能USBハブ
サンワサプライは、Microsoft Surface向けをうたった多機能USBハブ「USB-3HSS3S」を発売した。(2018/6/14)

FAニュース:
実装部品の補給作業を省力化するストレージシステム
ヤマハ発動機は、自動で表面実装部品(SMD)の保管と補給管理をするインテリジェントSMDストレージシステム「YST15」を発表した。IoT/M2M統合システムで実装ラインと連携し、必要な実装部品を最適なタイミングで自動的に出庫し一括供給する。(2018/6/14)

「面」での保護をパートナー連携でさらに強化:
フォーティネット、新OS「FortiOS 6.0」で連携と自動化を実現
フォーティネットジャパンのイベント「Fortinet Security World 2018」において、同社セキュリティ製品の基盤となる「FortiOS」の新バージョンの全容が明らかになった。(2018/6/8)

Unityで始めるシェーダー入門(8):
シェーダーでオブジェクトを鏡面反射させるには
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回は、「Cubemap」を使った鏡面反射について解説する。(2018/6/7)

特選プレミアムコンテンツガイド
iPhoneと、もう1台は何を使う? 複数スマホ時代の仕事デバイス選び
複数台スマホが当たり前の時代、仕事で使えるデバイスの選択肢は多い。デバイス管理者は各ベンダーのスマホやタブレットを比較し、管理やセキュリティに注意しつつ、安全で快適なデバイスを選択しよう。(2018/6/8)

Pixelbookを1カ月使ってみた(前編)
ハイエンドChromebook「Google Pixelbook」のハードウェア仕様は意外にリッチ
各社が販売しているChromebookのフラグシップモデルともいえる製品を本家Googleが発売した。同社のPixelbookはどのようなChromebookなのか。まずはそのハードウェア仕様とその使用感を紹介する。(2018/6/8)

日本マイクロソフトが「Surface バーチャル ショップ」開設 Surface Proの数量限定セットモデルも
日本マイクロソフトは、Surfaceのラインアップなどを確認できるバーチャル展示サイト「Surface バーチャル ショップ」を開設した。(2018/6/6)

auがWindows 10 April 2018 Updateの「モバイル通信プラン」に対応
Windows 10 April 2018 Updateの新サービス「モバイル通信プラン」にauが対応することになった。これにより、eSIMを搭載するWindows 10 PCでプリペイドプラン「LTEデータプリペイド」をその場で契約できるようになる。(2018/6/5)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(24):
Windows 10の展開は本当に楽になるのか――Windows AutoPilotの機能をもう少し詳しく
Windows 10 Creators Update(バージョン1703)から利用可能になった「Windows AutoPilot」。実は、本格的に採用するための周辺環境は十分に整っていません。ですが、導入に向けての評価は既に可能です。今回は、仮想マシンをセットアップ対象のWindows PCと想定して、Windows AutoPilotで何ができるのかをお見せします。(2018/6/4)

モバイルユーザー待望! ファンレス&LTEの「Surface Pro LTE Advanced」を試す
Cat.9対応モデムを内蔵し最大450Mbpsのモバイル通信が行える「Surface Pro LTE Advanced」はデタッチャブル2in1の決定版か?(2018/5/31)

会議室機能の強化に注目
デジタルホワイトボード「Surface Hub 2」発表、Microsoftの改善ポイントは
Microsoftは、2019年に「Surface Hub 2」を発売するという。「Microsoft Teams」や他のクラウド共同作業ツールとの連携を強化する。(2018/5/26)

新たに「Meltdown」「Spectre」関連の脆弱性、IntelはBIOSアップデートの準備
Intelなどのプロセッサに発覚した「Meltdown」「Spectre」と呼ばれる脆弱性に関連して、新たに2件の脆弱性が確認された。(2018/5/22)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ウワサの「低価格Surface」は本当に発売されるのか
「Microsoftが2018年後半に400ドルの低価格Surfaceを投入する計画」というウワサは本当なのだろうか。Surfaceシリーズのこれまでの歴史と、Microsoftの現状から、その可能性を考える。(2018/5/22)

Windows 10 The Latest:
作業効率大幅アップ、Windows 10のショートカットキー総まとめ
Windows OSには、キー入力で操作が行えるショートカットキーが提供されている。Windows Vista以降、ほとんどが[Windowsロゴ]キーと他のキーを併用するものとなっている。本稿では、Windows 10で利用可能な[Windowsロゴ]キーと組み合わせたショートカットキーをまとめた。(2018/5/21)

ITはみ出しコラム:
Microsoftの斬新なコントローラー「Xbox Adaptive Controller」はこうして生まれた
Microsoftが障害のあるユーザー向けに開発した斬新なゲームコントローラー「Xbox Adaptive Controller」。その誕生の経緯を紹介します。(2018/5/20)

Microsoft、10インチのSurfaceタブレットを約400ドルで発売のうわさ
Microsoftが、Appleが教育市場を視野に3月に発売した9.7インチのiPadに対抗する10インチのSurfaceタブレットを年内に発売するとBloombergが報じた。(2018/5/17)

Unityで始めるシェーダー入門(7):
シェーダーでオブジェクトをスライス(輪切り)表示させるには
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回はオブジェクトをスライス(輪切り)したような見栄えになるシェーダーを紹介する。(2018/5/17)

Microsoftのオフィス向け大画面デバイス「Surface Hub 2」 2019年発売
米Microsoftはは、Windows搭載の大画面デバイス「Surface Hub 2」の発表を行った。(2018/5/16)

Microsoft、50.5インチ画面端末「Surface Hub 2」を来年発売
米Microsoftが、Windows 10を搭載する大画面端末「Surface Hub 2」を2019年に発売。50.5インチの4Kディスプレイを備える。(2018/5/16)

一部のSurface Pro 4で“画面のちらつき問題”が発生 無償交換を実施
米Microsoftは、「Surface Pro 4」の一部に画面のちらつきが発生することがあると発表、無償交換を実施する。(2018/5/14)

ソフトバンクが「5G×IoT Studio」のお台場ラボをオープン 何ができる?
ソフトバンクが、「5G×IoT Studio」のお台場ラボを開設。5Gの実験機器で技術検証ができるトライアル環境を企業向けに提供する。5月11日には、報道関係者にお台場ラボ内部を公開した。(2018/5/13)

Web業界で働くためのPHP入門(17):
PHPにおける継承とextends、オーバーライドとparent、final、protected
オープンソースのWeb開発向けスクリプト言語「PHP」の文法を一から学ぶための入門連載。今回は、クラスを拡張する方法として、継承を扱います。(2018/5/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
AIをクラウドからエッジへ Microsoft開発者イベント「Build 2018」を読み解く
米Microsoftの開発者会議「Build 2018」では、近年同社が注力する「Intelligent Cloud」と「Intelligent Edge」の最新動向が語られた。(2018/5/10)

Surface Pro LTE Advancedの個人向けモデル販売開始
税別10万円切りのSurface Laptop Core m3搭載モデルも限定販売。(2018/5/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。