ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Surface」最新記事一覧

Microsoft Focus:
MSが満を持して投入するコラボツール「Microsoft Teams」の実力は
日本マイクロソフトが満を持して投入したチャットベースのワークスペース「Microsoft Teams」。働き方を変えるどんな機能があるのか?(2017/6/24)

DMS2017:
「Surfaceファミリー」が勢ぞろい、思わず裏側を見ちまうぜ……
日本マイクロソフトは、「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」において、モバイルPC「Surface Pro」をはじめとする「Surfaceファミリー」を出展。設計や製造に携わる技術者の「働き方改革」にどのように役立つかを訴えた。(2017/6/23)

日本マイクロソフト、「Surface Pro」「Surface Studio」の販売開始を告知
日本マイクロソフトは、同社製最新モバイルPC「Surface Pro」および一体型PC「Surface Studio」の販売開始をアナウンスした。(2017/6/15)

「アプリの選択肢はVDIで増やす」は是か非か
軽量OS「Windows 10 S」に大喜びする人、がっかりする人の違い
「Windows 10 S」はWindowsストアから入手可能なアプリケーションしかインストールできない。VDIを導入すれば従来のWindowsアプリケーションも利用できるが、その方法には賛否それぞれの見方がある。(2017/6/14)

Microsoftの「Cortana」、画像認識でリマインダー提言(Build 16215)
Microsoftが、「Fall Creators Update」で追加する多数の新機能を搭載するプレビュー版「Build 16215」を公開した。AIアシスタントのCortanaが画像内の日付を検出してリマインダー作成を提言する機能や、日本語フォントとして「UDデジタル教科書体」が追加された。(2017/6/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Appleは今後も開発者に支持されて勝ち続けられるか WWDC 2017の着眼点
珍しくハードウェアの発表が目立ったWWDC 2017の基調講演。うわさされた新製品が続々と登場する中、筆者は別の視点から基調講演を見ていた。(2017/6/7)

モデル番号も付属ペンもなくなって得たものは?
新しくなった「Surface Pro」に関する良いニュースと残念なニュース
新たに発表されたMicrosoftの第5世代の2-in-1デバイスである「Microsoft Surface Pro」には、Intelの最新のプロセッサ、LTE、13時間強持続するバッテリーが備わっている。しかし、以前付属品として提供されていたアクティブペンは付属していない。(2017/6/4)

Microsoft Focus:
Surfaceファミリーに息づく日本の“モノづくり精神”
第5世代となる「Surface Pro」やクラムシェル型の「Surface Laptop」を提げ、フルラインアップのSurfaceファミリーで挑むMicrosoftのプレミアム戦略とは?(2017/6/3)

高い方がやっぱりいいの?
徹底比較:iPad Pro vs. iPad(2017) 最高の9.7型タブレットはどっち?
ほぼ同じサイズで展開する2つのiPad。性能や使える機能に違いはあるが、その価値は価格の差を超えるのか。9.7型のiPad ProとiPad(2017)を比較した。(2017/6/3)

PR:これが2in1の理想型――「レッツノート CF-XZ6」をアキバ取材で使い倒す
デタッチャブル2in1ノートながら、レッツノートならではのハイレベルな打ち心地を実現した「CF-XZ6」。アキバ取材に放り込んだらどんな発見があるのだろうか。PC USERの人気連載を担当するアキバの達人、古田雄介氏に使ってもらった。(2017/6/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新Surface ProはなぜUSB Type-Cを搭載しないのか 米Microsoftのキーマンに聞く
「Surface Pro」「Surface Studio」「Surface Laptop」の国内発表を一気に行った日本マイクロソフト。米Microsoft本社から来日したSurface担当者にさまざまな疑問をぶつけてみた。(2017/5/29)

ITはみ出しコラム:
「Surface Laptop」は「Windows 10 S」のままで使いたい?
2017年内は無料でWindows 10 Proにアップグレードできるわけですが……。(2017/5/28)

新「Surface Pro」日本で6月15日発売 価格は10万5800円から LTEモデルは今秋ごろ
日本マイクロソフトは、新型「Surface Pro」の日本展開について発表した。(2017/5/26)

「Surface Laptop」日本で7月20日発売 12万6800円から
日本マイクロソフトは、Surface新製品の日本展開について発表した。(2017/5/26)

4K HDRやSnapdragon 835の実力は? 「Xperia XZ Premium」の使い勝手を試す
「Xperia XZ Premium」がドコモから発売される。5.5型の4K HDRディスプレイを搭載するほか、下り最大788Mbpsの通信にも対応する。スペックから実際の使い勝手までをチェックする。(2017/5/26)

「Surface Studio」日本で6月15日発売(追記あり)
クリエイター向けPC「Surface Studio」が6月15日に日本で発売される。(2017/5/25)

「Microsoft Whiteboard」はWindows 10端末で使える手描きコラボアプリ
Microsoftは「Surface Pro」発表イベントで、タッチ対応Windows 10端末で使えるホワイトボードアプリ「Whiteboard」や「Windows Ink」の新機能を紹介した。(2017/5/24)

新型「Surface Pro」発表 歴代最高スペック最軽量、LTEモデルも登場
製品名からナンバリングを廃止して、新しい「Surface Pro」となった。(2017/5/23)

「TravelMate Spin B1」との組み合わせで見えた可能性
「Windows 10 S」はChromebookから“学校一押しデバイス”の座を奪うか?
Microsoftが教育市場に向けて発表した「Windows 10 S」は、適切なデバイスとの組み合わせで、教育機関からの支持を集める「Chromebook」に取って代わる可能性がある。(2017/5/21)

音声アシスタント「Bixby」の能力は未知数
徹底レビュー:「Galaxy S8」、“ほぼベゼルレス”な縦長ディスプレイのインパクト
Samsung Electronicsの「Galaxy S8」は最高クラスのパフォーマンスを備えている。安価ではないが、金額に見合う価値のある製品であることは間違いないだろう。(2017/5/20)

ターゲットは“未来のユーザー”?
新OS「Windows 10 S」と「Surface Laptop」に賛否両論の訳
Microsoftは「Windows 10」を軽量化した新しいOS「Windows 10 S」と、これを搭載した新しいノートPC「Surface Laptop」を発表した。だが、専門家が示した意見は厳しいものだった。(2017/5/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 S」「Surface Laptop」に対する期待と不安
日本での発表も期待される「Windows 10 S」と「Surface Laptop」。今回は戦略的な意義と今後の可能性から、これらを考えてみる。(2017/5/17)

標準OSになってこそ得られるメリット
Windows 7を忘れられない人でも「Windows 10」をしぶしぶ認めざるを得ないのはなぜか
「Windows 7」の寿命が迫り、「Windows 10」への移行が秒読みに入った。デバイス管理や生体認証など、Windows 10の新機能を利用しない手はない。(2017/5/17)

「HTC U11」発表 本体を握るだけで操作可能な「Edge Sense」搭載
HTCが、新たなフラグシップスマートフォン「HTC U11」を発表。本体を握るだけで、ショートカット操作が可能な「Edge Sense」を新たに採用した。ディスプレイは5.5型のQHD(1440×2560ピクセル)液晶を搭載。(2017/5/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10本命アップデート「Fall Creators Update」の気になる中身
毎年恒例となったMicrosoftの開発者会議「Build」。2017年はクラウドとAIへの注力がより鮮明になったが、まずは身近なWindowsの話題から見ていこう。(2017/5/16)

Microsoft Focus:
働き方改革を“企業成長の武器”に MSの取り組み、第2フェーズへ
働き方改革担当を務める現役大臣の訪問を受けたマイクロソフトは、あらためて働き方改革への意気込みを語った。自らの取り組みに確かな手応えを得てきた同社が次に目指す“働き方改革2.0”とは?(2017/5/13)

ESEC2017&IoT/M2M展:
Windows 10 IoTに新機能、IoTデバイスのワイヤレスUSB接続が可能に
日本マイクロソフトは、「第6回 IoT/M2M展」において、組み込み機器向けOS「Windows 10 IoT」に関する展示を行った。2017年4月に提供を始めた「Creators Update」で追加された新機能「MA-USB」をアピールした。(2017/5/12)

Mostly Harmless:
噂の“Surface Phone”はビジネススマホの真打ちとなるか?
Microsoftが“究極のモバイル端末”として2017年に投入すると噂される「Surface Phone」とは、一体どんなデバイスなのか。予測してみよう。(2017/5/15)

写真で見るSurface Laptop
米Microsoftが、クラムシェル型のノートPC「Surface Laptop」を5月2日に発表。Microsoft Storeで実機に触ってきたので、その様子を写真でお伝えしよう。(2017/5/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Surface Laptopは序章だった? 5月23日に「新Surface Pro」発表か
年次開発者会議の「Build 2017」を直前に控えたMicrosoftだが、ハードウェア新製品の目玉は5月23日に上海で行うイベントまで取っておくつもりかもしれない。(2017/5/10)

Microsoftの「Build 2017」直前予測
Microsoftの年次開発者会議「Build 2017」の基調講演は日本時間の5月11日午前0時からライブ配信される。(2017/5/10)

太田智美がなんかやる:
ITmediaのマストドンが「ピンクのゾウ」のわけ
会議で決まりました。(2017/5/9)

世界タブレット出荷、10四半期連続の減少──IDC調べ
IDCによると、世界でのタブレット(キーボードを脱着できるモデルを含む)出荷は10期連続で減少し、1〜3月期は3620万台だった。シェアランキングではAppleが首位を守った。(2017/5/8)

Surface Pro 5?:
Microsoft、Surface関連イベントを5月23日に上海で開催
「Surface Laptop」を発表したばかりのMicrosoftが、5月23日にSurface関連のイベントを上海で開催すると発表した。(2017/5/7)

Microsoft Focus:
MS、新OSとSurface Laptopで教育市場に本腰 巻き返しなるか
教育市場向け施策でグーグルの後じんを拝していたMicrosoftが、本気の施策を打ち出した。その戦略とは?(2017/5/6)

定評のあるキーボード、TrackPointを搭載
徹底レビュー:全てがトップクラス「ThinkPad X1 Carbon(2017モデル)」の気になる点は?
キーボードやTrackPoint、バッテリー、ディスプレイなどいずれもトップクラスのコンポーネントを搭載した「ThinkPad X1 Carbon(2017モデル)」。ビジネスPCとしての魅力とは?(2017/5/6)

「Surface Laptop」は「Windows 10 S」搭載で999ドル、6月15日発売
Microsoftは「Windows 10 S」搭載の13.5インチのオリジナルノートPC「Surface Laptop」を発表した。(2017/5/3)

文教向け「Windows 10 S」発表 搭載PCは189ドルから
米Microsoftが「Windows 10 S」を発表。米国の新学期にあわせて2017年夏に搭載PCが各社から登場する。(2017/5/3)

Microsoft、軽量OS「Windows 10 S」発表 「Chrome OS」対抗
Microsoftの「Chrome OS」対抗OSは「Windows 10 S」という名称で、189ドルからの「Windows 10 education PC」に搭載される。(2017/5/2)

Microsoft、新型「Surface Laptop」発表 クラムシェル型、カラバリ4色、新OS搭載
米Microsoftが「Surface Laptop」を発表した。(2017/5/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Azure好調で増収増益のMicrosoftが抱える課題
米Microsoftの2017年1〜3月期決算は、Office 365とAzureの好調を受けて増収増益。新モデルの投入が遅れているSurfaceの売上高は26%減だった。(2017/5/1)

Microsoft、Azure好調で増収増益 Surfaceの販売はペースダウン
Microsoftの1〜3月期決算は、売上高はアナリスト予測通り、純利益は予測を上回った。Azureの売り上げが93%増と好調だった。新モデル発売が待たれるSurfaceの売上高は26%減と不調だった。(2017/4/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Snapdragon搭載のフルWindows 10マシンは2017年のいつ登場するか
Windows 10 Cloud(仮称)にARM版のWindows 10。2017年のWindowsデバイスはこれまでと違った展開になりそうだ。(2017/4/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ウワサの「新Surface」は安さに加えて長時間バッテリー駆動も特徴か
教育分野向けに米Microsoftが5月2日に行う発表会。登場がうわさされる「Chromebook対抗の新Windowsデバイス」について、おぼろげながらスペックが見えてきた。(2017/4/27)

日本マイクロソフト Surface Book:
3D CADオペレーターを対象とした「Surface Book」の新製品
日本マイクロソフトは新製品の「Surface Book」を発表。2017年4月20日より販売開始する。(2017/4/25)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 SONYの挑戦「The WOW Factory」
“IT界のパリコレ”ともいわれる、Music、Film、Interactiveを柱にした世界最大規模のイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポート。今回は、ソニーのブース「The WOW Factory」の“驚き!”満載な展示を紹介します。(2017/4/24)

Appleが直営店のリンゴを緑に光らせる意味
私たちがその製品を選ぶ動機になるもの。(2017/4/21)

太田智美がなんかやる:
流行中のSNS「Mastodon」の「インスタンス」って何? 文字で読んでもよく分からないので絵にしてみた
文字がダメなら絵に書いてみる。(2017/4/19)

マイクロソフトの働き方改革:
会議時間を27%短縮 無駄な時間の削減、AIが手助け
日本マイクロソフトが、自社の「働き方改革」の内容を報道陣向けに公開。人工知能(AI)を導入した分析ツール「MyAnalytics」を活用した取り組みなどを紹介した。(2017/4/19)

アイティメディアの「Windows 10」導入物語(前編):
PR:従業員約300人、中小企業のアイティメディアが「Windows 10」を導入した理由
リリースから約1年半がたったマイクロソフトのOS「Windows 10」。最近ではその有用性が認知され、導入する企業が増えてきています。実はアイティメディアも2016年4月からWindows 10を導入しました。その理由と苦労した点について、情シス担当に聞いてみました。(2017/4/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。