ニュース
» 2009年11月10日 13時17分 UPDATE

PRIMEシリーズ:ディスプレイとキーが分離 世界初の“セパレートケータイ”「F-04B」

富士通製の「F-04B」は、ディスプレイ部(親機)とダイヤルキー部(子機)が分離する独特のギミックを採用したモデル。子機はQWERTYキーとしても使えるほか、親機のリモコン操作も可能だ。

[田中聡,ITmedia]

 携帯電話で親機と子機を使い分け――そんな独特の利用スタイルを提案するのが、世界初の“セパレートスタイル”を採用した富士通製の「F-04B」。一見するとスライド形状の携帯電話だが、その名の通り、ディスプレイ部とダイヤルキー部を分離して使用できる。発売は2010年3〜4月を予定している。

 このセパレートスタイルの携帯電話は、2008年9月のCEATEC JAPAN 2008に参考出展されており、約1年を経て製品化されたことになる。

photophoto 富士通製の「F-04B」。ボディカラーはBLACKとWHITE
photo
photo 本体を閉じた状態で分離すると、キー面にはQWERTYキーが現れる

 ディスプレイ部(親機)とダイヤルキー部(子機)はBluetoothで接続されており、両者を離したままリモコンのように操作が可能。子機で通話をしながら、親機でメールやアドレス帳、スケジュール、iモード、カメラ、ワンセグなどを利用できる。また家庭用ゲーム機のように、キーを上下左右に動かしながら直感ゲームを楽しめる。さらに、ワンセグは子機でチャンネル変更、カメラは子機でリモコンシャッター、といった使い方も可能だ。

 通常はスライド端末として使用できるが、本体を閉じた状態で分離するとダイヤルキー部はQWERTYキーとなり、両手でスムーズに文字を入力できる。ディスプレイはタッチパネルに対応しており、ディスプレイ部(厚さ9ミリ台)を薄型のフルタッチケータイとして使うことも可能だ。タッチパネルは文字入力を拡張。富士通独自の手書き文字認識「フリータッチライティング」を採用し、平仮名はもちろん、漢字や絵文字も手書きで入力できる。

 さらに、F-04Bのディスプレイ部と接続できるプロジェクターをオプション品として発売予定。プロジェクターを利用することで、ワンセグや端末内の動画、ドキュメントファイル、ゲームなどを大画面で投影できる。

 カメラは広角28ミリレンズを搭載した1220万画素CMOSを採用。画質劣化の少ない最大約6.3倍の「スーパーデジタルズーム」や、あらかじめ登録した人物の顔を優先的に認識する「個人認識撮影機能」、人物の笑顔を撮影できる「スマイルファインダー」、最大ISO25600相当の高感度撮影などに対応。被写体を追尾してピントを合わせ続ける「トラッキングフォーカス」や「自動シーン認識」「局所コントラスト補正」「トリプルレガード」など、撮影アシスト機能も充実している。

「F-04B」の主な仕様
機種名 F-04B
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×114×20.4(最厚部約19.6)ミリ
重さ 約173グラム
連続通話時間 W-CDMA:約300分、GSM:約330分
連続待受時間 W-CDMA:約600時間、GSM:約400時間
カメラ 有効1220万画素CMOS(顔検出AF対応)
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)/microSDHC(最大16Gバイト)
メインディスプレイ 約3.4インチワイドフルワイドVGA(480×960ピクセル)TFT液晶 1677万7216色
サブディスプレイ
主な機能 iコンシェル、GPS/オートGPS、使い方ガイド、ケータイデータお預かり、マイエリア、メール作成時誤動作回復、WORLD WING(3G+GSM)、FOMAハイスピード(下り7.2Mbps)、Bluetooth/iアプリタッチ ほか
ボディカラー BLACK、WHITE

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.