ニュース
» 2011年11月30日 16時29分 UPDATE

ビックカメラ、イー・モバイルの通信サービスを提供――無料の公衆無線LANサービスも

ビックカメラが12月1日から、イー・モバイルのMVNOとして通信サービスをビックカメラ全店で提供する。下り最大42Mbps、上り最大5.8Mbpsの通信サービスを利用できるほか、特典も用意する。

[田中聡,ITmedia]

 ビックカメラが11月30日、イー・モバイルのMVNOとして提供する高速通信サービス「EMOBILE通信サービス ビックカメラオリジナルサービスプラン」を発表。12月1日からビックカメラ全店で提供する。

 同サービスでは下り最大42Mbps、上り最大5.8Mbpsの通信サービスを提供し、イー・モバイルのサービス対応エリアで利用できる。なお、下り最大42Mbpsの「EMOBILE G4エリア」外では下り最大7.2Mbps、上り最大3.6Mbpsとなる。主要料金プランは月額3880円の「EMOBILE G4データプラン にねんM」(高速モバイルキャンペーン適用時)

 あわせて、全国3万カ所で展開している公衆無線LANサービス「Wi2(ワイツー)300」を無料で提供する。さらに、2012年5月31日までに契約すると、インターネット接続をはじめとする設定をサポートする「EMワイドサポート」(月額525円)と、ウイルス対策やPCの自動最適化などをサポートする「EMセキュリティ」(月額498円)が、加入後4カ月無料になるキャンペーンも実施する。

 製品はモバイルWi-Fiルーターの「Pocket WiFi(GP01)」「Pocket WiFi(GP02)」、データ通信端末の「GD01」「D33HW」「D41HW」を提供する。

 また、フレッツ対応のインターネット接続サービスと、イー・モバイルのデータ通信サービス(GP01、GP02、Pocket WiFi S II、Pocket WiFi Sのいずれかを選択)をセットにした「EMOBILE光」も提供する。EMOBILE光では、Wi2(ワイツー)300を無料提供する特典のみが付く。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.