ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

「Unisys」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Unisys」に関する情報が集まったページです。

IoT観測所(45):
個人で立ち上げたIoTの非営利団体「OSIoT」の成れの果て
本連載「IoT観測所」では、基本的にアクティブというか、いろいろと普及させようと努力している規格だったり団体だったりを紹介してきた。今回はちょっと毛色を変えて、事実上休眠状態に陥っているものを取り上げよう。(2018/5/31)

デジタル変革前夜のSoRインフラ再定義(2):
今、「システムのマイグレーション」に慎重になるべき理由
デジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、社内向け/社外向け問わず、各種ITサービスを支えるインフラにも、ニーズの変化に即応できるスピードと柔軟性が求められている。これを受けて、既存システムをより合理的な仕組みに刷新するマイグレーションが企業課題となっているが、なかなかうまくいかないケースが多いようだ。その真因とは何か? ガートナージャパンの亦賀忠明氏に話を聞いた。 (2017/8/2)

日本型セキュリティの現実と理想:
第39回 サイバー攻撃で変革を迫られた日本のIT業界事情
サイバー攻撃の巧妙化によって、従来のコンピュータメーカーや通信キャリア、SIerなどの情報システムベンダーではセキュリティ対策が難しくなってしまった。IT業界はセキュリティ人材やセキュリティ企業そのものを取り込む構造変革を進めているが、この業界の生き残り戦略とは何だろうか。(2017/1/12)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「クラウドの歴史的背景」
クラウドはどのような時代の要請の下に生まれてきたのか――。1950年代以降のコンピュータの歴史をひもときながら解説します。(2016/6/22)

「君たちはPCと机に向かうな」 ダイハツのIT部門が現場に飛び込んだ理由
自動車製造業のIT部門が、机に向かっているのは間違いだ――。社長の言葉を受けて、ダイハツの情シスは“インフラ運用部隊”と現場に飛び込む“遊撃隊”に分けられた。IT部門の存在意義とは何か。試行錯誤を繰り返す中で、ダイハツがたどり着いた答えとは?(2016/3/18)

並行コンピューティングに立ち返る
ストレージで生きる「ムーアの法則」、マルチコアプロセッサに再び脚光の理由
仮想化技術が注目される今だからこそ、サーバ・ストレージのマルチコアプロセッサ技術が再評価されている。これは新時代の象徴として期待され、研究が中断されてしまったかつての技術をもう一度よみがえらせている。(2015/12/14)

Computer Weekly製品導入ガイド
次世代データセンターのためのプロセッサ選定
次にデータセンターを刷新する際は、代替チップアーキテクチャを取り入れる必要がある。その理由について解説する。(2015/3/27)

カフェから世界へ:
ものづくりの原点は「人」――ASUSジョニー・シー会長インタビュー
コンシューマ向けノートPCで世界第2位、最近はZenFoneやNexus 7といったAndroid端末でも人気のASUS(エイスース)。従業員4人で始まったPCパーツメーカーはいかにグローバル企業に成長したのか? 来日したジョニー・シー会長に聞いた。(2015/2/28)

Database Watch(2013年4月版):
「データ」をめぐって聞こえてきた2つの新しいメッセージ
今回はデータプラットフォームについて、直近で製品発表のあった2社のトレンドをウォッチ。いずれも“データ”の扱い方について、新しいメッセージを示すものとなりました。(2013/5/10)

Windows 7の市場シェアは33%
Windows 8を待つべきか? 岐路に立つWindows 7移行の現場
Windows 7に移行するか、Windows XPに踏みとどまるか。大企業とSMBの間で温度差が生じている現状に、「Windows 8」というファクターの登場が複雑性を増大させている。(2011/7/29)

職場に流入する従業員の私物端末、企業の対応とのギャップ拡大
スマートフォンなどの私物の端末を職場に持ち込む従業員が増える一方で、企業のサポートやセキュリティ対策などの対応が追い付かない現状が浮き彫りになった。(2011/7/14)

Apple・Unisysのパートナー契約に見る「企業市場本格参入」の可能性
Xserve終了後のAppleのエンタープライズ戦略とは
Appleはこれまでも企業市場に取り組んでこなかったわけではない。教育市場に強みを持つ同社がこれから企業顧客にどうアプローチするのか、その思惑は最近のSI契約の活発化に見え隠れする。(2011/1/11)

Google Appsを米連邦政府の一般調達局が採用
米政府の物資調達を一手に引き受けている一般調達局がGoogle Appsの採用を決定した。連邦政府機関による採用で、GoogleがMicrosoftに一歩先んじた。(2010/12/3)

HP、セキュリティ企業のArcSightを約15億ドルで買収
3PARを24億ドルで獲得したばかりのHPが、今度はArcSightを15億ドルで買収すると発表した。クラウドコンピューティングに欠かせないセキュリティ事業を拡充する狙いだ。(2010/9/14)

Dell、サーバ仮想化管理ツールのScalentを買収
Dellがサーバ仮想化管理ツールのScalentを買収し、その技術を同社のデータセンター管理スイートに組み込む。(2010/7/5)

NEWS
ユニアデックスとユニシス、学校Webサイト制作のテンプレートをSaaS型で無料提供する新サービス
ユニアデックスとユニシスは、SaaS型情報共有基盤サービス「NeXtCommons」に、新型インフルエンザや不審者などの情報を教員らが容易に配信できるテンプレートを追加した。(2010/1/25)

COBOL - Getting Started(1):
Java/.NET開発者のための「ここが変だよ、COBOL」
50年前に事務処理用に開発されたCOBOLは、いまでも多くの企業で使われ続けている。基盤部分が近代化してもCOBOLは生き残るかもしれない(編集部)(2009/5/13)

最大のメリットはコスト削減:
データセンター再構築はネットワーク起点で――シスコのUCS戦略
シスコはデータセンター仮想化ソリューション「Unified Computing System」の国内展開を表明。中〜大企業やホスティング事業者へ訴求する。(2009/4/7)

Weekly Memo:
「情報処理技術遺産」にみる温故知新
「情報処理技術遺産」の認定制度を始めた情報処理学会が先週、初の認定式を行った。まさに温故知新。これを機に、本コラム50回の節目でもあるので、日本のコンピュータの歴史を少し紐解いておきたい。(2009/3/9)

海外ダイジェスト(12月24日)
Intelが160Gバイトの2.5インチSSDを出荷、Linux版Googleガジェットのバージョン0.10.4がリリース、など。(2008/12/24)

日曜日の歴史探検:
LZWに震え上がった10年前の人たち
温故知新――過去の出来事は時を越えて現代のわたしたちにさまざまな知恵を与えてくれる。この連載では、日曜日に読みたい歴史コンテンツをお届けします。今回は、GIFファイルの運命に大きな影響を与えたLZW特許について振り返ってみましょう。(2008/11/16)

海外ダイジェスト(10月9日)
ThinkPadがWiMAX対応に、Microsoftがマルチタッチ機能を試せる「Touchless」のSDKを公開、など。(2008/10/9)

SQL Server「Kilimanjaro」でBI機能を強化するMicrosoft
Microsoftは、新しいBI機能を搭載したSQL Server「Kilimanjaro」のロードマップを披露した。さらに同社は、「DATAllegro」とSQL Serverを統合する計画も明らかにした。これにより、SQL Serverの拡張性が改善され、データウェアハウス環境の奥深くに入ることが可能になるという。(2008/10/8)

伴大作の「木漏れ日」:
Itaniumの将来は風前の灯か?
9月17日の6コアXeonの発表と、それに連動した各サーバベンダーの動向から、Itaniumの将来を調査してみた。(2008/9/29)

海外ダイジェスト(9月25日)
Xbox 360の販売台数が欧州で600万台に到達、NASAがIBMのスーパーコンピュータiDataPlexを採用、など。(2008/9/25)

ユニシスとの協業の成果:
NEC、メインフレーム並みの信頼性を持つDunnington搭載サーバを発表
NECはメインフレームマイグレーションを視野に入れたハイエンドサーバを発表した。本製品はサーバ分野におけるユニシスとの協業の成果となる。(2008/9/16)

NECとUnisys、6コアXeon搭載ハイエンドサーバを共同開発
NECと米Unisysが6コアXeon搭載ハイエンドサーバを共同開発した。(2008/9/17)

Windowsとの相性を懸念:
米国の景気停滞がオープンソース普及の追い風に――OSAの調査
Open Solutions Allianceによると、最近の調査の結果、景気停滞が企業でのオープンソースソフトウェアの普及拡大につながっている可能性がある。ライセンス費用節約のためである。だがユーザーは、オープンソースソフトウェアとMicrosoft Windowsの相互運用性を不安に感じているようだ。(2008/7/30)

MSの企業向けサービス「Microsoft Online Services」に新製品
Microsoftがオンラインサービススイートを拡充、新たなサービススイート2種とパートナー企業に売り上げの一部を提供するプログラムを発表した。(2008/7/9)

Unisys、サービスおよびソフトウェア分野への注力
ハードウェア一辺倒だったUnisysが、管理スイートやサービス製品をリリースし、生まれ変わろうとしている。(2008/2/20)

「行く年来る年2007」ITmediaエンタープライズ版:
文字+音+絵+映像がトレンドになる?
「電話がつながらない」「メールを送っても返事が来ない」――そんなビジネス上のストレスから解放される日が来るかもしれない。今まさに企業におけるコミュニケーションが変わりつつある。(2007/12/24)

オープンソース普及の障害は相互運用性問題
Open Solutions Allianceによると、優れた相互運用性を実現するオープンソースプロジェクトをもっと増やす必要があるという。(2007/12/13)

“IT担当”社員が喜ぶクリスマスプレゼント
ITワーカーたちはクリスマスにどんなプレゼントを期待しているのだろうか。少なくとも、会社のロゴが入ったウィンドブレーカーではないようだ。(2007/12/3)

Unisys、国土安全保障省システムでの「問題隠ぺい」報道を否定
Unisysがシステム不備の隠ぺいを試みたとの報道を受け、否定のコメントを発表した。(2007/9/26)

The Rational Edge:
初歩の「Perl」「Python」「Ruby」
The Rational Edgeより:本稿は、今日使われている中で最も人気の高い3つのプログラミング言語について解説する。ダイナミック言語のPerl、Python、そしてRubyだ。これらが利用されている理由は何か? どのような共通点があり、それぞれどこがユニークなのだろうか?(2007/8/28)

コンソナ、日本市場でCRM製品の展開を推進
コンソナ・ジャパンは7月18日、同社が米Consona Corporationの100%子会社となったことを発表し、日本市場への新たな取り組みについての説明を行った。(2007/7/18)

政府公認へのお墨付き? Red Hat Linuxがセキュリティレーティングで最高位を取得
今月初頭にRed Hat Enterprise Linux 5がEAL4セキュリティ認証を取得したことで、世界各国の企業や行政府などでオープンソース系システムの認知が浸透するかもしれない。(2007/6/21)

ACCESS、LZW特許の訴訟を600万ドルで和解
ACCESSは、LZW特許のライセンス契約に関する係争について、600万ドルを米Unisysに支払うことで和解に合意したことを明らかにした。(2007/6/15)

「GIF特許」ライセンス料訴訟でACCESSとUnisysが和解
「GIF特許」ライセンス料をめぐるACCESSとUnisysの訴訟が「主張を受け入れることなく」和解に。(2007/6/15)

MS、Exchange Server 2007の無料トライアルを発表
Microsoftが、Exchange Server 2007の企業向け無料トライアルを発表。米Unisysと共同で展開する。(2007/4/21)

コミュニケーションをあらゆる「現場」に NECがモバイル内線システムなど4製品を発表
NECは「オフィスから現場へ」をコンセプトに、コミュニケーション/情報共有にかかわる4つのソリューションを市場に投入する。(2007/4/17)

Dr. K's SQL Serverチューニング研修(8):
進化するCPUをパワー全開で走らせるテクニック
(2006/12/7)

IT変革力【第24回】
Windows Vista開発は「人月の神話」を超えられるか?
 遅れているWindows Vistaの開発。開発規模が大きくなって、いわゆる「人月の神話」に陥っているのではという見方も出ていますが、このなかなか解決できない根本的問題と対比した、マイクロソフト社の試みに注目してみました。(2006/11/8)

Unisysベルギー法人、欧州委員会の「オープンソースリポジトリ」プロジェクトを主導
オープンソースのアプリケーションやコード、利用法などの情報を、各国の行政担当者が共有できるようにするプロジェクトを、Unisys Belgium率いる企業連合が落札した。2007年にサービス開始予定だという。(2006/10/17)

SPARC/Solarisの置き換え狙うItanium連合
HP、富士通、Unisysといった「Itanium推進連合」が勢力拡大を目指し、SunのSPARC/Solarisアプリケーションをソースコードなどの変更なしにItaniumに移行させるプログラムを開始した。(2006/9/26)

Montecitoの船出は賛否両論
一部ユーザーはMontecitoを賞賛しているが、「Itaniumはこれまでそんなに魅力的ではなかった。どうして今回は違うと言えるのか?」という声も。(2006/7/26)

インテルのOEM各社も歓迎する「Montecito」の登場
「Montecito」の開発コード名で呼ばれていたItanium 2プロセッサ9000がついにリリースされた。ターゲットとしているハイエンド分野ではインテル自身のx86系XeonやPower、SPARCなどの競合がひしめくが、Itaniumの支持者らは同プロセッサが軌道に乗ったと主張する。(2006/7/20)

Intel、「Montecito」をついにリリースへ
Intelは、リリースが延期されていた「Montecito」のコードネームで呼ばれるデュアルコアのItanium 2プロセッサを、7月に投入する準備を進めている。AMDの攻勢を受ける同社は、同プロセッサによりサーバ分野での技術的優位を再び確立する考えだ。(2006/7/10)

IT変革力【第6回】
「枯れた」IT技術の持つ大きなリスク
枯れた IT技術の維持か、最新技術の取り入れかとういう選択は「ユーザー企業は神様なのか」という本質の理解が大切です。そのために、枯れた技術を維持するとどのような問題があるのかを理解しなくてはいけないようです。さて、その問題とは……。(2006/7/5)

MSとNECが協業強化 Media Center共同開発も
MSのバルマーCEOが来日し、NECとの協業関係の強化を発表。広範な特許クロスライセンスの締結やMedia Centerの共同開発も含まれる。(2006/5/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。