ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Surface」最新記事一覧

使わないともったいない
「Windows 10」の地味だけど有能な“お宝機能”を紹介、あなたは幾つ知っていた?
「Windows 10」の主要な機能にはもう驚かなくなったかもしれない。だが、あまりもてはやされてはいないものの、キラリと光る機能もあり、あなたの利用を待っている。(2016/12/2)

MacBook Proに搭載:
新チップ「T1」でApple製品の可能性は広がる?
「Touch Bar」などの新しい機能を搭載したAppleの「MacBook Pro」。MacBook Proには、新しいチップ「T1」が搭載されている。このT1の性能を生かした用途は、MacBook Pro以外にもさまざまなものが考えられそうだ。(2016/12/1)

「Surface Studio」をiFixitが分解 ARMプロセッサ搭載と判明
Microsoftが10月に発表したiMac対抗のAIO「Surface Studio」をiFixitが分解した。ストレージ(SDDおよびHDD)が換装可能であることが分かった他、未発表のARMプロセッサが搭載されていることが明らかになった。(2016/11/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の次期大型アップデート「Creators Update」が形になってきた
プレビュー版の大幅強化により、「Windows 10 Creators Update」の姿が見え始めてきた。(2016/11/29)

古いハードウェアは残っていませんか?
「Windows 7を使い続ける」、そう心に決めたユーザーが取り組むべき4つのこと
まだ現役で使われ続けている「Windows 7」。なかなかWindows 10にアップグレードできない理由はある。その中、Windows 7を快適に動作して使い続けるにはどうすればいいのだろうか。(2016/11/29)

2-in-1デバイスの真価を引き出す
「Surface Pro 4」が働き方変革に使えるこれだけの根拠
企業が働き方変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。(2016/11/25)

設計者の新しいワークスタイルを探れ!(1):
秋を満喫しながら、タブレットPC「Surface」で3D CADをガチで使ってみた
岩手の3D CAD“お困りごと”解決人・小原氏が、最新のハードで3D CADをぐりぐり動かしながら、設計者の新しいワークスタイルを楽しく模索していく連載。第1回は、Microsoftの「Surface Book」と「Surface Pro4」で、3D CADを使ってみました。もちろん、スタイラスペンも試しました。(2016/11/21)

「大学は出たけれど」とならないためにやるべきこと
「最初に取りたいセキュリティ資格はこれ」、IT部門が初心者に勧める“鉄板”資格とは
サイバーセキュリティの認定資格が無数にある。駆け出しの新人が最初に取得すべき資格はどれだろうか。(2016/11/21)

日本マイクロソフト、Surface専用デザインのBluetoothマウス/キーボードを発表
日本マイクロソフトは、Surface専用となるスタンダードBluetoothマウス/キーボード「Surface マウス」「Surface キーボード」を発表した。(2016/11/18)

“Surface Pro 5”の単なる前座ではない
「Surface Studio」を先取りレビュー、“無重力ヒンジ”と「Surface Dial」に絵師が歓喜?
Microsoftが2016年10月に発表したディスプレイ一体型PC「Surface Studio」。“無重力ヒンジ”をはじめとする本体の機能もさることながら、周辺機器にもきらりと光るものがある。(2016/11/12)

ビジネス向けではオーバースペック?
新MacBook Proがビジネス市場でWindows PCと勝負しない理由
法人市場では依然としてWindows PCがMacよりも優勢だ。対して、一般消費者向けの市場ではMacも広く使われている。Appleの戦略とは? Macがどのような市場で強いのかを含めて紹介する。(2016/11/8)

Microsoftのスティーブ・バルマー前CEO、ビル・ゲイツ氏との関係やiPhoneを語る
MicrosoftのCEOを2014年2月に退任し、今でも同社の筆頭個人株主であるスティーブ・バルマー氏が、Bloombergのインタビューで同社創業者のビル・ゲイツ氏との関係や、ハードウェア事業について語った。(2016/11/7)

Surface Studioの謎「Dialはどうやって吸着してるのか」に公式回答
磁石でディスプレイにくっついているという報道もされているが、担当者によればそうではないようだ。(2016/11/6)

ハードウェアは上々だけど……
徹底レビュー: 新2-in-1「YOGA BOOK」、“未来感”漂うパネルキーボードの使い勝手は?
本格的な画家やデジタルアーティストをターゲットとするLenovoの「YOGA BOOK」。ハードウェアの仕上がりは上々だが、少なくともAndroid版のYOGA BOOKでは、ソフトウェアによって、それが台無しになっている。(2016/11/6)

Windows 10次期更新と同時に登場か
「Surface Pro 5」の発売は2017年春? 気になるうわさをまとめた
Windows搭載2-in-1デバイスの最右翼とも目される「Surface Pro」シリーズ。その最新版の発売はいつになるのか。うわさを基に検証する。(2016/11/5)

Microsoft Tech Summit:
Microsoftはなぜ「Surface Studio」など異色製品を作れるようになったのか――開発者が明かす舞台裏
「Microsoft Tech Summit」に、Surfaceシリーズの設計・開発担当者のアンドリュー・ヒル氏が登場。同社が続々と発表している新製品の開発模様を明かした。(2016/11/2)

Microsoft Tech Summit基調講演:
マイクロソフトは「セキュリティ」「管理」「イノベーション」で企業のデジタルトランスフォーメーションを強力に支援
日本マイクロソフトは2016年11月1〜2日の2日間、IT技術者向けのイベント「Microsoft Tech Summit」を開催。企業がデジタルトランスフォーメーションを実現していくための最新技術と実践的なノウハウを、100を超えるセッションで紹介。ここでは、初日に行われた基調講演の模様をレポートする。(2016/11/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface Studio」をMicrosoft Storeで触ってきた
28型大画面の「Surface Studio」はすぐ日本でも発売……とはいかないようだ。米Microsoft Storeでは展示が始まったので、早速実機を触ってきた。(2016/11/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新MacBook Proの「Touch Bar」はWindowsでも使える?
何やらキーボードが面白いことになっている新しい「MacBook Pro」。斬新な「Touch Bar」は、Boot CampなどでWindowsを使う際に動作するのだろうか。(2016/11/2)

カメラや電源周りが進化――写真で解説する「Xperia XZ SO-01J」「Xperia X Compact SO-02J」
ドコモの「Xperia XZ SO-01J」と「Xperia X Compact SO-02J」が11月2日に発売される。これまでのXperiaと同様に同じく日本向けの機能が追加されている。従来モデルからの進化点について写真で見ていこう。(2016/11/1)

Weekly Access Top10:
やっぱりSDカードスロットは欲しかった? 賛否両論の新型「MacBook Pro」
ついに新型MacBook Proが姿を表しました。(2016/10/31)

「iPhone 7」を買った人が後悔するかも
日本では知られていないコスパ最強スマホ、魅力的な“400ドル以下の世界”とは
「iPhone 7 Plus」や「Galaxy S7 edge」は魅力的だが、スマートフォンに7〜8万円支払うことにためらう人もいるだろう。日本未発売の製品も視野に入れると、4万円以下で購入できるスマートフォンには豊富な選択肢がある。(2016/10/29)

日本では表参道店だけ:
アップルストア表参道で新型「MacBook Pro」展示開始
新型入力インタフェース「Touch Bar」を内蔵するMacBook Proの実機展示がアップルストア表参道で始まった。見るだけかぁ。(2016/10/28)

ジョブズのタッチスクリーンPC批判にMSとApple、6年後の回答
2010年10月、「Back To The Mac」を銘打った製品発表イベントで、スティーブ・ジョブズは「タッチスクリーンは垂直の画面には適さない」と言った。6年後、MicrosoftとAppleは製品の形でその回答を用意した。(2016/10/28)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新MacBook Proが得たものと失ったもの
長らく変更のなかった「MacBook Pro」がついに刷新された。基本スペックはもちろん、キーボード周りやコネクタの構成も大きく変わっており、それらの影響を考える。(2016/10/28)

Surface Bookで実現する設計者の新ワークスタイル:
PR:用途/課題別で探る“いつでもどこでもCAD”による革新のモノづくり
3D CADはいまや“モノづくりの基盤”となった。設計者がこの3D CADを場所や時間にとらわれないで使えるようになったら、どんな“モノづくり革新”が生み出されるのだろうか。「Surface Book×3D CAD」による“いつでもどこでもCAD”の可能性を、用途や課題別で探る。(2016/10/31)

Surface Bookはどこが変わった? 新旧モデルのスペックを比較
Surface Bookシリーズに、高性能な「Surface Book with Performance Base」が登場。(2016/10/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
PCの新たな可能性を示した「Surface Studio」と「Surface Dial」
うわさのオールインワン型Surfaceは、高画質の28型ディスプレイを備えて「Surface Studio」の名前で登場。周辺機器の「Surface Dial」にも注目だ。(2016/10/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の次期大型アップデートは「Creators Update」 3Dがより身近に
Microsoftは「Anniverdary Update」に続くWindows 10の次期大型アップデートを「Creators Update」と名付けた。名前の通り、クリエイティブな機能強化を行う。(2016/10/27)

3D描画に対応! Windows 10の「ペイント」が次期メジャーアップデートで超進化
スマートフォンで撮影した被写体を3Dモデル化する技術も。(2016/10/27)

「Surface Book」の上位モデル発表 グラフィックス性能2倍でバッテリー16時間
Microsoftが、ハイブリッドノートPC「Surface Book」の上位機種「Surface Book with Performance Base」を11月に発売する。プロセッサはi7でGPUやバッテリーを強化しており、価格帯はSurface Bookより約1000ドル高い。(2016/10/27)

Microsoft、クリエイターに最適化したAIO PC「Surface Studio」を発表 2999米ドルから
Microsoftが、Surfaceブランドのオールインワン型(AIO)PCを投入する。Adobe RGB/DCI-P3両対応のディスプレイを搭載するなど、特にグラフィック関連のクリエイターに向けて作られたモデルとなっている。(2016/10/27)

「Surface Studio」発表 Microsoft初の液晶一体型デスクトップ
Microsoftが液晶一体型デスクトップPC「Surface Studio」を発表した。(2016/10/27)

Google、クラウド接続4Kホワイトボード「Jamboard」を約63万円で来年発売へ
Googleが「G Suite」で使えるクラウド接続の55インチのデジタルホワイトボード「Jamboard」を発表した。先行するMicrosoftの「Surface Hub」より3000ドル安い6000ドルで2017年発売の見込みだ。(2016/10/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
10月26日のWindows 10イベント直前まとめ Surface以外にサプライズは?
「Windows 10の次」を掲げたMicrosoftの発表会は、日本時間の10月26日午後11時にスタート。一体何が飛び出すのか。(2016/10/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
まだ終わらんよ 見えてきたWindows 10 Mobileの次期アップデート
日本以外でいまいち盛り上がっていない「Windows 10 Mobile」。iOSとAndroidの壁は厚いが、ビジネスユース向けに機能強化やサポートは続けていく方針だ。(2016/10/26)

Microsoft決算、Azureは倍増、Windowsは横ばいの増収減益
Microsoftの7〜9月期決算は、売上高は前年同期比0.4%増、純利益は4.3%減だった。Azureを含むクラウド部門が好調だったが、Windowsは横ばいだった。今週新製品発表とうわさのSurfaceは38%増と好調だ。(2016/10/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の次期大型アップデート「RS2」は2017年3月か
Windows 10 Anniverdary Updateのトラブル問題も沈静化に向かい、次の注目は2017年春に公開される見込みの「Redstone 2(RS2)」に移りつつある。(2016/10/20)

日本航空、Surface Hubなどを導入し、ワークスタイル変革を推進
大画面ディスプレイを備えたコラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」を導入。「Office 365」「Surface Pro 4」などと組み合せて、ワークスタイル変革を推進する。(2016/10/20)

Apple、10月27日に「hello again」イベント開催へ(ライブストリーミングあり)
うわさされていたAppleの新「MacBook Pro」発表イベントは、10月27日に本社キャンパスで開催され、ライブストリーミングされる。イベント名は1984年の「hello」に由来するようだ。(2016/10/20)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface Pro 5」と「Surface Book 2」はいつ出てくるのか
10月26日の米Microsoft発表会では、どうやらオールインワン型の新しいSurfaceが出てくるらしい。では、Surface ProとSurface Bookのアップデートはないのだろうか。(2016/10/19)

“Fusion 360/AutoCAD 360×究極の1台”で実現するワークスタイル変革:
PR:クラウドベースの設計環境とSurface Bookのおいしい関係
3D CADとクラウドの融合で新たな設計の方向性が見えてきた。クラウドベースの設計環境を最大限に活用するためには、いつでもどこでも利用できるモバイルPCが欠かせない。日本マイクロソフトがリリースした“究極の1台”「Surface Book」がクラウドと結びつくことで、モノづくりの現場にどんな革新をもたらすのだろうか。クラウドベース設計環境「Fusion 360」「AutoCAD 360」を展開するオートデスクに、設計者のワークスタイル変革から生まれる新たなモノづくりの可能性を聞いた。(2016/10/19)

Windows 10乗り換えで注目集める2-in-1
「Surface」を熱望するのはユーザーよりも “IT部門” その真面目な理由は?
高い携帯性とPCの機能性を併せ持つデバイスを社員に提供しようとする企業は、2-in-1デバイスに注目している。特にMicrosoftの「Surface」シリーズの人気が高いという。その理由をIT部門の視点で考える。(2016/10/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
10月後半はMicrosoftとAppleの新製品ラッシュに注目
ついに「iMac対抗Surface」がベールを脱ぐか。(2016/10/13)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10 Anniversary Updateの累積的アップデート問題は解消されたのか
更新プログラム「KB3194496」で障害が発生するという一部のWindows 10 Anniversary Updateユーザーに対し、Microsoftは問題解決のためのスクリプトを配布した。(2016/10/12)

Enterprise IT Kaleidoscope:
ゼロデイ攻撃も防ぐ? Edgeブラウザのセキュリティ新機能
Windows 10の次のアップデートには、Edgeブラウザのセキュリティを高める「Windows Defender Application Guard for Microsoft Edge」が搭載される見込みだ。この機能はどのようなものだろう。(2016/10/11)

USBポートは幾つ必要?
徹底入門:ノートPCの使い勝手を大きく左右する「ポート」の見定め方
CPUや筐体サイズ、画面解像度など、ノートPCを選ぶ際に考慮するポイントは多い。ポートについては忘れられることもあるが、実は使い勝手に大きく影響する。ポートに注目したノートPCの選び方をお届けする。(2016/10/10)

Microsoft、10月26日に「Windows 10」イベント開催へ “iMac対抗Surface”も?
Microsoftが10月26日にWindows 10に関連するイベントを開催すると発表した。うわさのオールインワン型Surface端末や次期アップデート「Redstone 2(コードネーム)」が発表されるとみられる。(2016/10/8)

米国の軍用規格を満たす構造品質
徹底レビュー:「ThinkPad X260」、ビジネスPCの定番が万人にオススメの理由
「ThinkPad X260」は、耐久性やパフォーマンス、携帯性に優れたクライアントPCだ。どのようにして、これらの特性が盛り込まれているかその秘密を探る。(2016/10/8)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「iMac対抗Surface」の存在をほのめかすキーボード写真が話題に
うわさの「オールインワン型Surface」向けと思われる新しいBluetoothキーボードの写真がFCCのWebサイトに現れた。(2016/10/6)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。