ニュース
» 2013年04月05日 13時13分 UPDATE

QualcommとFacebookが協業――「Facebook Home」とAndroid版「Facebook」のパフォーマンス強化で

QualcommがFacebookと協業していることを発表。Android向け「Facebook Home」と「Facebook」をSnapdragonに最適化することで、消費電力や通信などを含むパフォーマンスが向上するという。

[田中聡,ITmedia]

 Qualcommが4月4日(米国時間)、同日に発表したAndroid向けホーム画面「Facebook Home」と、Android版「Facebook」をSnapdragonに最適化するため、Facebookと協業していることを発表した。

 FacebookにSnapdragonを最適化することで、Facebook HomeとAndroid版Facebookを利用する際に、GPU、CPU、3G/4Gモデムを含むシステムレベルで端末の総合的なパフォーマンスが向上するほか、消費電力を下げ、データ通信の効率が改善されるという。

 Qualcomm Technologiesのエグゼクティブ・バイスプレジデントのCristiano Amon氏は、「QualcommとFacebookとの協業をとてもうれしく思う。既存の、そして今後登場するSnapdragon搭載のスマートフォンやタブレットで、よりハイクオリティなFacebook体験を提供できる」とコメント。Snapdragonを搭載した幅広いAndroid端末に向けた取り組みであることが分かる。

 Facebook バイスプレジデント・オブ・モバイル&コーポレート・ディベロップメントのVaughan Smith氏は「Qualcommと協業することで、多くの3G/4G端末に搭載されているSnapdragonの性能を生かしながら、Facebook HomeとAndroid向けFacebookを提供できる。今回の協業でユーザーの“Facebook体験”を向上させることができるのは、とても喜ばしいことだ」とコメントした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.