ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「音声合成」最新記事一覧

「ハイ、エクスペリア」──ソニー、家族をつなぐコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」発表
人感センサーやカメラで家族の顔を認識し、生活情報を伝えたり、LINEやSkypeと連携して通話やメッセージの送受信をしたりできる。(2017/10/17)

製造ITニュース:
コーディングなしでAI開発ができるAI基盤を実用化
NTTデータ イントラマートは、コーディングなしでAIを組み込んだ業務アプリケーションを開発できる、intra-mart AI基盤を実用化した。2018年度の製品化を目標としている。(2017/10/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
「AIアナウンサー」年間1000円の衝撃
エフエム和歌山が「ナナコ」と名付けたAIアナウンサーの運用を始めている。年間で掛かる費用は1000円程度だという。さまざまなAI機能が安価で簡単に買える時代、ビジネスの現場では何が起こるのか。(2017/10/12)

MONOist10周年特別寄稿:
ママさん設計者はこう思う「モノづくり界の今までの10年、これからの10年」
MONOist開設10周年に合わせて、MONOistで記事を執筆していただいている方々からの特別寄稿を掲載しています。今回は「ママさん設計者」シリーズを執筆していただいているMateriai工房テクノフレキスの機械設計者、藤崎淳子氏による寄稿です。(2017/10/11)

マストドンつまみ食い日記:
Google Home、Amazon Echo 音声合成だけのマストドンアプリとかどう?
日本は今、空前のスマートスピーカーブームです。(2017/10/5)

Google Assistantの「リアルな機械音声」 作ったのはDeepMind
囲碁AI「AlphaGo」などを開発したDeepMindが、「Google Assistant」の機械音声を新たなアルゴリズムで開発した。(2017/10/5)

「Google Home」を使うメリットを整理する
「Google Home」が10月6日に発売される。いわゆるスマートスピーカーだけど、何ができて、どんなメリットがあるのか? 5日の発表内容をもとにまとめた。(2017/10/5)

ボタンを押すだけで会話を翻訳:
翻訳デバイス「ili」が示すインバウンド事業の未来
「京都スマートシティエキスポ2017」で開催された講演に、ログバーの山崎貴之COOが登壇。スティック型の音声翻訳デバイス「ili」を活用した訪日外国人向け施策に関する説明を行った。(2017/10/5)

「私の一部はスタンフォード大学で開発されました」:
「ナイトライダー」の「K.I.T.T.」を、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画やテレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第2回は「ナイトライダー」だ。(2017/10/4)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン初のバルス祭り、Pawooはサーバリソース実況
既に対策を終えたPawooは、pixiv Sketch LIVEでサーバの負荷状況を実況する。(2017/9/29)

LINE「Clova」開発者が語る「日本語入力の難しさ」 次は「話者の認識」目指す
LINEのスマートスピーカー「WAVE」に搭載された「Clova」の技術とは?(2017/9/28)

ロボット開発ニュース:
トヨタとNTTが行動支援ロボットを共同研究、展示会場で実物と触れ合える
NTTとトヨタ自動車は、パートナーロボットを使った日常生活の行動支援の実現に向けた共同研究を開始した。NTTグループ各社が持つ人工知能技術「corevo」と、トヨタ自動車が開発を進めている生活支援ロボットを組み合わせる。(2017/9/26)

ドラマ「トットちゃん!」のPRで活用:
黒柳徹子さんそっくりのロボット登場 しぐさや声も再現
電通など4社が、タレントの黒柳徹子さんにそっくりなロボット「totto(トット)」を共同開発した。(2017/9/14)

黒柳徹子さんの等身大アンドロイド「totto」、電通など開発 「徹子の部屋」42年分のデータから音声合成
黒柳徹子さんをモデルにした等身大アンドロイド「totto」を電通などが開発。「徹子の部屋」42年分のデータを基に音声を合成したという。ご本人も「そっくり」とコメント。(2017/9/14)

黒柳徹子のアンドロイド「tott」が誕生 42年分の会話データから音声を再現、徹子さんにむちゃぶりする動画も
アンドロイド研究の第一人者である石黒浩教授が監修しています。(2017/9/14)

ものになるモノ、ならないモノ(74):
ボーカロイド教育版と「プログラミング的思考」は“AIリテラシー”を育むか
文部科学省が小学生向けの「プログラミング教育」で使い出した「プログラミング的思考」とは何なのか。国算理社といった既存教科で養えるものなのか。AI時代を見据えた教育はどうあるべきか。本稿では、音楽の授業における「ボーカロイド教育版」の利用例なども紹介しつつ、10年後、20年後の日本を担う小学生向けのプログラミング教育について考えてみたい。(2017/9/14)

Over the AI ―― AIの向こう側に(14):
開き直る人工知能 〜 「完璧さ」を捨てた故に進歩した稀有な技術
音声認識技術に対して、長らく憎悪にも近い感情を抱いていた筆者ですが、最近の音声認識技術の進歩には目を見張るものがあります。当初は、とても使いものにはならなかったこの技術は、なぜそこまでの発展を遂げられたのか――。そこには、「音声なんぞ完璧に聞き取れるわけない!」という、ある種の“開き直り”があったのではないでしょうか。(2017/8/29)

マストドンつまみ食い日記:
Tootdon、Androidにも対応
既に予告されていたが、iPhone版と同じ機能がAndroidでも使えるようになった。(2017/8/23)

「ニーズは全然なかった」 ゲームAI“第一人者”が歩んだ苦悩の20年間
「日本初」のゲームAI専業企業・モリカトロンが登場。創業者の森川幸人さんは、この20年間「ゲームAIのニーズは全然なかった」と振り返る。なぜ、いまゲームAIが必要なのか。(2017/8/21)

製造ITニュース:
「声」を集めて使う基盤を開発、新たなビジネスモデル創出へ
東芝デジタルソリューションズは、東芝コミュニケーションAI「RECAIUS」の音声合成技術を活用し、「声」を収集、蓄積、提供するプラットフォーム「コエステーション」(β版)を開発した。(2017/8/16)

バーチャル女子アナ「沢村碧」、ソニーが提供開始 原稿を自動読み上げ
バーチャルアナウンサーが原稿を読み上げる「アバターエージェントサービス」を、ソニーが提供開始。入力した原稿を音声へ自動変換するCGキャラクターだ。【訂正】(2017/8/3)

“AIアナウンサー”がラジオ放送 Amazonの音声合成技術で
コミュニティーFMを運営するエフエム和歌山が、AIサービス「Amazon Polly」を使ったラジオ放送を7月に始めた。ニュース原稿を自動で読み上げるという。(2017/8/1)

「サービスとしてのAI」を提供するクラウドベンダー4社
徹底比較:AIに本気なAWS、Azure、Google、IBM 各社の違いとは?
AI(人工知能)への関心が高まる中、今後、多くのITプロフェッショナルがクラウドでAIを試すだろう。だがAWSやAzureなど次々と登場するAIサービスの中から選択するのは容易ではなさそうだ。(2017/7/19)

Microsoft、視覚情報を音声で伝えるiPhoneアプリ「Seeing AI」公開
バーコードで製品の情報を読み取り、人の表情も伝えてくれる。(2017/7/13)

プロ声優を起用した音声合成用データ、無償公開 研究用途に期待
プロの声優が発声した、音声合成ソフトの作成や言語研究などに使われるデータを公開。(2017/6/27)

俳優の声をそのまま吹き替え音声に リアルタイムの翻訳&音声再生技術「BabelOn」が開発に向け支援を募集中
音声のデータ収集と分析・機械学習による音声合成技術です。(2017/6/26)

特集: 音声合成APIの活用:
音声合成APIを使用して、C#でテキスト読み上げアプリを作成しよう
入力したテキストから人工的な音声を出力する「音声合成」をC#で行う1つの手法として、docomo Developer supportの音声合成API(エーアイ提供のサービス利用)を活用する方法を紹介する。(2017/6/23)

車載アシスタントをより賢く、便利に:
AI搭載コネクテッドカー向けプラットフォーム「Dragon Drive」、自然言語認識で「同乗者の声の識別」にも対応
ニュアンスがコネクテッドカー向けプラットフォーム「Dragon Drive」の機能を拡充したと発表。AIを用いた音声対話と認知機能を、運転者に加えて同乗者にも対応させた。(2017/6/20)

de:code 2017基調講演(前編):
「インテリジェンス」はシステム開発とユーザー体験をどのように変えていくのか
日本マイクロソフトは2017年5月23、24日に「de:code 2017」を開催。基調講演では、AI(人工知能)が今後のシステム開発やユーザー体験にどのような変化を起こしていくのか、多数のデモを交えて紹介された。(2017/6/1)

ロボット開発ニュース:
高齢者向けコミュニケーションロボットの生活改善効果に対する実証実験を開始
NTTデータは住環境研究所と共同で、一般住宅などにおいてコミュニケーションロボット「Sota」が、高齢者の生活改善に効果があるか否かの実証実験を開始する。(2017/5/31)

AIを活用して:
人の思いを理解する、自動運転時代のコックピット
東芝は、「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC 2017)」において、自動運転時代の対話するコックピットを想定した自動車IoT(モノのインターネット)ソリューションのデモ展示を行った。コミュニケーションを想定したAI(人工知能)技術である「RECAIUS(リカイアス)」を使っている。(2017/5/12)

ESEC2017&IoT/M2M展:
2分の1サイズのタチコマがお出迎え、「ESECにようこそ!」
エーアイは、「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」において、アニメ「攻殻機動隊」の多脚戦車「タチコマ」の2分の1モデルを展示。アニメと同じ声でさまざまなせりふを話し、来場客を出迎えていた。(2017/5/11)

マストドンつまみ食い日記:
最高の「ながらタイムライン」ツールを見つけた
タイムラインを流しっぱなしにして、ほかの作業ができます。(2017/5/8)

ニコニコ超会議2017:
“ロボット大喜利”開幕 人工知能がボケる 来場者の表情でウケたか判定
昨年に続き、ロボットが大喜利に挑戦するデモを、NTTがニコニコ超会議に出展。人工知能(AI)技術を活用し、来場者のお題に「真面目に面白い回答」を返すという。(2017/4/29)

「エンジニアに無理と怒られた」――熱烈“攻殻”ファンが思い込めた「1/8タチコマ」開発の舞台裏
アニメ「攻殻機動隊」の「タチコマ」を、Cerevoが1/8サイズで再現。音声認識機能を備えるなど、市販ロボットと比べると「やり過ぎた」という高機能な製品だ。そんなタチコマには、社内でも上位に入るほど“攻殻ファン”の開発者の思いが込められている。(2017/5/9)

「VOICEROID2 結月ゆかり/琴葉茜・葵」発売 怒り・喜びなど“感情表現”細かく
1画面で複数キャラを会話させる「マルチボイス」機能、喜びや怒りを細かく表現する機能などを追加する。(2017/4/25)

認識系API活用入門(3):
テキスト→音声変換の「Text To Speech API」の使い方と、2017年3月現在のWatsonとの違い
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。今回は、Text To Speech APIの概要と使い方を解説し、他のサービスとの違いを4パターンで検証する。(2017/4/5)

「バーチャル女子アナ」テレビデビュー 「沢村碧」がニュース読む
ソニーが開発した「ニュースマネージャー」を活用する。(2017/3/31)

バーチャルアナウンサー「沢村碧」がテレビ初登場 静岡放送の生放送ワイド番組で「週末情報コーナー」を担当
音声合成とCGアニメーションで原稿を読み上げます。(2017/3/30)

「攻殻機動隊」のタチコマ、走って話せて並列化もできる1/8スケールロボに
スマホアプリと連動し、遠隔操縦やネット連携を実現。(2017/3/23)

攻殻機動隊「タチコマ」リアル再現、8分の1サイズで発売 音声認識でおしゃべり、“並列化”も
スマホで遠隔操作したり、少佐の物まねをしたりする機能も。(2017/3/23)

インターネット、声優「田中あいみ」さんの声をベースにした文章読み上げソフト
インターネットは、声優の田中あいみさんの声を基にした音声合成エンジン採用の文章読み上げソフト「音街ウナTalk Ex」を発表した。(2017/3/14)

半径300メートルのIT:
Appleが1989年に描いた、人間の能力を拡張するITは今
Appleが1989年に制作した「Chapter One」というコンセプト映像に、障害のある人が、ITの力で健常者よりも高い能力を得られる、という未来が予見されていました。それから四半世紀を経た今、ITは大きく進化しています。(2017/3/7)

Mobile World Congress 2017:
LINE、五感を持つAI「Clova」発表 2017年夏にスマートスピーカー発売
LINEがMWCでAIプラットフォーム「Clova」を発表。目、鼻、手、口、耳の五感と頭脳を持つ。対応デバイスのスマートスピーカーを発売する。(2017/3/2)

成田空港に人間そっくりな案内用ロボット「kokoro」登場 保険カウンターでの利用は全国初の試み
サンリオの子会社・ココロなどが開発し、実証実験を行っています。(2017/3/2)

Over the AI ―― AIの向こう側に (8):
陰湿な人工知能 〜「ハズレ」の中から「マシな奴」を選ぶ
「せっかく参加したけど、この合コンはハズレだ」――。いえいえ、結論を急がないでください。「イケてない奴」の中から「マシな奴」を選ぶという、大変興味深い人工知能技術があるのです。今回はその技術を、「グルメな彼氏を姉妹で奪い合う」という泥沼な(?)シチュエーションを設定して解説しましょう。(2017/2/28)

やしろあずきの調査―― 懐かしき「面白Flash」時代、思い出に残る数々の名Flash作品を振り返ってみた
懐かしさとともに封印したい記憶まで呼び起こされるやつ。(2017/2/17)

人工知能がリアルタイム翻訳「KDDI AI翻訳」登場 ディープラーニング活用
AIを活用したリアルタイム翻訳アプリ「KDDI AI翻訳」と、オペレーターがタブレット画面越しに通訳してくれる「KDDI TV通訳」を、KDDIが法人向けに提供。(2017/2/15)

実在の声優事務所に“合成音声キャラ”が正式所属 きっかけは? 開発元に聞く
カプコンのゲームに登場する合成音声キャラクター「ツクモ」が、声優事務所「響」に所属。きっかけと狙いを聞いた。(2017/2/9)

エンジニアを愛し、エンジニアに愛されたイベント!:
空前絶後のAI、VR、IoT、そしてYouTube! 全ての技術を使ったマッシュアップの産みの親! 超絶怒涛のMA2016決勝戦!!
全国の「ネタ好き」エンジニアにとって、もはや1年を締めくくる恒例行事となった感がある「Mashup Awards」のファイナルステージ(決勝戦)が、2016年12月17日に東京・品川の寺田倉庫で開催された。本稿では、決勝戦でプレゼンが行われた全14作品の概要と審査結果をお伝えする。(2017/2/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。