ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「触覚」最新記事一覧

東京五輪のマスコット、最終候補3作品が発表 2月末決定 選ぶのは全国の小学生
2020年の東京オリンピック・パラリンピックのマスコットの最終候補が発表された。伝統的な模様や動物をモチーフにした3作品で、全国の小学生の投票で2月末にどのマスコットになるかが決まる。(2017/12/7)

小学生の投票で最終決定:
東京五輪マスコット、最終候補3作品が決定
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、大会マスコットのデザイン案の最終候補3作品を発表。(2017/12/7)

なぜそのチョイスなんだ! 秋元才加のコスプレが完全にスタイルの無駄遣い
めちゃくちゃスタイルのいいロケットだ。(2017/12/4)

寄り道テック:
「声優の心臓の音が聞ける」 どうしてこうなった「サマーレッスン」の“隠し機能”
「実はキャラクターの心音まで聞けます」――VRゲーム「サマーレッスン」にはそんな“隠し機能”がある。(2017/11/28)

産業用ロボット:
多指ハンド双腕型ロボットアームを簡単に活用、ディープラーニングとVRで
デンソーウェーブとベッコフオートメーション、エクサウィザーズの3社は、多指ハンドを装着した双腕型ロボットアームをディープラーニングとVRで学習させリアルタイム制御する「マルチモーダルAIロボット」を3社で共同開発した。(2017/11/27)

医療技術ニュース:
手足を冷却して抗がん薬副作用のしびれを予防
京都大学は、抗がん薬の副作用であるしびれを、手足を冷却することで予防する手法を発表した。同成果により、患者が生活の質を維持しながら、安心して抗がん剤治療を受けられることが期待される。(2017/11/7)

CEATEC 2017:
CEATEC 2017ロボットレポート(後編)――双腕ロボットが大活躍
CPS/IoTの総合展示会となった「CEATEC JAPAN 2017」では、数多くのロボットが展示されていた。後編では、大学や研究機関、通信キャリア、おもちゃメーカーなどのロボット関連のブース展示の様子を紹介する。(2017/11/6)

HTCのViveチームとLogitech、VR用キーボードシステムを発表
VR HMD「Vive」を販売するHTCとLogitech(日本ではロジクール)がVR空間で自分の仮想の手を見ながら入力できるキーボードシステム「BRIDGE」の開発者キットを発表した。キーボードに「Vive Tracker」を接続して使う。(2017/11/4)

「watchOS 4.1」配信 Apple Watch Series 3(セルラー版)単体でApple Musicを再生可能に
Apple Watch向けの最新OS「watchOS 4.1」が配信された。Apple Watch Series 3のセルラーモデル単体で、Apple Musicのストリーミング再生が可能になる。その他、不具合も解消される。(2017/11/1)

トーマスのおもちゃをレールの“上”でなく“内側”に走らせると……? 子どもの柔軟な発想に驚き
決められたレールの上は走らねえ……。(2017/10/31)

ロボット開発ニュース:
ロボットスキンに応用可能な触覚動作を認識するセンサーシステム
NEDOとJAPERAは、高精細/高感度な圧力センサーと、これをロボット・スキンに応用するシステムを開発した。なでる、たたく、もむなどのさまざまな触覚動作をロボットに認識させることができる。(2017/10/25)

VRニュース:
VR空間における立体音響シミュレーションの実証実験を開始
米DVERSEは、ゼンハイザージャパンと共同で、VR空間での立体音響シミュレーションの実証実験「PROJECT OMNIVERSE」を開始した。VR空間の中の建築デザインデータに対し、その場にいるようなリアルな立体音響を再現する。(2017/10/23)

NEDO/慶應義塾大学 General Purpose Arm:
腐ったミカンもつぶさずにつかめる「リアルハプティクス技術」搭載双腕ロボット
NEDOと慶應義塾大学は、身体感覚を伝送できる双腕型ロボット「General Purpose Arm」を開発。世界初をうたう「リアルハプティクス技術」を搭載したマスタースレーブ方式のロボットで、物体の硬さや柔らかさなどの触覚をありのままに伝えることができる。腐ったミカンの除去(選果)など、実用化に向けた取り組みも進められている。(2017/10/17)

「iOS 11.0.3」配信 触覚フィードバックやタッチ入力の不具合を解消
Appleが「iOS 11.0.3」を配信。iPhone 7/7 Plusの触覚フィードバックやiPhone 6sのタッチ入力に関連する不具合を解消。(2017/10/12)

CEATEC 2017:
ロボットの「触覚」をプリンテッドエレクトロニクスで実現
次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合は「CEATEC JAPAN 2017」で、プリンテッドエレクトロニクスによる高精度・高感度圧力センサーシートを披露。ロボットに装着して、接触による意思疎通のデモを行った。(2017/10/11)

第六感をデジタル化:
“第7の感覚器官”実現を目指す村田製作所の挑戦
村田製作所は2017年9月27日、雰囲気や親密度など説明が付きにくい情報をデジタル化、可視化することを目指す仮想センサープラットフォーム「NAONA」の実証実験を開始したことを発表。2017年10月3〜6日に開催されている展示会「CEATEC JAPAN 2017」で、NAONAのコンセプトデモを披露した。(2017/10/5)

ロボット開発ニュース:
世界初の力触覚制御を実現した双腕ロボット、「固くて柔らかい」矛盾を解決
NEDOと慶應義塾大学は、身体感覚を伝送可能な双腕型ロボット「General Purpose Arm」の開発に成功した。「世界初」とする力触覚に応じた制御により、力加減を調節し多様な作業を柔軟に行えることが最大の特徴。「固くて柔らかい」という矛盾した制御が必要な力触覚はどのように実現されたのか。(2017/9/29)

IoT社会を悪夢としないために:
強力なセキュリティをハードウェアで実現
IoT(モノのインターネット)システムにおいて、セキュリティ技術が重要性を増している。インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは、産業向けIoTでハードウェアによる高度なセキュリティソリューションを提案する。(2017/9/27)

VR事例:
空前絶後のVIVE登場でイェーッ!!(だけどCAVEも活躍中)――三菱重工における製造業VRと分類
三菱重工業のプロダクトデザイナー 山崎知之氏がHTC VIVEとの出会いと興奮を語る。廉価なVRを導入しつつも、従来のIPTシステムともすみ分けて、VRシステムを効果的に使い分ける。SCSKが2017年8月24日に開催した「SCSK VR Collaboration Seminar」より。(2017/9/26)

「東京ゲームショウ2017」総来場者数は25万人 昨年下回る
「東京ゲームショウ2017」総来場者数は25万4311人と、昨年の27万1224人を下回った。(2017/9/25)

「シャーロック・ホームズ」全作品を翻訳した英語学習法 TOEICにはオーバースペックな“最強単語帳”の作り方とは?
語彙力こそパワー。(2017/9/28)

東京ゲームショウ2017:
ラーメンやギョーザのニオイ再現 空腹誘う“嗅覚VR”
ラーメンやギョーザのニオイを再現する“嗅覚VR”が「東京ゲームショウ」に登場。(2017/9/22)

写真で見る「東京ゲームショウ2017」 最新VRコンテンツからコンパニオンまで
「東京ゲームショウ2017」前半戦・ビジネスデイが終了。VR(仮想現実)関連のタイトルから嗅覚を再現するデバイス、コンパニオンまで、会場の雰囲気を写真で振り返る。(2017/9/22)

東京ゲームショウ2017:
ドラゴンの炎でゲームコントローラーが熱く 「温度」「痛み」再現するデバイス(動画あり)
「熱い」「冷たい」「痛い」―――そんな感覚を、ゲームコントローラーからリアルに味わえるデバイスが登場。(2017/9/22)

東京ゲームショウ2017:
「ナマコ」のむにむにざらざらを再現した触覚VR アダルト参入も「慎重に検討」
東京ゲームショウ2017では、ナマコに触ることができる。バーチャル空間の中で。(2017/9/21)

東京ゲームショウ2017:
「東京ゲームショウ2017」開幕 国内企業の出展最多、VR・ARに熱視線
国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」が開幕。(2017/9/21)

Dell、Windows MR対応ヘッドセット「Visor」を350ドルで発売へ
Microsoftの「Windows MR」対応のDellのヘッドセットは「Dell Visor」という名称で、価格は349.99ドル。6自由度のコントローラは別売で価格は99.99ドルだ。発売はホリデーシーズンの見込み。(2017/8/29)

3Dプリンタニュース:
YouFab 2017開催、常識打ち壊すモノづくりの挑戦待つ
FabCafe Globalがデジタルファブリケーション分野のグローバルアワード「YouFab Global Creative Awards 2017」への作品応募を受け付けている。今回のテーマを「Rock it!」とし、常識を打ち壊すような挑戦を募集している。(2017/8/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「目隠しレストラン」が人気なのか
目隠しをして、肉が香ばしく焼ける音をヘッドフォンで聞きながら熟成肉を楽しむ「旬熟成 GINZA GRILL」が人気を集めているという。(2017/8/9)

情報化施工:
遠隔地に“触覚”を伝える新技術、大成建設がベンチャーと共同開発
大成建設は、力触覚提示デバイスの開発などを行うイクシーと共同で、力触覚伝達技術を利用した遠隔操作システムの開発に着手した。特殊なグローブで遠隔操作したロボットアームが感じた触覚情報を操縦者に伝えられるシステムを構築し、微細な手作業をロボットアームで行えるようにする。(2017/8/3)

ロボカップ2017名古屋世界大会:
巨大「カブトムシ」型ロボットに搭乗してきた 製作に11年、たった一人で
俺たちの夢がここに。(2017/7/31)

Microsoft Focus:
Microsoftの「AIの民主化」に込められた意味
ロンドンで開催されたイベント「The AI Summit」にて、Microsoftは「AI for Earth」という新たなプログラムを発表した。同社は近年さまざまな場で「AIの民主化」をうたっているが、ここでの発表内容も踏まえ、そこに込められた意味を考えてみよう。(2017/7/29)

ゲーセン向けVRマシンに「超 真・三國無双」登場 コーエーテクモ
コーエーテクモが今夏投入するアミューズメント向け「VRセンス」に、「三國無双」「DEAD OR ALIVE」などの新作を投入する。(2017/6/28)

2次嫁にも触れる:
空中に浮かぶ映像を手で触れられる投影ディスプレイ
アシストは、何もない空中に映像を表示できる空中結像システム「Floating Image Hyper Vision」を発表。触覚フィードバック対応モデルも用意される。(2017/5/31)

人とくるまのテクノロジー展 2017:
コンチネンタルが車載ディスプレイに有機EL採用、2018年から量産開発開始
コンチネンタルは「人とくるまのテクノロジー展2017」において、アクティブマトリクス式有機ELディスプレイパネルを採用した車載情報機器を出展した。(2017/5/26)

ITライフch:
ARはここまで身近に!現実世界を拡張する最新スマホ「ZenFone AR」とは
GoogleのAR技術「Tango」とVRのプラットフォーム「Daydream」を搭載するスマホ「ZenFone AR」。そのエンジニアリングサンプルを試用する機会を得たので、Tangoがどのようなものなのかを紹介します。(2017/5/25)

機械学習アクセラレーターなど:
IMEC、全く新しいAIチップの情報を公開
IMECはベルギーで開催された年次イベント「IMEC Technology Forum」でAI(人工知能)や機械学習に関連した新しい概念のチップに関する開発成果を公表した。(2017/5/23)

まるで未来のアクセサリー:
髪の毛で音を感じるヘアピン型デバイス「Ontenna」 いよいよ製品化?
ヘアピンのように髪の毛につけて、振動と光で音の特徴をユーザーに伝える。そんなデバイス「Ontenna」が富士通フォーラムで展示されている。学生時代から開発を進め、富士通のサポートを得ながら、製品化まで「あと一歩」という段階にまで到達した。(2017/5/17)

蓄電・発電機器:
5倍伸ばしても世界最高の導電率、印刷できる導体
東京大学と理化学研究所の研究グループは、元の5倍の長さに伸ばしても「世界最高」の導電率を示す伸縮性導体の開発に成功した。高い伸縮性が求められるスポーツウェア型のウェアラブル端末、ロボットに人間のような皮膚機能を持たせる上で必要不可欠な技術といえる。(2017/5/17)

「ゲームはゼロから作るものではない」 「キャンディークラッシュ」生みの親が語る“開発のコツ”
「キャンディークラッシュ」の開発者であるレゾリューションゲームスのトミー・パームCEOが、東京サンドボックスで「ゲームデザイン」について講演した。(2017/5/12)

Oculus創業者が一番好きなVRゲームは?──来日中のパルマー・ラッキーさん、“ぶっちゃけ話”を披露
来日中のOculus創業者パルマーさんが、ゲーム関係者向けイベントでVRの将来や自身の“ぶっちゃけ話”などを披露。実は「○○」が好き……?(2017/5/12)

「胸やパンストに顔を近づけて嗅ぐ」アダルトVR、開発者の“野望” 「VRでエロをしないといけない」
VR空間で、女の子の胸やパンストの匂いを嗅げるデモンストレーションが「Unite 2017 Tokyo」に登場。開発元の2社に狙いを聞いた。(2017/5/8)

ニコニコ超会議2017:
中身のないコップなのに、水やビー玉の存在感――“触覚系VRデバイス”開発の狙い
空のコップの中にビー玉や水が入っているかのように感じるデバイスが、ニコニコ超会議2017に出展されていた。開発の狙いは。(2017/5/2)

ニコニコ超会議2017:
NTT、触覚を用いた未来の電話を展示 動物の動きがリアルに連動
手の中にハムスターがいるみたい!(2017/5/1)

ニコニコ超会議2017:
明治の電話交換手の仕事を実体験! ニコニコ超会議NTTブースで通信技術の過去と未来を総ざらい
電話交換手ってこんなに大変だったのか……!(2017/4/29)

ハノーバーメッセ2017:
技術賞は“かしこいロボットハンド”、人とロボットの協働を実現に
ドイツ SCHUNKのスマート把持システム「JL1 co-act gripper」が、ハノーバーメッセ2017の「HERMES AWARD 2017」を受賞した。(2017/4/25)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 SONYの挑戦「The WOW Factory」
“IT界のパリコレ”ともいわれる、Music、Film、Interactiveを柱にした世界最大規模のイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポート。今回は、ソニーのブース「The WOW Factory」の“驚き!”満載な展示を紹介します。(2017/4/24)

Microsoft Innovation Award 2017最終選考会:
人工筋肉やVR/AR、仮想ロボット、FoodTech……、先端技術から生まれるプロダクトとは
2017年3月22日に人工筋肉やVR/ARなどの先端技術を活用するスタートアップ企業の取り組みを表彰するイベント「Microsoft Innovation Award 2017」の最終選考会が開催された。どのような最新技術でどのようなプロダクトが生まれているのか紹介する。(2017/4/20)

名古屋ものづくりワールド 2017:
サーボが生み出す“無重力”、ロボテックが作業支援ソリューションを提案
ロボテックは「第2回 名古屋ものづくりワールド」において、電動バランサー「Moon Lifter」をはじめとするサーボ技術による作業支援ソリューションを提案した。(2017/4/17)

ARをアニメで表現する難しさ――「劇場版ソードアート・オンライン」制作裏話、伊藤監督に聞く
近未来のAR・VR技術を題材にしたアニメ映画「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」。その制作裏話を、伊藤智彦監督に聞いた(※ストーリーの核心に迫るネタバレはなし)。(2017/4/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。