ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

  • 関連の記事

「Xperia A2 SO-04F」最新記事一覧

中古スマホはいくらで買える? 人気機種は?――「ゲオモバイル渋谷センター街店」に行ってきた
最近盛り上がりを見せている「中古スマホ」は、どんなモデルがあり、どれだけ安く購入できるのだろうか? 中古スマホや格安SIMの専門店「ゲオモバイル渋谷センター街店」を訪れ、“中古スマホの現場”を見てきた。(2015/12/28)

MVNOの深イイ話:
「SIMフリースマホ」選びで注意すべきこと
格安SIMとあわせて使える「SIMフリースマホ」は、既存の携帯キャリアのスマートフォンとは何が違うのでしょうか? また、選ぶときに、どんなところに注意すればいいのでしょうか?(2015/11/30)

最新スマートフォン徹底比較:
2015年前半の要注目SIMフリースマホを徹底比較――基本スペック&持ちやすさ編
2015年前半に発売されたLTE対応のスマートフォン6機種を比較していく。前編では、基本的なスペックや各機種の特徴、スペック表では読み取れない画面の視認性や持ちやすさをチェックした。(2015/8/13)

ドコモ、「Xperia A2 SO-04F」の不具合を解消するアップデートを実施
ドコモが「Xperia A2 SO-04F」向けに、動画再生に関する不具合を解消するアップデートを開始した。(2015/7/1)

悲劇は繰り返すのか:
ドコモのXperia ZやZ1でAndroid 5.0のバージョンアップが見送られた理由
日本でもXperia Z2やZ3でAndroid 5.0へのバージョンアップを導入することが発表された。が、ドコモのXperia ZやZ1は、バージョンアップの対象外となった。グローバルでは対象なのに、なぜ?(2015/6/8)

ボーズ、NCイヤフォン「QuietComfort 20」にブラックとホワイトの新モデル
ボーズは6月5日、ノイズキャンセリングイヤフォン「Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones」の新製品を発表した。新たにブラックとホワイトを用意。(2015/6/5)

「Xperia Z4」はなぜ海外では「Xperia Z3+」なのか?
同じスペックであるにもかかわらず、日本ではXperia Z4、海外ではXperia Z3+で発売されることになった新Xperia。何とも違和感がぬぐえないが、なぜこのような事態になったのか? ソニーモバイルのコメントと合わせて考えたい。(2015/5/31)

「でんぱ組.inc」の30機種対応スマホケース&きせかえアプリが登場
「でんぱ組.inc」のワールドツアーを記念し、30機種対応・全10デザインのスマートフォン向けケースとiOS/Android向け“きせかえアプリ”がリリース。(2015/5/22)

Z4とはココが違う:
“ツートップ”からの機種変に――お手頃&コンパクトだけど、かなり高性能な「Xperia A4」
ドコモが販売するソニーモバイルの「Xperia A4 SO-04G」。フラッグシップのXperia Z4や従来のXperia Aシリーズとの違いはどこにあるのだろうか。(2015/5/21)

SIMロックフリー? おサイフは?:
ソネットとソニーモバイルが「Xperia J1 Compact」を発売、「PLAY SIM」とセットで
4.3型のHD液晶にGレンズ付きの2070万画素カメラを搭載したコンパクトなスマートフォン「Xperia J1 Compact」を、ソネット、ソニーモバイル、イオンが4月20日に発売する。ソネットの「PLAY SIM」とのセット販売となる。(2015/3/19)

「Xperia Z3 Compact」レビュー 第1回――付属品、持ちやすさ、基本スペックをチェックする
Xperiaシリーズで人気の最新コンパクトモデル「Xperia Z3 Compact SO-02G」を数回に渡ってレビュー。第1回ではデザインやスペックについて取り上げる。(2015/3/6)

ソニーモバイル、ランニング向けアクサリーをセット価格で提供する「ウェアラブル×ランニング 応援キャンペーン」
ソニーモバイルコミュニケーションズが、ワイヤレスヘッドセットなどランニングに最適なアクセサリーを特別セット価格で販売する「ウェアラブル×ランニング 応援キャンペーン」第1弾を開始した。(2015/2/10)

SBIの2015年1月中古携帯/スマホ売上ランキング――「Xperia Z3 Compact SO-02G」が2カ月連続1位
2015年1月の中古携帯/スマホランキングでは、NTTドコモの2014-15冬春モデル「Xperia Z3 Compact SO-02G」が2カ月連続で1位に。auの端末も盛り返している。(2015/2/3)

「Xperia Z3 Compact SO-02G」が初の1位に――SBIの2014年12月中古携帯/スマホ売上ランキング
NTTドコモの2014-15冬春モデル「Xperia Z3 Compact SO-02G」が初の1位を獲得。また、10位以内にNTTドコモの端末が9機種ランクインした。(2015/1/7)

Xperiaユーザー限定:
アクセサリーを詰め合わせた4種類の「Xperia Store 福袋2015」が1月8日、販売開始
ソニーモバイルコミュニケーションズは、1月8日から「Xperia Z3 Musicパック」「SmartBand着せ替えパック」「Xperia Z3ハンズフリーパック」「Xperia Z3 Compactハンズフリーパック」といった4種類の福袋を販売する。(2015/1/5)

Z3相当の機能をコンパクトなボディに凝縮――「Xperia Z3 Compact SO-02G」
幅65ミリのボディに4.6型HDディスプレイを搭載したハイスペックなコンパクトスマートフォン「Xperia Z3 Compact SO-02G」が、ドコモから11月中旬に発売される。【画像追加】(2014/9/30)

どちらを選ぶ?:
国内発売前に予習――あらためて写真で見る「Xperia Z3」「Xperia Z3 Compact」
IFA 2014で発表され、国内での発売も表明されている「Xperia Z3」と「Xperia Z3 Compact」。サイズを除くとほぼ同スペックのこれら2モデルの見どころを、あらためて写真で見ていこう。(2014/9/26)

最大4万3200円:
KDDIも他社端末の下取りを発表 機種変時の「iPhone 5」下取り額がさらにアップ
他社端末の下取りによるキャッシュバック競争にKDDIも参入し、国内他社のiPhone 5sとGalaxy S5を最大4万3200円で下取ると発表した。(2014/9/17)

5.5型って大きすぎません?:
「大きいスマホは欲しくない」人のための小型スマホ5選
大画面スマホが主流になりつつあるが、携帯性や操作性の面で、画面と本体サイズが小さなスマホを好むユーザーがいる。そんな一人である筆者が選ぶベスト5とは?(2014/9/11)

イード、スピード測定アプリの分析結果を発表――全国的にauが優位
イードは、スマートフォン向けスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」の分析データを公開。全国、都道府県、地方別をはじめ5大都市でもauが優位となった。(2014/9/8)

過去機種とスペックで比較――「Xperia Z3/Z3 Compact」はココが進化した
IFA 2014の開催に合わせて発表された、ソニーモバイルのフラッグシップモデル「Xperia Z3」。Z2やZ1からはどこが進化したのだろうか? 同時に発表された「Xperia Z3 Compact」もあわせて、スペックを比較しながらチェックした。(2014/9/8)

ギルドデザインのアルミ削り出しケース「ソリッドバンパー」にXperia A2用が登場
ギルドデザインが、NTTドコモのスマートフォン「Xperia A2 SO-04F」向けバンパーを発売する。(2014/8/21)

NTTドコモ、「Xperia A2 SO-04F」で音声が途切れる不具合を改善
NTTドコモが、ソニーモバイル製スマートフォン「Xperia A2 SO-04F」のアップデートを開始。特定の条件下で通話音声が途切れる不具合を改善する。(2014/8/19)

最新スマートフォン徹底比較(2014年夏モデル編):
ドコモおすすめ4機種レビュー(第2回)――バッテリーの持ちを比較する
ドコモの2014年夏モデルは、いずれも大容量のバッテリーを搭載しているが、実際のスタミナはどうか? YouTubeの連続再生、静止画の連続表示、待受時のテストを実施した。(2014/8/13)

イード、東京・大阪におけるキャリア最新端末の「RBB TODAY SPEED TEST」分析リポート
イードは、スマートフォン向けスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」の計測データのうち、東京・大阪における各キャリア最新端末の通信環境比較を公開した。(2014/7/22)

ロア、「ZENUS」ブランドのXperia A2専用ケースを販売開始
ロア・インターナショナルから、「ZENUS」ブランドのXperia A2専用ケースが登場した。ケースを装着したまま、純正卓上ホルダを使える点が特徴だ。(2014/7/7)

開発陣に聞く「Xperia Z2 SO-03F」(2):
静止画も動画も“思い出画質”に――「Xperia Z2」で進化したカメラの秘密
Xperia Z1のカメラはハードの進化がめざましかったが、Xperia Z2では4K動画の撮影が可能になり、静止画の画質も地道なチューニングによりブラッシュアップしている。Z2のインタビュー第2回ではカメラの秘密に迫った。(2014/7/4)

Mobile Weekly Top10:
米Amazon.comがオリジナルスマホ「Fire Phone」を発表
ユーザーが見聞きしているものを認識して、Amazonで検索できる「Firefly」や、複数のカメラとセンサーを使った3D表示システム「Dynamic Perspective」を搭載した。(2014/6/23)

Xperia A2購入者に、SmartWatch 2とスマートイメージングスタンドを特別価格で
「Xperia A2 SO-04F」購入者を対象としたSmartWatch 2「SW2」とスマートイメージングスタンド「IPT-DS10M」の特別価格キャンペーンが始まった(2014/6/19)

ドコモ、4.3型コンパクトスマホ「Xperia A2 SO-04F」を6月19日に発売
ドコモはソニーモバイルの4.3型スマホ「Xperia A2 SO-04F」を6月19日に発売すると発表した。背面素材はマットな質感の樹脂を採用している。(2014/6/16)

「Xperia Z2 SO-03F」ロードテスト 第1回:
Xperia Z2のバッテリーはどれだけ持つ?――Z1と比較してみた
Xperia Z1よりもバッテリー容量が増え、ドコモ計測による「実使用時間」も向上しているXperia Z2。実際のスタミナはどうなのか? Z1と比較しながら計測してみた。(2014/6/7)

最新スマートフォン徹底比較(2014年夏モデル編):
スマホ夏モデル丸分かり比較――基本スペック、通信サービス編
2014年夏モデル14機種のスペックをまるっと比較するコーナーの第3回では、基本スペック、通信サービスについてまとめた。どんな機能が搭載されているのか見ていこう。(2014/6/4)

ベーシック、「Xperia Z2 SO-03F」対応ケースの取り扱いを開始――2014年夏モデル4機種に対応
ベーシックの「phocase」に、ドコモの「Xperia Z2 SO-03F」対応アイテムが登場。2014年夏モデルのGalaxy S5、Xperia ZL2、Xperia A2に加え、4機種を取り扱うことになる。(2014/6/3)

週末は汗をかきかきお買い物:
ここから選ぶ! Xperia Z2/ZL2対応スマートフォンケース
NTTドコモとKDDIから夏モデルとして登場したXperia Z2/ZL2が出荷開始。本体買ったらケースも探しに出かけてみない?(2014/5/30)

最新スマートフォン徹底比較(2014年夏モデル編):
スマホ夏モデル丸分かり比較――メモリ、バッテリー容量編
2014年夏モデルの横並び比較の第2回では、メインメモリやストレージ、バッテリー容量など、スマホを使い倒す上で重要なスペックを比べてみた。(2014/5/30)

Mobile Weekly Top10:
ドコモが「iPad」発売、ソフトバンクとauは割引と“2台持ちプラン”の見直しで対抗
ドコモが6月から、iPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデルを販売。それに先駆けて、ソフトバンクとauが端末の割り引きや2台持ちプランの見直しを発表した。(2014/5/29)

最新スマートフォン徹底比較(2014年夏モデル編):
スマホ夏モデル丸分かり比較――本体サイズ、ディスプレイ、カメラ編
ドコモ、KDDI、ソフトバンクが2014年夏モデルとして投入したAndroidスマホ全14機種。今回は本体サイズと画面サイズ、カメラ機能に注目して各機種のスペックを比べた。(2014/5/28)

目的別にざっくりチェック――夏モデル、どれを選ぶ?
ドコモ、au、ソフトバンクの夏モデルが出そろった。全体的に機種数は絞られているが、それでも計20種類以上の多彩なラインアップとなった。現在発表されているモデルの中から、目的別にオススメのモデルをピックアップした。(2014/5/27)

ブライトンネット、Xperia A2/Z2/ZL2向け液晶保護ガラスフィルムを発売
液晶画面を衝撃から守るXperia A2/Z2/ZL2向けガラスフィルムが登場。汚れがつきにくく拭き取りやすい特殊表面加のほか、飛散防止処理などを施している。(2014/5/26)

石野純也のMobile Eye(5月12日〜23日):
ドコモ夏モデルとVoLTEの狙い/好発進の「au WALLET」/au回線を活用した「mineo」の新しさ
この2週間は、ドコモ夏モデルの発表や、ケイ・オプティコムのMVNO参入、au WALLETの開始など、モバイル業界のニュースがにぎわった。今回はこれら3つを取り上げたい。(2014/5/23)

AやZ1 fとの違いは?:
写真で解説する「Xperia A2 SO-04F」
2013年春に“ツートップ”の1台として大きな支持を受けた「Xperia A」。その後継機が「Xperia A2」だ。ソニーファンはもちろん、スマホ初心者を意識してデザインと使いやすさを重視した。(2014/5/23)

ふぉーんなハナシ:
ドコモ夏モデルの“実使用時間”はどれくらい?
自分の利用状況に基づいたシミュレーションもできます。(2014/5/22)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの発表会で取材陣に人気だったあのサービス
5月14日に行われたドコモの夏モデル発表会。新モデルや「VoLTE」などの新サービスに混じって、取材陣の注目を集めるコーナーがあった。(2014/5/20)

Xperia Z2は在庫なし:
ドコモ夏スマホ 一括価格は8万円台、実質価格は1万円台から
ドコモ新機種の価格がオンラインショップで案内されている。一括価格と実質価格を見ていこう。(2014/5/20)

動画で見る「Xperia A2 SO-04F」
ドコモの「Xperia A2 SO-04F」は、外面にマットな樹脂を使った4.3型HDスマホ。メインカメラにはソニーならではの「Gレンズ」を搭載した。(2014/5/15)

ドコモの2014夏モデル、4K動画の記録・再生とH.265/HEVCに対応――「dビデオ」はHD化
NTTドコモが発売する2014夏モデルが4K動画の記録・再生と動画圧縮規格「H.265/HEVC」に対応。dアニメストアでもH.265/HEVC対応コンテンツを配信する。(2014/5/14)

ドコモと任天堂が「かんたんテザリング for ニンテンドー 3DS」を共同開発――2014年夏モデルから対応
NTTドコモと任天堂がスマートフォン用アプリ「かんたんテザリング for ニンテンドー 3DS」をリリース。2014年夏モデルのスマートフォン5機種、タブレット2機種から順次対応していく。(2014/5/14)

緊急時節電機能も装備:
NTTドコモ、国内初の「VoLTE」対応スマホ/タブレットなど2014夏モデルを発表――フィーチャーフォンの新機種も
ドコモが2014年夏モデルを発表した。スマートフォン4機種とタブレット2機種が「VoLTE」と効率のアップした「急速充電2」に対応。さらにすべてのスマホが、いざというときにバッテリーの駆動時間を延ばせる緊急時節電機能を装備した。(2014/5/14)

ソニーモバイル、「Xperia Z2」「Xperia A2」を日本市場に導入
ソニーモバイルが、2014年のフラッグシップモデル「Xperia Z2」と、コンパクトな「Xperia A2」を、5月下旬以降に日本市場へ導入することを発表した。(2014/5/14)

背面がマットに:
4.3型ディスプレイ+「Gレンズ」搭載のコンパクトスマホ――「Xperia A2 SO-04F」
ソニーモバイルの「Xperia A2 SO-04F」はドコモオリジナルのスマートフォンで、2013年冬に発売された「Xperia Z1 f SO-02F」の兄弟機ともいえる。背面素材はガラスではなく、マットな質感の樹脂に変更されている。(2014/5/14)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。