レビュー
» 2010年01月07日 20時00分 UPDATE

最新ケータイ徹底比較(au 2009年秋冬モデル編):第1回 基本性能とキーの操作性が優秀なモデルは? (1/2)

auの2009年秋冬モデルはすでに全機種が発売済み。このうち、マイナーチェンジではなく新しいソフトウェアや機能を取り入れたモデルは「CA003」「SH003」「BRAVIA Phone U1」「SA001」「T003」。今回は、これら5機種の基本スペックとキーの操作性を調べた。

[田中聡,ITmedia]

 auの2009年秋冬モデルは、カシオ計算機製の「EXILIMケータイ CA003」と「EXILIMケータイ CA004」、シャープ製の「AQUOS SHOT SH003」と「SH004」、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「BRAVIA Phone U1」と「S002」、京セラ製の「SA001」、東芝製の「T003」(計8機種)が発売された。CA004は「EXILIMケータイ W63CA」、SH004は「SH001」、S002は「W64S」がベースモデルになっており、ソフトウェアに大きな変更点はない。そこで今回は、これら3機種を除くCA003、SH003、BRAVIA Phone U1、SA001、T003を取り上げ、横並びで比較する。カタログやWebサイトなどで公開されているスペックに加え、実際に操作しないと分からない使用感も伝えるので、購入の参考にしてほしい。第1回は基本性能とキーの操作感を調べた。

photo 左から「EXILIMケータイ CA003」「AQUOS SHOT SH003」「BRAVIA Phone U1」「SA001」「T003」

基本スペック:SA001とT003が“世界最薄”ボディを実現

 本体サイズは最薄部が11ミリ台、重さは110グラム台を実現しているSA001とT003がこの中では薄型軽量だ。SA001はスライド型のワンセグケータイ、T003は折りたたみ型の防水ケータイでは世界最薄(SA001は2009年8月31日時点、T003は2009年9月時点)を実現しているのも特筆すべきポイントだ。また、ドコモやソフトバンクモバイルの現行モデルを含め、防水ケータイで120グラム未満を実現している機種は少なく、T003の重さ約118グラムも評価できる数値といえる。他社の2009年冬モデルではNTTドコモの「F-02B」の重さも約118グラムだ(ちなみに、auの2009年夏モデル「Sportio water beat」は約108グラム)。

 厚さについて、最薄部はT003(約11.6ミリ)が最も薄いが、最厚部はSA001(約14.7ミリ)が最も薄い。一方、幅は5機種とも50ミリを超えており、(今回はノミネートしていないが)SH004の48ミリと比べるとやや太い。連続待受時間はSA001(320時間)、連続通話時間はSH003とSA001(260分)が数値上は最長となっている。

基本スペック
サイズ(幅×高さ×厚さ) 重さ 連続待受時間 連続通話時間
CA003 約50×110×17.4(最厚部約20)ミリ 約135グラム 約280時間 約240分
SH003 約51×112×16.6(最厚部約21)ミリ 約132グラム 約290時間 約260分
BRAVIA Phone U1 約50×111×16.7(最厚部約19.9)ミリ 約141グラム 約270時間 約240分
SA001 約52×113×11.9(最厚部約14.7)ミリ 約119グラム 約320時間 約260分
T003 約50×115×11.6(最厚部約14.9)ミリ 約118グラム 約260時間 約240分

ディスプレイ:NEWモバイルASV液晶搭載のSH003が強みを発揮

 5機種とも、メインディスプレイはサイズが3インチ以上、解像度はフルワイドVGA(480×854ピクセル)を実現している(CA003のディスプレイ解像度は、色の配列が異なるVisual ワイドVGAを採用)。また、CA003はこの中では唯一、有機ELディスプレイを採用している。

 以下の画面写真は同じ環境で撮影したもの。この中では、SH003の画面が、果物のみずみずしさや質感をリアルに表現できていると感じた。撮影した画面なので実際の印象とは異なるだろうが、一例として参考にしてほしい。

photophoto CA003(左)とSH003(右)の画面
photophotophoto BRAVIA Phone U1(左)、SA001(中)、T003(右)の画面

 サブディスプレイはSH003とBRAVIA Phone U1の2機種が搭載している。7×17のLEDが点灯するSH003では、日時やバッテリー残量、電波状況、マナーモードの設定状況、歩数計の歩数などを確認できる。アドレス帳に登録した相手から着信したりメールを受信したりすると、登録した読み仮名がカタカナで表示される(漢字は表示できない)。またSH003では、音声着信やメール受信、通話中などのアクションごとにLEDがアニメーションとなって点灯する。有機ELを採用したBRAVIA Phone U1のサブディスプレイには、EZニュースEXのテロップ表示も可能だ(詳細はこちらのレビュー記事も参照)。

photophoto SH003(左)とBRAVIA Phone U1(右)のサブディスプレイ
メインディスプレイとサブディスプレイ
メインディスプレイ サブディスプレイ
EXILIMケータイ CA003 約3.3インチVisualフルワイドVGA(480×854ピクセル)有機EL 最大26色
AQUOS SHOT SH003 約3.4インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)NEWモバイルASV液晶 最大26万色 LED(7×17ピクセル)1色16階調
BRAVIA Phone U1 約3.0インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶 最大26万色 約1.1インチ(36×128ピクセル)有機EL
SA001 約3.1インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)IPS液晶 最大26万色
T003 約3.0インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶 最大26万色

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう