ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「休暇」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「休暇」に関する情報が集まったページです。

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「1カ月の夏休み」は夢? 日本人の“有給の取り方”がズレている、歴史的背景
月曜を午前半休にする「シャイニングマンデー」。経産省内で検討していると報じられたが、そんな取り組みは「無駄」。日本人は、世界では当たり前の「有給休暇をまとめて取る」こともできていないからだ。なぜできないのか。歴史をさかのぼると……。(2018/8/10)

ゲーマー日日新聞(出張版):
犠牲なくしては生き残れない、マイナス20度のシムシティ 極寒の凍土が心をえぐる「Frostpunk」の絶望と面白さ
誰を犠牲にし、誰を救うのか、あるいは全てを救うことができるのか。猛暑の休暇に、極寒の街作りゲームはいかがでしょう。(2018/8/10)

ITりてらしぃのすゝめ:
海外でスマホを安く使う方法 「ローミングは高い」は本当?
間もなく夏季休暇のシーズンだ。海外旅行にいく計画をしている人向けに、海外で手軽にデータ通信をする方法を紹介したい。(2018/7/4)

「G Suite」に休暇中の会議への参加を自動的に断る機能 digital wellbeingの一環で
「ditigal wellbeing(デジタルでの健康)」を推進するGoogleが、「G Suite」の「Googleカレンダー」の就業時間を曜日ごとに設定する機能と休暇を入力する機能を追加した。設定した就業時間外の会議への招待は自動的に断る。(2018/6/28)

トップは「ほかにやりたい仕事がある」:
社会人の転職理由、「給与・評価への不満」「休みを増やしたい」が増加
待遇や休暇への不満が原因で転職を考える人が増えている――パーソルキャリア調べ。(2018/5/24)

民間企業全体の先導事例になるか:
男性育休、ベンチャー企業に広がる トップが率先して取得、組織の活性化に一役
ベンチャー企業の間でも、男性従業員が育児休暇を取得する動きが広がっている。創業初期から成長期に至るまでは、従業員も少なく残業や休日出勤は当たり前で、取得をためらう男性は少なくなかったが、夫婦の在り方や働き方に対する意識の変化が、育休に向かわせている。(2018/5/17)

男性育休、ベンチャー企業に広がる トップが率先して取得、組織の活性化に一役
ベンチャー企業の間でも、男性従業員が育児休暇を取得する動きが広がっている。夫婦の在り方や働き方に対する意識の変化が、育休に向かわせている。(2018/5/16)

山市良のうぃんどうず日記(126:特別編):
初夏のWindows 10まつり、Windows 10 April 2018 Updateがやってきた!――機能更新はやれるときに済まそう
2018年4月30日(米国時間)、日本では大型連休の中日に、Windows 10の新しい機能更新プログラム「Windows 10 April 2018 Update」の提供が始まりました。長期休暇中に自宅のコンピュータに触れていない方、あるいは更新管理がしっかりとされていない企業では、連休明けにちょっとした騒動が起こる(起こった)かもしれません。筆者の家では、1台のタブレットPCの機能更新で少しだけ苦労しました。(2018/5/9)

電通、月に1回全社一斉休暇 6月から「インプットホリデー」導入
「コンディションを整えたり、自己啓発に打ち込むなどして、より良いアウトプットのために自分にインプットする日」としています。(2018/4/17)

休み方改革、半数が「知らない」 「誰と過ごしたいか」で男女差 DeNAトラベル調べ
休暇の在り方を見直す「休み方改革」が国の政策として進められているが、DeNAトラベルの調査では半数近くが「知らない」と回答。休暇を「パートナーと過ごしたい」という意識には男女で大きな差が見られたという。(2018/4/16)

男性も使える:
化粧品会社が導入 「肌の不調で休める」肌休暇の狙い
ナリス化粧品が4月から「肌休暇」を導入する。なぜ「肌の不調」を休暇取得理由とするのだろうか。制度の狙いや内容について聞いた。(2018/3/26)

休まない日本人:
厚労省「1月5日は休みましょう!」 現実は……
厚生労働省が「1月4日と5日を休んで11連休に!」というキャッチコピーで、年末年始休暇に有給休暇を組み合わせるように呼び掛けた。政府は20年までに有給取得率を70%に引き上げる目標を掲げているが、現実は……。(2017/12/28)

ITはみ出しコラム:
寒い冬に心が温まる「AppleのクリスマスCM名作選」
ホリデーシーズンに流れるAppleのCMは、心温まるようなお話が多くて毎年楽しみ。最新(2017年)のCMを紹介しつつ、過去の名作も振り返ります。(2017/12/24)

「年末年始も仕事する人」が3割 Backlog運営会社の調査
プロジェクト管理ツール「Backlog」を運営するヌーラボが、年末年始休暇に関するアンケート調査を実施。3割の人が年末年始休暇中も仕事をするという結果が出た。(2017/12/19)

キャリアニュース:
「働き方改革」――約8割が「実感していない」と回答
日本能率協会が「働き方改革」についての意識調査の結果を発表。約8割が「働き方改革」を実感しておらず、理由として「有給休暇が取りにくい」「正社員と非正規社員の給料の格差がなくならない」「残業が減らない」などを挙げた人が多かった。(2017/12/18)

日本人は休み下手?:
有給休暇の取得率、日本は2年連続最下位
日本の有給休暇の取得率は、世界30カ国の中で最も低かった――エクスペディア・ジャパン調べ。(2017/12/11)

スマートスピーカーやネット家電も攻撃対象に? 2017年版「最もハッキングされやすいギフト」 McAfee調べ
マカフィーは、ホリデーシーズンの人気商品に潜むセキュリティリスクを特定する「最もハッキングされやすいギフト」の調査結果を発表した。(2017/11/21)

Uber、ドライバーに現在地を表示する機能やギフトカードをアプリに追加
Uberがホリデーシーズンに向けて、乗客とドライバーがお互いを見つけやすくするための機能と、アプリ内で友達にUberで使えるギフト券を贈る機能を追加した。(2017/11/21)

「PS4」と「PS VR」、ブラックフライデー前後に期間限定で100ドル値下げ
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが米国のホリデーシーズンにPS4とPS VRをそれぞれ、期間限定で100ドル値下げする。(2017/11/13)

Dell、Windows MR対応ヘッドセット「Visor」を350ドルで発売へ
Microsoftの「Windows MR」対応のDellのヘッドセットは「Dell Visor」という名称で、価格は349.99ドル。6自由度のコントローラは別売で価格は99.99ドルだ。発売はホリデーシーズンの見込み。(2017/8/29)

「マインクラフト」「Halo」「SteamVR」が「Windows MR」にやってくる
MicrosoftのMR(複合現実)プラットフォーム「Windows MR」対応ヘッドセットが年末のホリデーシーズンに4社から発売される。これらのヘッドセットでは、「マインクラフト」「Halo」などのゲームがMRで楽しめる他、ValveのVRプラットフォーム「SteamVR」のコンテンツもプレイできる。(2017/8/29)

有給休暇「日数増やして」より「買い取って」 休めない理由は
有給休暇の「取得率100%」や「日数増加」を望む人よりも、「買い取ってほしい」人が多い――BIGLOBEが調査。(2017/8/2)

「職場に休める空気がない」 有給休暇に関するアンケート調査結果をBIGLOBEが発表
社会人男女1000人に有給休暇事情について質問しています。(2017/7/31)

会社に制度づくり求める声多数:
同僚の反応気になり「有給」取れない 社会人の3割
「有給休暇を取りづらい」と感じる社会人、その理由は?――BIGLOBE調べ。(2017/7/31)

学校の夏休みなどを一部移動させる長期連休「キッズウィーク」2018年度から導入へ 大人には有給取得を推進
親子で一緒に過ごせる、まとまった休暇期間を作る方針。(2017/7/19)

iPhoneをセットして使うARメガネ「Mira Prism」、99ドルで予約開始
新興企業Mira Labsが、iPhoneをセットして使うARヘッドセットをホリデーシーズンに発売するとして、99ドルで予約受け付けを開始した。(2017/7/19)

キリングループ、内規改定でLGBTを差別しないと明確化 同性婚でも法律婚と同等の社内制度を利用可能に
性同一性障害の社員がホルモン治療や性別適合手術といった医学的措置を受ける際にも、最大60日の積立休暇を取得できる。(2017/7/3)

まとまった休暇取得が必要:
「未消化の有給休暇が多い」6割 新設研究機関が調査
人材サービスのランスタッドは、労働者の意識などを探る調査研究機関「ランスタッド・リサーチインスティテュート(RRI)」を設立。第1回調査結果として、「休暇」に関する満足度や現状を明らかにした。(2017/6/20)

江梨佳、28歳の場合:
PR:仕事だってプライベートだって楽しみたい――現代型キャリア女子の華麗なる溜池ライフ!
やりがいのある仕事に充実した研修制度、長期休暇を利用して海外旅行――仕事もプライベートも100%満喫する、そんなエンジニアライフなんて夢物語でしょ?(2017/6/20)

有休取得率、二極化進む 「ほぼ消化」が3割、「全くなし」が1割
有給休暇の取得率が90%以上のビジネスパーソンが3割超、全く取得していない人が1割――というインテージリサーチの調査結果。(2017/6/16)

品川女子学院が英語の自主学習に「AI」導入 その狙いは?
iPadやクラウドサービスなど、IT技術を積極的に導入している品川女子学院。今度は、長期休暇時における英語の自主学習対策にAI英会話アプリを導入するという。その狙いはどこにあるのだろうか。(2017/6/14)

アドビ、忌引休暇を最大4週間に 「愛する誰かを失ったときの負担を軽くするため」
「会社に大切にされていることを感じてもらう」ことを目指しているという。(2017/6/7)

データ復旧はスピード勝負、迅速/確実なHDDトラブルの解決には:
PR:もしも、ゴールデンウイーク(GW)明けにHDDトラブルが発生したら――最善策は何もせずに復旧のプロに任せること
データ復旧事業者によると、ゴールデンウイーク(GW)明けはHDDのトラブルが多くなり、HDDの修理やデータ復旧の依頼も通常の倍以上になるという。HDDの障害が長期休暇明けに発生しやすいのはなぜか。不幸なことに、実際にトラブルに遭遇してしまった場合は、どのように対処するのが最善なのだろうか。(2017/5/8)

PR:「キリン 午後の紅茶」が5月5日に「有給休暇プレゼント」プロジェクトを実施 お店をまるごとお休みにさせちゃう大胆企画
もういい……もう……休めっ……!(2017/5/2)

ヤフー、育児・介護をする従業員を対象に週休3日を選択可能に 4月から導入
土日に加えて週1日の休暇を無給で取得できるようになります。(2017/3/31)

地域限定ポケモンのサニーゴを沖縄でゲット【みんなのポケGO写真】
ポケモントレーナーの休暇は沖縄旅行に決定か。(2017/2/25)

最高としか言いようがない オリックス、“5日間連続で有給休暇を使うとレジャー費用を支給してもらえる制度”導入
弊社にも! 弊社にも!(2017/2/9)

マイナビウーマンの“有給記事”が「法的趣旨を誤解させる表現」で削除 SNSでは「有給取得理由は自由」と批判 
「男性に聞いた! 女性が『生理休暇をとる』のはアリ?」「意味わかんない!『社会人としてありえない』有休取得の理由7つ!」の2記事が削除されました。(2017/1/31)

社員の健康に向けて:
がん治療と仕事の両立支援 テルモが社内制度に導入
テルモが、社員のがん治療と仕事の両立を支援する社内制度を導入。休暇や勤務形態を充実させた。(2017/1/26)

長期休暇取れたらここに行くんだ…… 「日本人に人気の海外観光スポット」が納得のランキングに
冬休みには行けなかった。(2016/12/25)

ネット接続機器を狙う攻撃に備えて――JPCERT/CCが注意喚起
インターネット接続機器へのマルウェア感染を狙ったとみられる攻撃が多数観測されており、長期休暇に備えた点検や対策を呼び掛けている。(2016/12/22)

休みを取らない理由とは:
有給休暇の消化率、日本が再び最下位に
日本の有給休暇消化率は世界(28の国と地域)で最下位――エクスペディア・ジャパン調べ。(2016/12/19)

年末年始のセキュリティ対策、インシデントや製品のサポート終了に備えて
IPAとJPCERT/CCが年末年始の長期休暇に備えたセキュリティ対策を呼び掛けた。ソフトウェアの更新や機器などの持ち出し、緊急連絡体制の点検など注意事項を紹介している。(2016/12/15)

コンシューマーの「オムニチャネル」化が進行
オンライン売上高が感謝祭商戦で過去最高に、それでも「実店舗」がなくならない理由
2016年ホリデーシーズンのオンライン売上高が過去最高を更新した。その背景には何があるのか。オンラインストアの今後はどうなるのか。専門家の話を基に考える。(2016/12/13)

アップルPickUp!:
冬休みの旅行に役立つ「iPad」活用術
iPad Proを片手にホリデーシーズンを楽しもう。(2016/12/9)

スタバから「焼きりんご」をイメージしたホリデーシーズンの限定ドリンクが登場 タンブラーやマグカップなどの限定グッズも
日本オリジナルのドリンクです。(2016/11/17)

同性パートナーでも結婚休暇 千葉市が自治体では全国初の試みとして職員に適用
「性別が同一である者とパートナーシップを形成した職員」にも利用できるように対象者を拡大。(2016/11/11)

スタバから「ミルクカスタードプリン」&「チョコレートプリン」登場! ホリデーシーズンは限定カップで提供
日本限定メニューです。(2016/11/10)

無数のドローンが緑色に光りツリーを表現? 米ディズニーランドがホリデーシーズンの新イベントを告知
日本にも来るといいなあ……。(2016/11/9)

「Galaxy Note7」リコールの影響は? IDC世界スマートフォン市場調査
IDCの世界スマートフォン市場調査によると、「Galaxy Note7」のリコール騒ぎがあったものの、7〜9月期のメーカー別シェアではSamsungが依然首位だった。Note7不在のホリデーシーズンにはAppleがシェアを伸ばすとみている。(2016/10/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。