ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows Mixed Reality」最新記事一覧

「Windows Holographic」から名称変更

Autodesk University Las Vegas 2017:
既存設備を用いた製造ラインの改良にVRとARを活用、ブリヂストンがデモを披露
オートデスクは、ユーザーイベント「Autodesk University Las Vegas 2017」の展示会場において、製造業におけるVRやARの活用事例を多数披露した。今回最も目を引いた展示の1つがブリヂストンのナッシュビル工場における取り組みだろう。(2017/11/22)

Microsoft Focus:
服の試着に手術、観光、ゲームまで VR、MRが生み出す“これまでにない”体験の価値
パートナープログラムなどを通してデジタルクリエイティブやアパレル、医療分野ヘもMR(Mixed Reality)の活用領域を拡大。企業だけでなく、コンシューマー向けにも本格展開を開始したMicrosoftの勝算は?(2017/11/22)

「あぁ〜、早く契約終わらないかなぁ」 蛭子能収、Windows10新CMのディレクターになんとなく就任!
なにがどうなってるんだ。(2017/11/17)

VRニュース:
カッコいいだけじゃない、バックパック型VRマシンの裏側にあったHPのビジネス戦略
HPは2017年9〜10月にかけてVR関連製品を相次いで発売した。VR製品のビジネス戦略について発表し、引き続きゲーミング向けにも注力するとともに、商用向けはさらに重要視して取り組んでいく方針を示した。背負えるワークステーションの裏にも、「カッコいい」だけではない戦略があった。(2017/11/10)

いったいどれを買えばいい?:
Windows Mixed Reality対応ヘッドマウントディスプレイの選び方 各社製品を横並びでチェック
各社からWindows Mixed Realityに対応したヘッドマウントディスプレイ(HMD)がでそろった。製品選びのポイントをチェックしていこう。(2017/11/8)

富士通とLenovoの緊急会見 「良い結婚になると思う」
富士通とLenovoは、富士通のPC事業子会社の株式のうち51%をLenovoに譲渡することについて、共同記者会見を行った。(2017/11/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Cortanaスピーカーが来て、Kinectは去る 2017年秋のWindowsエコシステム更新
Cortana搭載スマートスピーカー「Invoke」の販売が米国で始まる一方、3Dモーションセンサーの「Kinect」は生産終了となった。2017年秋のWindowsエコシステム新旧交代をまとめて紹介する。(2017/11/1)

Microsoft Focus:
Windows 10 Fall Creators Updateは、どんな“新体験”をもたらすのか
「Windows 10」の4回目のメジャーアップデートとなる「Fall Creators Update」で目玉となるのがMR(混合現実)機能の拡充。一般的なPCで体験できるMRの展開でMicrosoftが見据えるものとは。(2017/10/21)

5分で分かるWindows 10 Fall Creators Updateのポイント
Fall Creators Updateが配信された翌18日、日本マイクロソフトが説明会を開催し、新機能の特徴や、Mixed Reality対応ヘッドマウントディスプレイを使ったデモを行った。(2017/10/19)

MRだけじゃない!! 日本語フォント「UDデジタル教科書体」にも注目――Windows 10 FCU
日本マイクロソフトが、大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」に関する説明会を開催。同社の取り組みについて報告がなされた。(2017/10/19)

富士通がVRヘッドマウントディスプレイを投入 世界最軽量748gの13.3型ノートも登場
富士通が個人向けPCの新モデルを発表。「Windows Mixed Reality」に対応したHMD(ヘッドマウントディスプレイ)や、世界最軽量の記録を塗り替える新「UH」シリーズなどを投入する。(2017/10/17)

日本HP、Windows Mixed Reality対応ヘッドセットの販売を開始
日本HPは、Windows Mixed Realityに対応するVR HMD「HP Windows Mixed Reality Headset(コントローラー付き)」の販売を開始した。(2017/10/17)

Windows MRヘッドセット「Dell Visor」予約スタート 5万3460円、コントローラー付き
Windows MR対応ヘッドセット「Dell Visor」と専用コントローラーをセットにした商品は12月9日に日本で発売。先行予約受け付けがスタートした。(2017/10/17)

デル、コントローラー付きのWindows Mixed Reality対応VR HMD「Visor with Controllers」先行予約を開始 12月9日発売
デルは、Windows Mixed Realityに対応したVR HMDと専用コントローラーのセットパッケージ「Dell Visor with Controllers」の先行予約開始を発表した。(2017/10/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
10月17日に配信開始 「Windows 10 Fall Creators Update」でPCはこう変わる
年2回に固定されたWindows 10の大型アップデート。一般ユーザー向け配信が始まる「Fall Creators Update」の主な変更点をまとめた。(2017/10/17)

最新版のWindows 10に対応した開発が可能:
Microsoft、「Windows 10 Fall Creators Update SDK」を公開
Microsoftは、「Windows 10 Fall Creators Update SDK」のダウンロード配布を開始した。「Visual Studio 2017」の最新版「バージョン15.4」と組み合わせて使うことで、Windows 10 Fall Creators Updateの最新ツールとAPIを活用できる。(2017/10/13)

Windows Mixed Realityは何がすごいの? Windows 10の「Fall Creators Update」に合わせて知っておきたい基礎知識
10月17日の「Fall Creators Update」に向けて、WMRを分かりやすく解説。(2017/10/6)

Samsung、「Windows MR」の「HMD Odyssey」を499ドルで発売へ
Samsungが、Microsoftの「Windows MR」搭載のMR(複合現実)ヘッドセット「Samsung HMD Odyssey」を499ドルで年内に発売する。米国ではDell、Lenovo、HP、AcerのHMDと共に10月3日から予約受付を開始した。(2017/10/4)

CEATECのレノボブースに謎の「ThinkPad 25」展示台 会期中に正式発表か?
10月3日から始まる「CEATEC JAPAN 2017」のレノボ・ジャパンブースに、ThinkPadの25周年記念モデルの展示台が用意されている。会期中に詳細が正式発表される可能性がある。(2017/10/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新Surfaceは10月末にロンドンで発表か 3日はMixed Realityイベントも
Microsoftが10月に開催する2つのイベント。3日はWindows Mixed Reality、31日はSurfaceの新発表が期待できそうだ。(2017/9/29)

東京ゲームショウ2017:
「東京ゲームショウ2017」開幕 国内企業の出展最多、VR・ARに熱視線
国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」が開幕。(2017/9/21)

VRニュース:
HoloLensと高速3Dスキャナーの連携システムで技術提携
ハニカムラボとVRCは、「HoloLens」と高速3Dスキャナーを連携するシステム開発のための技術提携に合意した。両社のノウハウを融合し、3Dスキャンの後、さまざまなコンテンツ上でユーザーが見たり遊んだりできるワンストップシステムを構築する。(2017/9/19)

「落合陽一と賢者のVR」イベントレポート:
PR:「VRで、コミュニケーションは言葉から“現象”に変わる」――落合陽一さん
(2017/9/21)

4回目のWindows 10大型アップデート:
「Windows 10 Fall Creators Update」、2017年10月17日にリリース MRヘッドセットも同時発売
「Windows 10 Fall Creators Update」のリリース日が2017年10月17日に決まった。新しいWindows MR対応ヘッドセットも同日に発売される。(2017/9/5)

IFA 2017:
Acerの「Mixed Reality」ヘッドセット、一般販売は「年内、できるだけ早く」
Acerの「Mixed Reality」ヘッドセットの日本における一般向け発売時期について、日本エイサーの中の人が言及した。(2017/9/1)

Dell、Windows MR対応ヘッドセット「Visor」を350ドルで発売へ
Microsoftの「Windows MR」対応のDellのヘッドセットは「Dell Visor」という名称で、価格は349.99ドル。6自由度のコントローラは別売で価格は99.99ドルだ。発売はホリデーシーズンの見込み。(2017/8/29)

「マインクラフト」「Halo」「SteamVR」が「Windows MR」にやってくる
MicrosoftのMR(複合現実)プラットフォーム「Windows MR」対応ヘッドセットが年末のホリデーシーズンに4社から発売される。これらのヘッドセットでは、「マインクラフト」「Halo」などのゲームがMRで楽しめる他、ValveのVRプラットフォーム「SteamVR」のコンテンツもプレイできる。(2017/8/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 Fall Creators Update」の完成を見届けるか、その先の世界へ向かうか
Windows 10の秋季アップデートが迫る中、Microsoftから幾つか新しいトピックが入ってきたので、まとめて紹介しよう。(2017/8/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ディズニーキャラとの触れ合いをMR(複合現実)で実現する「魔法のベンチ」
東京ディズニーリゾートで連日行列を作っているキャラクターグリーディング。こうしたキャラとの触れ合いをMRで楽しめる「魔法のベンチ」が開発された。(2017/8/24)

内なるジェダイを呼び覚ませ:
Star Wars:Jedi Challenges──“ライトセーバー”付属ARゲーム、Lenovoが“間もなく”発売へ
Lenovoが、映画「スター・ウォーズ」のジェダイの武器「ライトセーバー」型モーションコントローラーとARヘッドセットで遊ぶゲーム「Star Wars:Jedi Challenges」を発表した。(2017/7/16)

COMPUTEX TAIPEI 2017:
Microsoftブースに「Windows Mixed Reality」対応HMDが勢ぞろい
MicrosoftがWindows 10の次期大型アップデートで対応する予定の「Windows Mixed Reality」。それに対応するヘッドマウントディスプレイ(HMD)がCOMPUTEX TAIPEI 2017の同社ブースに勢ぞろいした。(2017/6/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが新モバイルOSとデバイスを開発中か Windows 10 Mobileのリベンジへ
Windows 10 Mobileのリベンジを果たすべく、Microsoftが新しいモバイル向けソフトウェアとハードウェアを開発中とのウワサがささやかれ始めている。(2017/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2017:
Microsoft、各社の「Windows MR」ヘッドセットを会場展示
「Windows Mixed Reality」対応のDell、ASUS、Acer、HP、Lenovoのヘッドセットが一堂に会した。DellとASUSのヘッドセットの画像は初公開だ。(2017/6/1)

AcerのWindows MR対応HMD、売れすぎで予約一時休止
「Windows Mixed Reality」に対応したAcerの低価格HMD「Acer Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション」の予約受付が31日に休止へ。(2017/5/30)

#decode17 :
「想定数をすでに超えた」──Acer、Windows Mixed Reality対応HMDを日本で予約スタート 価格は4万円、8月出荷目指す
開発者イベント「de:code 2017」の会場には、実機も展示している。(2017/5/23)

プログレッシブWebアプリ、WebVR、Payment Request API、Chakraなど:
Build 2017の「Webサービス開発者向けセッション」で紹介された、Web技術とEdgeの現在と近未来
マイクロソフトの開発者向けイベント「Build 2017」で行われたWebサービス開発者向けのセッションから、近日登場する新機能、注目される開発中のサービスを抜粋して紹介する。(2017/5/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
EdgeブラウザのChrome対抗策 次なる一手はWindows 10からの分離か
Windows 10世代の新しい標準Webブラウザとして登場した「Edge」だが、度重なるアップデートにもかかわらず、シェアでは苦戦している状況だ。Chromeに対抗するための次の一手とは?(2017/5/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 S」「Surface Laptop」に対する期待と不安
日本での発表も期待される「Windows 10 S」と「Surface Laptop」。今回は戦略的な意義と今後の可能性から、これらを考えてみる。(2017/5/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10本命アップデート「Fall Creators Update」の気になる中身
毎年恒例となったMicrosoftの開発者会議「Build」。2017年はクラウドとAIへの注力がより鮮明になったが、まずは身近なWindowsの話題から見ていこう。(2017/5/16)

2017年後半にリリース予定のWindowsの次期大型アップデート:
「Windows 10 Fall Creators Update」に搭載される新機能まとめ
マイクロソフトはWindowsの次期大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」を2017年後半にリリースすると発表。Windows MRやiOS/Androidも包括したマルチプラットフォーム対応など、コンシューマー/技術者それぞれに向けた新機能を多数リリースする。(2017/5/15)

Windows Mixed Realityモーションコントローラを発表
(2017/5/12)

AcerとHP製の「Windows Mixed Reality」対応HMDのデベロッパー版がプレオーダー開始
(2017/5/12)

Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」発表 新デザイン、スマホ連携強化、タイムライン機能など
Windows 10の次期大型アップデートの名前は「Fall Creators Update」。(2017/5/12)

ESEC2017&IoT/M2M展:
Windows 10 IoTに新機能、IoTデバイスのワイヤレスUSB接続が可能に
日本マイクロソフトは、「第6回 IoT/M2M展」において、組み込み機器向けOS「Windows 10 IoT」に関する展示を行った。2017年4月に提供を始めた「Creators Update」で追加された新機能「MA-USB」をアピールした。(2017/5/12)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Snapdragon搭載のフルWindows 10マシンは2017年のいつ登場するか
Windows 10 Cloud(仮称)にARM版のWindows 10。2017年のWindowsデバイスはこれまでと違った展開になりそうだ。(2017/4/28)

PCから離れると自動ロック──Windows 10の新機能「動的ロック」を試す
Windows 10の大型アップデートで、新機能「動的ロック」が追加された。(2017/4/12)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
4月11日に配信開始 「Windows 10 Creators Update」でPCはこう変わる
いよいよ一般ユーザー向けの配信が始まる「Windows 10 Creators Update」。主な変更点をまとめた。(2017/4/11)

産業用VRカレイドスコープ(2):
3D CAD用のVRシステムは「事前変換方式」と「変換不要方式」どちらが良いのか?
本連載では産業全体のVRの動向や将来展望について深堀りして解説していきます。今回は、3D CAD用のVRシステムにおける、「事前変換方式」と「変換不要方式」について説明します。併せて、前回記事公開後の、産業VR関連の動向についても紹介します。(2017/4/5)

4月5日「先行提供」の手段も:
「Windows 10 Creators Update」、2017年4月11日から順次提供開始 どんな機能が追加されるのか
Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Creators Update」の正式公開日が決定。2017年4月11日から順次提供が開始される。また、上級ユーザー向けに4月5日から先行提供する手動アップデートの手段も用意する。(2017/3/31)

Windows 10 Creators Updateは4月11日配信
(2017/3/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。