コラム
» 2009年11月25日 20時01分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:さり気なく登場したauの「ガンガントーク」って?

auの「ガンガンメール」に続き、「ガンガントーク」が登場したが、これは新サービスではない。その正体とは?

[田中聡,ITmedia]

 KDDIが11月9日から開始した「ガンガンメール」は、基本使用料780円(プランEシンプル+誰でも割)+月額315円(EZ WINコース)の計1095円で、Eメールを無料で利用できるサービス。容量を気にせずメールが使い放題になるほか、基本料金も抑えられるので、ケータイを積極的に使わないユーザーにとってもお得なプランといえる。

 そんな中、このガンガンメールと似た名称の「ガンガントーク」が登場したのをご存じだろうか。といってもこれは新しいサービスではなく、指定した3件までのauケータイとの国内通話が24時間無料になる「指定通話定額」を指したもの。KDDI広報部によると、このガンガントークという言葉は「11月末からWebサイトやCMで使い始めた」という。あえて新しい言葉を採用したのは、「料金サービスの内容を分かりやすく訴求するため」とのこと。

 auのWebサイト(外部リンク)ではガンガンメールと対をなすサービスとして、ガンガントークをアピールしている。また、11月21日から放映中のCM“ガンガントーク編”では「昼でも夜でもガンガン話しても国内通話無料」というキャッチコピーとともにガンガントークが紹介されている。

photo 「指定通話定額」が“ガンガントーク”として紹介されている

 ちなみに、ガンガンメール編では土屋アンナのシャウトに合わせて鶴瓶の驚いた顔(ばびょーん顔)が登場するが、ガンガントーク編では鶴瓶ではなく、(「アルプスの少女ハイジ」の)ハイジが登場する。原作では見られない(?)ハイジのばびょーん顔がインパクトのある内容だ。CMの映像はKDDIのアドギャラリー(外部リンク)でも公開されているので、まだ見ていない人はチェックしてみるといいだろう。

 ガンガンメールとガンガントークは、「ダブル定額ライト」のように具体的な料金サービスを指すものではなく、“メール無料”と“通話無料”を訴求するフレーズ。KDDI社内では「コミュニケーションワード」と呼んでいるそうだ。2つの違いについて、強いて言えば、プランEシンプルとEZ WINコースを契約済みならガンガンメールを使っている、指定通話定額を契約済みならガンガントークを使っているといえる。EZ WINコースを契約しなければ、基本使用料780円〜+月額390円の計1170円〜で、3件のauケータイと24時間話し放題となる。

 料金サービスを訴求する言葉としては分かりやすいが、ガンガントークという言葉を聞いて、何か新しいサービスがまた始まったのかと勘違いしてしまった。ガンガンメールよりも先に、指定通話定額の発表時にガンガントークを使った方がスマートだったように思える。ともあれ、2つの“ガンガン”は十分魅力的なプラン。今後の訴求方法にも注目したい。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう