ニュース
» 2013年02月05日 15時38分 UPDATE

ガラスボディに5インチフルHD液晶搭載の「Xperia Z SO-02E」、2月9日発売

NTTドコモが、ソニーモバイルの最新スマートフォン「Xperia Z SO-02E」を2月9日に発売する。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia Z SO-02E」を2月9日に発売することを正式発表した。販売開始前日まで全国のドコモショップで事前予約を受け付けている。

photophoto ソニーモバイル製の「Xperia Z SO-02E」

 Xperia Zは、7.9ミリのボディに5インチフルHD液晶やクアッドコアCPUなどの高いスペックを凝縮させた防水スマートフォン。ディスプレイはフルHD表示(1080×1920ピクセル)対応の5インチReality Displayを搭載し、色鮮やかに映像を再生できる「モバイルブラビアエンジン2」とあわせ、より高精細で美しい表示が可能。プロセッサーはクアッドコアCPU搭載の「Snapdragon S4 Pro APQ8064」、メモリ(RAM)は2Gバイト、バッテリー容量は2330mAh。

 背面にガラスを採用することで質感や高級感を高め、7.9ミリという薄型ボディの実現にも貢献した。カラーはBlack、Purple、Whiteの3色をラインアップしており、いずれの色も、光の当たる角度によって多彩な表情を楽しめる。ボディと同色の卓上ホルダや、密閉型のソニー製イヤフォン「MH-EX300AP」を同梱する。

photo 凹凸のほとんどないフラットなボディを形成している

 カメラは1310万画素カメラに積層型のCMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を採用しており、明暗差の大きいシーンで白飛びや黒つぶれなどを抑えるHDR撮影が動画でも利用できる。撮影環境によって最適なモードに自動調整する「プレミアムおまかせオート」も健在。約220万画素のインカメラにも暗所での撮影に強いExmor R for mobileを採用した。

 日本向けのサービス・機能としてワンセグ、FeliCa、赤外線通信にも対応するが、ワンセグの利用には外付けアンテナが必要。NFCにも対応し、ドコモが2013年2月に開始予定のNFC決済サービスや、ソニーのNFC対応機器にかざすだけで接続してコンテンツを転送できる「ワンタッチ機能」を利用できる。防水性能(IPX5/IPX7)と防塵性能(IP5X)もサポートする。

「Xperia Z SO-02E」の主な仕様
機種名 Xperia Z SO-02E
OS Android 4.1
CPU Qualcomm Snapdragon APQ8064(1.5GHzクアッドコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約71×139×7.9ミリ
重さ 約146グラム
連続通話時間 3G:約640分、GSM:約580分
連続待受時間 LTE:約420時間、3G:約480時間、GSM:約380時間
バッテリー容量 2330mAh
メインカメラ 有効約1310万画素裏面照射型CMOS(AF/手ブレ補正対応)
インカメラ 有効約220万画素裏面照射型CMOS
メモリ ROM:16Gバイト、RAM:2Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約5インチフルHD(1080×1920ピクセル)TFT液晶
ボディカラー Black、Purple、White
主なサービス・機能 Xi(下り100Mbps/上り37.5Mbps)、FOMAハイスピード(下り14Mbps/上り5.7Mbps)、WORLD WING(3G+GSM)、おサイフケータイ、Wi-Fi、テザリング、エリアメール、GPS、Bluetooth(4.0)、DLNA/DTCP-IP、NFC(決済サービス含む)、しゃべってコンシェル、ドコモクラウド、スマートフォンあんしん遠隔サポート ほか

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう