ニュース
» 2012年06月27日 11時00分 UPDATE

Androidに最適化した「Firefox 14」、正式版を配信開始

Android版Firefox 14の配信が6月26日に始まった。旧バージョンから大幅な高速化を図ったほか、ユーザーインタフェースの刷新などを行っている。

[園部修,ITmedia]
Photo Firefox for Android

 Mozilla Japanが6月26日、これまでβ版として提供していたAndroid版「Firefox 14」の正式版をリリースした。Google Playストアから無料でダウンロードできる。

 新しいAndroid版のFirefox 14は、従来提供されていたFirefoxを再設計し、起動時間の短縮やパフォーマンスの改善、UIの最適化などを実施。HTML5 Canvasのレンダリング速度はおよそ3倍、スクロールの速度は1.5倍に高速化しているほか、ページの読み込みやWebアプリケーションの実行速度も改善した。Flash Playerプラグインに対応し、Flashベースの動画視聴、ゲームなども可能になっている。

 ユーザーインタフェースは新しいデザインとなり、スタートページはユーザーがカスタマイズできる。スタートページにはよく利用する、あるいは最近利用したWebサイトが「トップサイト」として表示されるほか、ブックマークや履歴の一覧を表示。デスクトップ版のFirefoxと同期ができるFirefox Syncを利用すれば、Webブラウザの履歴やブックマーク、パスワード、フォーム入力履歴をPCやMac、他のデバイス向けFirefoxと自動同期できるので、他の環境で見ていたサイトをAndroidスマートフォンで続けて閲覧する、といったことが容易に行える。文字入力時などには、入力内容に応じて履歴やブックマーク、PCやMacで開いているタブを表示するスマートスクリーンを用意している。

 アドオンなどの機能もAndroid環境で使いやすいように改良。使いやすくカスタマイズできる。URL入力自のミスを自動修正するアドオン「URL Fixer」やUser Agentを自由に切り替えられる「Phony」、Androidのステータスバーを隠してブラウザを全画面表示する「Full Screen」など、すでに多数のアドオンが用意されている。

 セキュリティ面の改善として、「Do Not Track」機能を導入し、行動ターゲティング広告の配信などに利用される、行動追跡の拒否も可能にした。各サイトへのログイン情報を自動入力する前にパスワード入力を求める「マスターパスワード」機能なども用意している。

PhotoPhoto 文字入力の際には、入力内容に応じて履歴やブックマークなどを表示するスマートスクリーンを表示。履歴の消去、プライベートデータの消去など、セキュリティに配慮した機能も用意する
Button

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.