ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「梅田望夫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「梅田望夫」に関する情報が集まったページです。

藤井聡太五段を見たときに感じる「口の奥の苦み」――プロ棋士を目指した“元奨”作家が振り返る「機会の窓」
かつて、同じ夢を見ていた。(2018/2/9)

任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
どうやってWiiのコンセプトを広く伝えていったのか?
「ゲーム人口の拡大」という任天堂・岩田社長の言葉の下で、徐々に「Wii」のコンセプトが形作られました。しかしそれは当時のゲーム市場においてあまりにも斬新だったため、そのコンセプトを社内、そして社外へと伝えていくのに悪戦苦闘したのです。(2016/5/20)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

第三次ブログ連戦争へ:
なぜ2ちゃんねるは「転載禁止」を選んだのか――「まとめサイトVS住民」繰り返す歴史
「2ちゃんねる」の人気板が相次いで転載禁止になり、まとめサイトは岐路に立たされている。そもそもまとめサイトはどのようにして影響力を持つようになったのか。ネットの歴史をたどる。(2014/3/6)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/1/27)

いいね!の気持ちをコーヒー1杯に託そう KDDIも注目する「giftee」、ソーシャルギフトの挑戦
Facebookで知り合いの交際ステータスが婚約中に変わったら「おめでとう」とケーキをプレゼント――SNSでプチギフトを贈れるサービス「giftee」を使うと、こんなことができる。「インターネットには、ほんとに小さな感謝やお祝いの気持ちを送るタイミングがたくさんある」と開発者は狙いを語る。(2012/1/27)

思いがあればできる。“ワクワク”にふたをしないで――好きを貫き起業したCyta.jp創業者
「ヒト・モノ・カネ・技術はあとからついてくる。お金がないから、技術がないから起業できないなんてのは嘘だ」。プライベートレッスンの講師を紹介するネットサービス「Cyta.jp」創業者は、「好きなら続けられる。本気で続けられれば成功する」と信じている。(2011/9/1)

電子書籍時代、文芸が生き残るために 芥川賞作家・平野啓一郎さんに聞く
「電子書籍はデリケートな時期。継続的に成り立つ仕組みを考えるべき」――芥川賞作家の平野啓一郎さんは、電子書籍の値崩れや、拙速な出版社不要論にクギを刺す。(2010/12/10)

サンデル教授「これからの正義の話をしよう」が電子書籍に 梅田望夫さんの“成長する本”も発売
ハーバードの人気講義をもとにしたサンデル教授のベストセラーが電子書籍化。梅田望夫さんの「iPadがやってきたから、もう一度ウェブの話をしよう」も配信開始。(2010/8/19)

サイエンスフューチャーの創造者たち:
技術に「希望を見いだしたい」――「東のエデン」神山監督×セカイカメラ井口氏
ARサービス「セカイカメラ」の開発者・井口尊仁氏とともにネットやテクノロジーの未来を探る連載企画。第2回はARが若者の情報インフラとして描かれるアニメ「東のエデン」の神山監督を迎え、作品に込められた思いや、現実のネットサービスとの関わりを読み解く。(2010/5/21)

広がれエンジニアの輪:
第5回 檀上伸郎――「はてな」と「けもの道」
エンジニアにとって仲間とはどういう存在なのだろうか。極端なことをいえば、自分1人で作業が完結できてしまうエンジニアにとって、仲間とのコミュニケーションにはどんな意味があるのか。エンジニア同士のネットワークを通じて、エンジニアにとっての仲間とは何かを探る。(2010/4/22)

経営陣が若いほど高収益って……本当?
「40代社長」というのが、ニュースになりにくくなった昨今。取締役の平均年齢が若い企業ほど、収益力が高いというデータがある。年齢と収益力に何らかの“関係”があるとしたら、それはどんなものだろうか?(2009/7/8)

プログラミングだけじゃない、SEのお仕事:
SEの仕事は「人とコンピュータをつなぐこと」
「SE(システムエンジニア)って、プログラミングをする人でしょ?」と思っていたら大間違い。予想以上にいろいろな仕事をしているのだ。SEとはどんな仕事なのかを学生記者が探る。(2009/6/12)

オルタナブログ通信:
Amazonに採用してほしいこんな機能、あんな機能
6月13日に4周年を迎えるビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、200組を超えるブロガーが日々ITにまつわる時事ネタなどを発信している。今週はその中から、「Twitter」「Amazon」をテーマに紹介する。(2009/6/12)

PSP go、買うべきか……
「PSP go」が発表された先週、関連する記事が3本ランクインした。(2009/6/8)

Web、はてな、将棋への思い 梅田望夫さんに聞く(後編)
Webも将棋も、最先端・最高峰を見せてくれる点が好きなのだと梅田さんは話す。はてなの米国行きは「難しいと分かっていた」が、近藤社長への期待は揺るがない。(2009/6/2)

日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く(前編)
「ウェブ進化論」から3年。梅田望夫さんは日本のWebが「米国とはずいぶん違うものになっちゃった」と残念がる。Twitterの“はてブコメント事件”についても聞いた。(2009/6/1)

新入社員「ハチロク世代」に秘められた、ゼロ成長時代の未来とは?
今年の新入社員である「ハチロク世代」(1986年前後生まれ)が気になっている、という人も多いだろう。小学校の前半には「Windows 95」が発売されるなど、インターネット普及とともに育った世代は、どのような考え方をしているのだろうか?(2009/5/11)

特集:「ハチロク世代」がやってくる(5):
「ハチロク世代」がIT業界を変える日
IT/Web業界を席巻(せっけん)した「ナナロク世代」から10年。1986年生まれの「ハチロク世代」がIT業界を変える日が迫っている。コミュニティ「ハチロク世代」中心メンバーの座談会から、新しい世代がIT業界にもたらす変化を探る。(2009/4/17)

5分で絶対に分かる:
5分でわかるクラウド・コンピューティング
なぜいま、クラウド・コンピューティングなのか。過去の類似コンセプトとの相違や、クラウドの階層と提供事業者、普及度は?(2008/10/14)

ITは、いま:
鎌倉の自宅ではたらく、父子2人のIT企業
26歳の息子が社長。社員は父1人。鎌倉山のすそ野にある自宅から、「スケベ」で便利なネットサービスと、人の役に立つ企業システムを発信する。(2008/5/2)

ゆるいつながり目指した掲示板「ミルフィール」
Twitterのようなひと言掲示板に、「みんな仲良く」「悪口言わない」などルールを設定して共有できる「ミルフィール」が公開された。「ゆるーいコミュニティーサイトにしたい」という。(2008/3/6)

自分戦略を考えるヒント(1):
エンジニアは“起業家マインド”で生き残る 〜まずは自分だけの「近代五種競技」を探そう!〜
はじめまして。堀内浩二と申します。このたび縁あって@IT自分戦略研究所で、皆さんと一緒にITエキスパートの自分戦略を考えていくこととなりました。このコラムでは、自分戦略を考えるヒントになりそうな事柄をざっくばらんに書き連ねていくつもりです。その中でわたしの自己紹介や起-動線の提案している「意志決定のフレームワーク」も織り込んでいこうと考えています。(2008/1/22)

小飼弾氏に聞く: 会議についてどう思いますか?
会議、そしてコミュニケーションは、ネットで大きく変化したと言われる。“会議”という場も実は大きな変化を遂げている。アルファブロガーでオープンソースプログラマーの小飼弾さんに、会議、そしてコミュニケーションについて聞いてみた。(2008/1/16)

“案外不確か”な「群衆の叡智」を語り尽くすシンポジウム
次代のソフトウェア産業の革新はノウハウの“囲い込み”によってなし得るのか、それとも“共有”によってなし得るのかなし得るのか。“群衆の叡智”が有効に働くコンセプトを明確しようとするシンポジウムが11月1日に開催される。(2007/10/19)

デジタルワークスタイルの視点:
ブームに乗り遅れた人へ――フラットな人脈作りに「ブログのススメ」
ブログというと個人的な出来事をつづる日記的なサービスをイメージする人も多いかもしれません。ところがブログを上手く利用すれば、ビジネスパーソンにとって心強い味方になってくれるのです。(2007/5/30)

デジタルワークスタイルの視点:
ブラウザでリアルタイムチャットができるサービス3連発
プロジェクトやグループのコミュニケーションに活用できるインスタントメッセンジャーですが、IMを業務で利用することを禁止している企業もあります。どうしても利用したいときは、どうしたらいいのでしょうか。(2007/5/9)

Amazon.co.jp、ポイント制導入
「Amazon.co.jp」で、商品購入に応じてポイントが貯まり、1ポイント1円として決済に利用できるサービス「Amazonポイント」を開始した。海外のAmazonにはポイント制はなく、日本独自のサービスとなる。(2007/2/1)

Web2.0と金融の接点――SBI北尾社長に聞く(前編):
「10年前から予見していた」 Web2.0を顧客拡大の新手法に
SBIの北尾社長は、検索をベースにした金融サービス構築を計画したり、新入社員に「ウェブ進化論」を読ませて感想文を書かせるなど、「Web2.0」と呼ばれる流れに積極的に関わろうとしている。Web2.0と金融業との接点はどこにあるのだろうか。北尾社長に聞いた。(2007/1/18)

Biz.ID執筆陣が贈る:
今年の一押し──吉田有子
『ザ・サーチ』「Voice Trek V-50」「月形半平太メールサービス」──。(2006/12/27)

デジタルワークスタイルの視点:
インターネット時代のお手軽英語勉強術――“最後の手段”編
1カ月にわたって掲載してきました英語勉強術。最後の今回は、これまでのやり方で、どうしてもやる気がでない人向けに“最後の手段”をご紹介します。(2006/11/8)

デジタルワークスタイルの視点:
インターネット時代のお手軽英語勉強術――リーディング編
英語は勉強したいけど、社会人だと仕事が忙しくて勉強するヒマがない――。そんな人にオススメのインターネット“お手軽”英語勉強術をご紹介します。(2006/10/11)

ネットベンチャー3.0【第9回】:
mF247の丸山茂雄さんが考えた「焼きそば屋的Web2.0ビジネス」(下)
佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。大手レコード会社の垂直統合モデルの揺らぎを感じていた丸山氏は、音楽ダウンロード無料の「mF247」で何を目指しているのだろうか。(2006/9/22)

IT変革力【第16回】
ネットコミュニケーション中心企業の創造性が弱い理由
ネットコミュニケーションを中心に活動を行う企業は「あちら側の企業」と呼ばれています。しかし、経営者からは「社員から同じようなアイデアばかりが出てくる」といった声が聞こえてきます。創造性豊かなはずの「あちら側の企業」において、なぜこのような問題が発生しているのでしょうか。(2006/9/13)

ものになるモノ、ならないモノ(12):
集合知を独自に検索して真実を導く、kizasi
「もはや情報は、メディアが一方的に伝えるものではなくなっている」と多くの人が声をそろえる。国産ブログ検索のkizasiにその意味と試みを聞いた(編集部)(2006/9/12)

Biz.ID Weekly Top10:
東京はミニ・シリコンバレー化している?
9月1日に行われた、梅田望夫氏さんの書籍『シリコンバレー精神』刊行記念対談イベントで心に残ったのは――。(2006/9/5)

ネットベンチャー3.0【第6回】:
楽天はなぜWeb2.0のプラットフォームになれないのか(上)
佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。Web2.0ビジネスの2つの進化モデル「便乗型」「プラットフォーム進化型」について解説し、楽天の戦略をWeb2.0的見地から検証してみる。(2006/9/1)

Web2.0型金融ビジネスは成り立つか:
「ネット金融2.0」のカギ
Web2.0型ビジネスの代表格でもあるSNSの応用サービスを見ると、そのビジネスの特徴は、「情報の信ぴょう性」と「ユーザーの実名性」にあることが分かった。ところが、それらは直接、「ネット金融2.0」に貢献する要素になりそうもない。だからといって「ネット金融2.0」が成り立たないわけではないようだ。それを証明しようとしているのが、GMOインターネット証券の取り組みである。「API(※1)の公開」を基にした、新たな切り口によるビジネスモデルを模索だ。(2006/7/18)

はてな、アメリカへ
スターウォーズ登場人物の過酷な生き方を見て思った。「東京でぬくぬく暮らしてる場合じゃない」。はてなの近藤社長は、社員を日本に残してアメリカに渡る。目標は「はてな村を世界に」。(2006/7/14)

IT変革力【第4回】
Web2.0を金儲けにしか見ない日本と欧米の文化差
インターネットの進化の方向を巡る議論であるWeb2.0は、約3年前に米国で始められました。わが国でも2005年10月頃から議論されてきました。しかし、米国と日本ではその議論の中身がまるで違うのです。なぜそのような違いがあるのかというと、日本においては、ある発想が欠落しているからなのです。さて、その欠落したものとは……。(2006/6/21)

「表現の時代」における手段と目的 第1回:
盛り上がるCGM 「表現」に問題あり?
情報社会の中で最も変化する部分と考えられているのは、CGM(Consumer Generated Media)つまり「生活者自身による情報発信」である。そこにブログやSNSなどの新しいツールが生まれ、注目を集めている。それは、従来のメディア産業などに構造変化を引き起こすと考えられている。そこで、その情報発信の本質である「表現」の問題が重要視されるようになった。人間は、インターネットを使って「表現する」のではなく「アイデアを発信し、他人と共有する」のである。そのために、「自分自身の力でアイデアを創造し、表現する」必要がある。(2006/6/20)

顧客満足度ナンバーワンSEの条件〜新人編:
企業コンピューティングから見たWeb 2.0(2)
Web2.0の代名詞的に「ロングテール」という概念が語られることが多い。かつては軽視されていたマイナーなコンテンツの有効活用を考えることが重要だが、インフラストラクチャの観点から言えばそれほど大きな発想の転換は必要とされないだろう。(2006/5/30)

顧客満足度ナンバーワンSEの条件〜新人編:
企業コンピューティングから見たWeb 2.0(1)
Web 2.0は単なる一時の流行語として終わってしまうだろうか。それとも「キャズム」を超えて主流の位置を占めるようになるのだろうか。Web 2.0と企業コンピューティングの関係は興味深い。(2006/5/29)

はてな近藤社長「Web2.0はラベルに過ぎない」
(2006/5/2)

「アフィリエイトもWeb2.0化が進む」──リンクシェア
「リンクシェア」のアフィリエイトで、不特定多数の個人の力が強まり、ロングテール現象が進んでいるという。(2006/4/20)

ものになるモノ、ならないモノ(7):
ネットの“あちら側”から迫り来るスパイウェアという見えない亡霊にどう対処する?
「社内ブログ」「1ギガ」「D-Cubic」「Zigbee」「IPv6ブロードキャスト映像配信」「レイヤ2」に続き、今回は、Winny問題を取り上げる。梅田望夫氏の「ウェブ進化論」的にいう“あちら側”から迫り来るウイルスやスパイウェアという危機に迫りたい(編集部)(2006/3/28)

ブロガーと梅田望夫が語る「どうなる? マスとネットの力関係」
ネットはマスメディアを“殺す”のか、ロングテール型ビジネスはヘッド型より儲かるのか――梅田氏とブロガーが議論した。(2006/2/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。