ニュース
» 2011年04月14日 15時15分 UPDATE

専用クレードルも登場:「ドコモ ドライブネット」がスマートフォンに対応

ドコモのドライバー向け情報サービス「ドコモ ドライブネット」が、4月21日よりスマートフォンに対応。合わせてパイオニアは、加速度センサーとジャイロセンサーを搭載した専用クレードルを発売する。

[ITmedia]

 NTTドコモは、ドライバー向け情報提供サービス「ドコモ ドライブネット」を、4月21日からスマートフォン向けに開始すると発表した。

 ドコモ ドライブネットは、ドコモの携帯電話で自車の現在位置やドライブ用地図の表示、周辺施設検索が無料で利用できるサービス。月額315円の有料プランに加入すれば、駐車場の空き情報やガソリンスタンドの価格情報など、ドライバーに欠かせないエリア情報のほか、目的地までのルートをイラストで案内するカーナビゲーション機能が使えるようになる。

 対応機種は、Xperia SO-01B、Xperia arc SO-01C、MEDIAS N-04Cの3機種で、今後も拡大していくという。スマートフォンで利用するには、ドコモマーケットから「ドコモ ドライブネット アプリ(ドコモ ドライブネット powered by カロッツェリア)」のダウンロードが必要。なおドコモでは、4月21日から6月30日までの期間中に新たにドコモ ドライブネットを契約した場合、契約月を含む3カ月の月額使用料を無料とするキャンペーンを実施する。

photo ドコモ ドライブネットの利用イメージ
photophoto 無料で利用できるドライブ専用地図(左)と、有料プランで提供される駐車場情報やルート案内(右)

 またパイオニアは、スマートフォンを車載するための「カロッツェリア スマートフォンリンク ナビクレイドル SPX-SC01」を4月21日に発売する。

 SPX-SC01はGPSのほか、加速度センサーとジャイロセンサーを内蔵しているほか、VICS渋滞情報の約5倍(全国約33万キロメートル)の道路をカバーするスマートループ渋滞情報のリアルタイムな情報を得ることができ、スマートフォンを本格的なカーナビゲーションとして利用できるという。

 そのほか、エコ運転の度合いを色で表示するエコドライブアシスト機能、スマートフォンにダウンロードした音楽の再生、ハンズフリー通話、スマートフォンのバッテリー充電などを備えている。

 SPX-SC01のサイズは、86(幅)×125(高さ)×約61(奥行き)ミリ。重さは約170グラム。スマートフォンとはBluetoothで接続し、電源はシガーライターソケットから得る。

photo 「カロッツェリア スマートフォンリンク ナビクレイドル SPX-SC01」。画面の向きに合わせたスイング機能(左)や、ランプの色でエコ運転を知らせるアシスト機能を備える
photophoto ドコモ ドライブネットの発売会で展示されていたSPX-SC01の試作機

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.