ニュース
» 2010年06月09日 19時27分 UPDATE

POBox Touchが「2.0」に進化:ドコモ、「Xperia」の正式アップデートを開始――まずはPC経由で

ドコモがスマートフォン「Xperia」のソフトウェアアップデートを開始した。アドレス帳の不具合解消に加え、Mediascapeの表示項目、日本語入力システム、タッチパネルの操作性などが改善される。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが6月9日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia」のソフトウェアアップデートを開始した。

PC経由のアップデートは“端末初期化”の恐れも

photo 「Xperia」

 まずはPC経由のアップデートを開始し(提供中)、6月10日以降にXperiaのパケット通信によるアップデートを開始する。ドコモ広報部によると、6月10日中に提供できるよう調整しているという。パケット通信用のバージョンアップファイルは、「ユーザーによって多少のタイムラグが生じる可能性はある」(同)が、基本的に一斉配信される。

 なお、PC接続でアップデートを行うと、ユーザーによってはXperiaが初期化されてしまう場合がある(6月9日18時50分時点)。「初期化をしないファイルも順次配信しており、最終的に全ユーザーに初期化しないファイルを配信できるよう作業を進めている」(ドコモ広報部)とのこと。端末が初期化されるかどうかは、PC画面のアラートで確認できる。

 ソフトウェアのバージョン(ビルド番号)は、旧バージョンが「R1EA018」、新バージョンが「R1EA025」となる。バージョンは「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」から確認できる。OSはAndroid 1.6のまま変更はない。

 Xperiaのバージョンアップファイルは、5月28日の17時25分ごろから20時3分ごろに誤配信されたが、このファイルは問題がないことが確認されており、アップデート済みのユーザーが、もう1度アップデートをする必要はない。

Mediascape、POBox Touch、タッチパネルなどを改善

 今回のバージョンアップにより、以下の不具合が解消される。

  • アドレス帳に画像を登録し、その後画像を削除すると、該当の電話番号からの音声着信時に「com.andoroid.phoneが予期せず停止しました。やり直してください」と表示され、応答ができない

 あわせて、以下のとおり、3つの機能や使い勝手が改善される。

  • Mediascapeに「mora touch」のオンラインコンテンツを表示
  • 日本語入力システムを「POBox Touch 2.0」へ拡張
  • タッチパネルの使い勝手を改善
photo アップデート後は「mora touch」アプリがプリインストールされる

 Mediascapeの「ミュージック」には、ダウンロードした楽曲やMedia Goから転送した楽曲に加え、「mora touch」のオンラインコンテンツも表示可能になった。mora touchの「ピックアップ」と「ランキング(TOP10)」の楽曲がサムネイルで表示され、任意の曲をタップするとmora touchが起動し、曲の購入ページへアクセスできる。

 また、バージョンアップ後はmora touchアプリがプリインストールされた状態となる(すでにダウンロード済みの場合は変更はない)。

photophotophotophoto Mediascapeの「ミュージック」には、通常は端末に保存した楽曲のみが表示されるが(写真=左端)、サブメニューの「ミュージックホーム設定」で「サービスを表示」にチェックを入れ、「サービスを選択」から「mora touch」を選ぶと、mora touchのオンラインコンテンツが画面下部に表示される。左右にフリックすると、一覧がスクロールする(写真=左中、右中)。任意の楽曲をタップすると、mora touchの購入ページへジャンプする(写真=右端)

 日本語入力システムは、これまでの「POBox Touch 1.0」から「POBox Touch 2.0」にバージョンアップ。テンキーでのフリック入力が可能になり、キーを上下左右にフリックすることで、かなと英数字を入力できる。このほか、表示するQWERTYキーのカスタマイズ(表示キー選択)と、QWERTYキー下部に表示される記号のカスタマイズ(アシスト記号変更)も可能になった。詳細は以下の記事も参照。

photophoto テンキーでフリック入力が可能。触れたキーの上にガイダンスが表示される
photophotophotophoto 「設定」→「地域/言語&文字入力」→「POBox Touch」→「アシスト記号変更」から、QWERTYキー下部に表示される記号を変更できる。文字も登録できるが、顔文字など2文字以上は登録できない(写真=左端、左中)。「表示キー選択」からQWERTYキーで使用頻度の少ないキーを非表示にできる。ちなみに筆者は2段目の「ー」のみ表示させている(写真=右中)。これまでよりもキーが大きく表示されるので、片手でも入力しやすくなった(写真=右端)

 タッチパネルの感度も全体的に向上させ、特にQWERTYキーの両端「W」「A」「P」「ー」の反応速度を改善させた。アップデート前は、「W」「A」「P」「ー」キーの反応が鈍く、狙ったとおりに文字を入力できないことが多かったが、アップデート後は素早く反応するようになった。

 このほか、ブラウザ画面などをスクロールしようとしてフリックすると、タッチと判断してリンク先へ飛ぶことが多かったが、ここも改善し、誤作動することなくフリックによるスクロールが可能になった。

photophoto 両端にある「W」「A」「P」「ー」が入力しやすくなった(写真=左)。リンクに触れながらフリックをしても、誤ってアクセスされることなくスクロールする(写真=右)

ソフトウェアのアップデート方法

 6月9日現在、新しいソフトウェアはPC向けにのみ提供されている。ユーザーはソニー・エリクソンのWebサイト(外部リンク)から「アップデートサービス」ソフトをPCにインストールし、XperiaをPCにUSB接続してアップデートする。ただし先述のとおり、PC経由でアップデートをすると、Xperiaが初期化される恐れがあるので注意したい。

photophotophoto 「アップデートサービス」ソフトを起動したら、XperiaとPCを接続し、「携帯電話を選択する」から「SO-01B」を選び、画面の指示に従って更新をする
photophoto 「設定」→「端末情報」から手動でも更新可能

 続いて、6月10日以降、Xperiaの自動検出によるアップデートが可能になる。画面上部のステータスバーに「新しいソフトウェアが利用可能です」という表示が出たら、ステータスバーを下へドラッグし、「ソフトウェア更新」からアップデートできる。端末から手動でアップデートする場合、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から行える。

 ソフトウェアの容量は約11Mバイト。なお、3G回線でアップデートをする場合はパケット通信料(約1万8000円)が発生するので、パケット定額サービスに加入の上でアップデートしよう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.