ニュース
» 2014年05月17日 11時11分 UPDATE

スリープボタンの不具合で:俺の「iPhone 5」が帰って来ちゃったぜ――さらば新品代替機

5月2日に始まったアップルの「iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」の受付。即日申し込んでから9日で修理完了の連絡が届いた。さて、結果は……

[田中宏昌,ITmedia]

申し込みから9日で修理完了の連絡が来る

ht_aps01.jpg 木漏れ日あふれるアップルストア渋谷

 以前の記事(1年半落ちの「iPhone 5」が新品になっちゃったぜ!!――代替機だけどね)でアップルの「iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」に申し込んだいきさつをまとめた。

 「修理には4〜6日かかるけど、今は混んでいるのでもっと時間がかかるかも」というスタッフの懸念が的中したようで、アップルストア渋谷から「Your product is ready for pickup」のメール連絡が来た(申込時に電話連絡を選ぶこともできる)のは5月11日の午後。結局、9日かかったことになる。しかも、メールには「写真付きの身分証明書を持参してください」という表記に加え、「5月26日までには取りに来てね」というただし書きもあった。

 代替機の16Gバイト版の容量不足に悩まされていたので、すぐさまアップルストア渋谷に予約をいれようとWebページを見たものの、すでに空きはなく、断念。ええい、ままよと翌日の昼休み時間に突撃してみた。

手続きはスムーズに進む

ht_aps02.jpg iPhone 貸出契約書とサービス見積書を忘れずに

 店内は平日の午後ということもあり、申込日(5月2日)のような大混雑ではなかったが、それでも2階の壁際には20人近い人が順番を待って立っていた。

 まずは近くのスタッフに修理完了の連絡をもらった旨を伝えたところ、いつも通りに「壁際でお待ちください」とのつれない対応。おとなしく待つこと10分ほどでカウンターに呼ばれた。お、これは意外と早く終わるかもという期待が浮かんできた。

 以下に、修理完了までの流れをざっとまとめた。あくまで筆者の場合であり、必ずしもこのようになるわけではないが、参考例として見てほしい。

修理完了のプロセス

  • 「サービス見積書」と「iPhone 貸出契約書」(代替機を依頼していれば)をスタッフに渡す
  • 本人確認
  • 代替機のコンテンツと設定を消去
  • 代替機返却とSIMカードの換装
  • 修理完了の書類確認と署名(iPad上)
  • ユーザーによる動作確認
  • スタッフによる手続きと質問受付
  • 「お客様各位」の書類を渡される

 上記にかかった時間はおよそ10分。筆者は代替機を要望したが、これが不要ならばもっと短くなるはずだ。「iPhone 貸出契約書」のようにペンが必要な書類もなく、iPad上の署名で簡潔に済む。

交換されるのは不具合のあったパーツと関連パーツのみ

 修理から戻ってきたiPhone 5をスタッフから手渡され、スリープ/スリープ解除ボタンやホームボタンなどの動作をユーザー自身の手で確認する。外装などは以前のままなので、傷だらけの愛機とご対面というわけだ。実際、ボディ背面に貼ってあった「Gundam Cafe & Bar」のシールもそのままだった。

 最後にスタッフから手渡された「お客様各位」というA4の書類には、下記のような記述があった。

  • お客様から報告された問題を解決するために必要な部品(※)を交換しました。
  • 最新バージョンのiOSをインストールしました。
  • 修理したiPhoneが、報告された問題について、品質テストに合格することを確認しました。
※新しい部品、または新品と同等の性能および信頼性を持つ部品と交換させていただきました。

 つまり、今回の修理では不具合があったパーツのみ交換されていること、同時に最新のiOS(現状では7.1.1)がインストールされることがポイントだ。また修理完了後、90日間の製品保証がつくので、何かあればアップルストアなどに来てほしいとのことだった。

 ちなみに、ダメ元で延長保証サービスの「AppleCare+ for iPhoneにこのタイミングで入れますか?」とスタッフに聞いたところ、「機種変更などで新しいiPhoneと同時に購入するか、iPhoneの購入日から30日以内でないとだめなので、今回は無理ですね」との回答だった。

 対応してもらったスタッフは非常に丁寧で、別れ際にも「今回は2度もアップルストアに来ていただき、お手数をおかけしました」と声をかけてくれた。とはいえ、筆者のように仕事柄メーカーサポートに興味がある場合を除けば、一般ユーザーにとって今回のような引き取り修理は面倒に他ならない。代替機が用意されているとはいえ、日頃使っているスマートフォンがなくなるのは非常に不便だ。遅ればせながら「交換プログラム」を実施した同社の姿勢は評価できるがなぁ、とつらつら考えながら遅い昼食(唐そば 公園通り店)を取りつつ、アップルストア渋谷からメールで送られてきた「Genius Bar 修理確認書」を確認したところ、筆者の場合は4つのパーツが交換されていた。

 次期iPhoneはいつ出るのかなどと思いをはせながら、もうしばらくiPhone 5と付き合う日々が続きそうだ。

当日必要なもの

  • サービス見積書とiPhone 貸出契約書(代替機を依頼していれば)
  • 代替機(依頼していれば)
  • 写真付きの身分証明書

今回分かったこと

  • 交換されるのはスリープ/スリープ解除ボタンなどの関連パーツのみ
  • iOSが最新版(現状では7.1.1)になる
  • 修理完了後、90日間の製品保証がつく

ht_aps03.jpg 傷だらけの愛機と10日ぶりに対面。背面のガンダムシールも以前のままだった

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.