ニュース
» 2010年12月10日 16時22分 UPDATE

2011年春にAndroid 2.2に:防水対応のAndroidスマートフォン「REGZA Phone T-01C」、12月17日に販売開始

富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のAndroid端末「REGZA Phone T-01C」が12月17日から販売される。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは12月10日、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製の「REGZA Phone T-01C」を12月17日から販売することを発表した。

photophoto 「REGZA Phone T-01C」

 T-01Cは、東芝の液晶テレビ「レグザ」の高画質化技術(超解像、フレーム補間など)を用いた「モバイルレグザエンジン3.0」を搭載しており、美しい映像でワンセグやYouTubeなどを楽しめる。端末を横向きにセットできる充電台を同梱しているので、充電をしながら快適に映像を視聴できる。16GバイトのmicroSDHCも同梱している。

 おサイフケータイや赤外線通信、spモードを利用できるほか、IPX5/IPX7相当の防水性能も備えている。カメラは1220万画素CMOSを備え、1280×720ピクセルのハイビジョンムービーの撮影も可能。専用のフォト&ムービーのビュワーや、撮影した写真をTwitter、mixi、YouTube、Picasaなどへ簡単にアップロードできる「スターメモ」機能も用意。ホーム画面にはオリジナルの「NX!UI」、日本語入力システムには「ATOK for T-01C」を採用した。

 T-01CのOSはAndroid 2.1だが、2011年春にAndroid 2.2へのバージョンアップを予定している。

「REGZA Phone T-01C」の主な仕様
機種名 REGZA Phone T-01C
OS Android 2.1
CPU Qualcomm QSD8250 1GHz
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約62×126×11.9ミリ(最厚部約14.7ミリ)
重さ 約149グラム
連続通話時間 W-CDMA:約280分、GSM:約260分
連続待受時間 W-CDMA:約370時間、GSM:約250時間
カメラ 有効約1220万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(16Gバイト同梱/最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶
ボディカラー Moist Black、Mellow Bordeaux
主な機能 防水(IPX5/IPX7)、WORLD WING(3G+GSM)、FOMAハイスピード(HSDPA 7.2Mbps/HSUPA 5.7Mbps)、GPS、Bluetooth、ワンセグ、Wi-Fi、ドコモマーケット、spモード、FeliCa ほか

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう