ニュース
» 2011年06月15日 23時30分 UPDATE

定額以上のパケット代が発生する可能性:「Xperia SO-01B」「REGZA Phone T-01C」にAPNが意図せず変更される不具合

ドコモは、「Xperia SO-01B」「REGZA Phone T-01C」に意図せずAPNが変更される不具合があると発表した。APNの接続先が正しくない場合、パケット通信ができないほか、定額料金以上のパケット代が発生する場合がある。

[ITmedia]

 NTTドコモは6月15日、「Xperia SO-01B」および「REGZA Phone T-01C」に、設定済みのアクセスポイント(APN)が意図せず変更される不具合があると発表した。

 APNが正しく設定されていないとパケット通信ができなくなるほか、定額料金以上のパケット代が発生するおそれもある。ドコモでは詳細な原因については調査中としているが、次の条件で不具合が起きる可能性があるという。

パケット通信ができない場合

  • 海外渡航時等に、mopera.net等のAPNを作成して使用したことがある
  • Android OSのバージョンが2.1
  • spモードのみを契約している

定額料金以上のパケット代が発生する場合

  • 海外渡航時等に、mopera.net等のAPNを作成して使用されたことがある
  • Android OSのバージョンが2.1
  • mopera Uを契約している

 この不具合はドコモのスマートフォンユーザーのうち、200台に1台程度発生しているとみられる。同社ではSO-01BとT-01Cユーザーに対し、設定されているAPNの接続先がパケット定額プランのものか、確認するようアナウンスしている。接続先の確認・設定方法は次のとおり。

  1. ホーム画面でメニューキーを押し、[設定]→[無線とネットワーク]もしくは[ワイヤレス設定]→[モバイルネットワーク]をタップする
  2. [アクセスポイント名]をタップする
  3. メニューキーを押し、[初期化設定にリセット]をタップする
  4. 定額APNを選択する(spモードもしくはmopera Uスマートフォン定額)
  5. 端末を再起動(電源オフ/オン)する

 なおT-01Cについては、OSをAndroid 2.2にアップデートすると不具合を回避できることが確認できている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう