レビュー
» 2012年03月19日 15時38分 UPDATE

「MOTOROLA RAZR IS12M」の“ここ”が知りたい:第2回 どんなアプリが入ってる? 「MotoCast」で何ができる?――「MOTOROLA RAZR IS12M」

「MOTOROLA RAZR IS12M」には使い勝手の良いオリジナルアプリが多数プリインストールされている。中でも充実しているのが、SNS関連とエンターテインメント系のアプリ。また自分のPC内にリモートでアクセスできるサービスも用意している。

[太田百合子,ITmedia]

 KDDIのモトローラ・モビリティ製スマートフォン「MOTOROLA RAZR IS12M」には、メーカーオリジナルのアプリがプリセットが多数用意されている。前モデルの「MOTOROLA PHOTON ISW11M」でも強みだったSNS連携はさらに強化された。また、自分のPCへリモートでアクセスできる新機能も追加されている。

photophoto 「MOTOROLA RAZR IS12M」

オリジナルアプリにはどんなものがある?

 MOTOROLA RAZR IS12Mには、auが提供するアプリはもちろん、モトローラが提供するサービスに対応するものなど、多数のアプリがプリインストールされている。初期状態でアプリ一覧に表示されるアイコンの数は、Android標準アプリも含めて60種類。そのうち「MOTOPRINT」「Webtopコネクタ」「スマートアクション」「ソーシャルネットワーキング」「ギャラリー」「音楽」「ファイル」などが、代表的なモトローラのオリジナルアプリとなる。

photophotophoto アプリ一覧には、3月からスタートした「auスマートパス」をはじめ、auサービスに紐づくアプリが多数。オフィスドキュメントの閲覧・編集ができる「Quickoffice」や、音声で端末の操作ができる「ボイスコマンド」、Wi-Fi経由で対応プリンタに直接出力できる「MOTOPRINT」などのアプリが利用できる

 オリジナルアプリのうち「ソーシャルネットワーキング」や「ギャラリー」は、モトローラのプラットフォーム「MOTOBLUR」に対応したアプリだ。MOTOBLURは複数のSNSのアカウントを一括管理できる仕組みで、ホーム画面のウィジェットからFacebookやTwitterへ投稿できるほか、フォローしているほかの人の投稿をまとめて閲覧できる。さらにソーシャルネットワーキングアプリから新着情報をまとめて確認したり、ギャラリーアプリからSNSに投稿された写真をまとめてチェックすることも可能だ。

photophotophotophoto Wi-Fi対応のプリンターで端末から印刷できる「MOTOPRINT」(写真=左端)、「ボイスコマンド」は、決められているパターンで音声指示できる機能(写真=左中)、「ソーシャルネットワーキング」はFacebookやTwitter、Skype、LinkdInなどのIDを管理。海外で人気のOrkutは含まれているが、mixiやモバゲー、グリーには非対応。(写真=右中)。「ソーシャルネットワーキング」は、複数のSNSを時系列でまとめて閲覧できるほか、複数のSNSへの一括投稿もできる(写真=右端)

「MotoCast」ではどんなことができる?

 「MotoCast」は、Windows PCやMacとMOTOROLA RAZR IS12Mの間で、音楽や写真、動画をやり取りするためのソフトウェア。および、このソフトウェアを通じて、外出先からPC内の共有フォルダへのアクセスを可能にする、クラウドサービスの総称だ。PC用ソフトは、本機をPCにUSB接続すると自動的にインストールされるが、モトローラのサイトから別途ダウンロードしてインストールすることもできる。

 インストール時にクラウドアクセス用のIDとパスワードを設定すれば、外出先からも自宅のPC内の共有フォルダにリモートアクセスできるようになる。さらに本機の「ギャラリー」「音楽」「ファイル」のアプリは、「MotoCast」に対応。アプリ一覧でアイコンに赤いマークが付いているのが、対応アプリの証。MotoCast対応アプリからは、自宅のPC内にある音楽データを直接呼び出して、ストリーミング再生することもできる。なお、IDとパスワードで専用Webサイトからログインすれば、他のPCからもアクセスすることができる。

 もちろん、リモートではなくPCにUSB接続してデータを同期することも可能だ。本機で撮影した写真をまとめてPCに取り込んだり、iTunes用の音楽データを本機にコピーして持ち出すといった場合は、転送スピードが速いUSB接続が向いている。

photophoto 「MotoCast」をPCにインストール後、ID、パスワードを設定。「MOTOROLA RAZR IS12M」と共有したいフォルダを選んで登録する。このとき、「iTunes」の「Music」フォルダのある場所を指定すれば、「iTunes」で管理している音楽データを、本機に持ち出すことができる

photophoto 共有フォルダはあとから設定で変更したり、追加することが可能。なお、PCがスリープすると外出先からリモートアクセスできなくなるので、「コンピュータをスリープモードにしない」をチェックしておこう。「iTunesからアートワークを取得」をチェックしておくと、iTunesのアートワーク=アルバムジャケットのデータも一緒に、本機に取り込める

photo

本機をPCにUSB接続すると、このようにデータを同期する専用ソフトウェア「MotoCast USB」が起動する。「デバイスに同期」タブではPC→スマホ、「デバイスから同期」タブではスマホ→PCへ同期する項目が選択できる


photophotophoto 本機の「ファイル」アプリから、「MotoCastコンピュータ」を選択すると、外出先からもPC内の共有フォルダにアクセスできる

photophotophoto 共有フォルダ内にある写真を閲覧してダウンロードしたり、動画や音楽をリモート再生することも可能だ

photophoto 「ギャラリー」は「MOTOBLUR」対応し、SNSに投稿された写真をまとめて閲覧することができる。さらに画面右下の「MotoCast」をタップすれば、PC内に保存されている写真へもアクセス可能。撮影月ごとにまとめられたサムネイルを一覧できる

photophotophoto メニューから「MotoCastの設定」を選ぶと、撮影した写真や動画を自動的にPCの共有フォルダーにアップロードするかどうかや、アップロード先のフォルダを指定できる。アップロードするのはWi-Fi接続時のみに限定するなど、アップロードの方法は細かに指定できる

photophoto 「音楽」では左下の「マイライブラリ」から、指定したPC内の「Music」フォルダへアクセス。PC内の音楽ファイルから曲を選び、ストリーミング再生できる

photo ちなみに他のPCのブラウザから、自分のアカウントにアクセスするとこんな感じ。

photophoto PC内の共有フォルダーにアクセスできるだけでなく、音楽、動画のストリーミング再生も可能だ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.