ニュース
» 2014年08月29日 22時33分 UPDATE

SIM通:格安SIMプランの選び方(b-mobile編)

MVNOとしては老舗の日本通信。同社が提供しているSIMサービス「b-mobile」シリーズのおすすめプランを、タイプ別にまとめてみました。

[SIM通]

 NTTドコモのMVNOサービスをいち早く提供してきた日本通信の「b-mobile」シリーズ。非常にユニークな製品(プラン)が多いなか、ユーザーのタイプ別にぴったりなプランをまとめてみました。

photo

 データ通信専用のb-mobile X SIMは「プランI」「プランN」「プランB」の3種類あり、最低利用期間がないのも特徴。

「b-mobile」b-mobile X SIM
SIM プラン 高速データ通信 月額料金
b-mobile X SIM プランI 1.01GB/月 972円
プランN 51MB/日 972円
プランB 2.2GB/月 1,625円

 音声通話も可能なSIMもあります。スマホ電話SIM フリーDataは標準で最大200kbpsのデータ通信が可能な音声通話SIMです。最低利用期間は5ヶ月間。また、通話専用の携帯電話SIMもありますが、今回は割愛します。

 スマホ電話SIM フリーDataの基本プランは1,684円(最高200kbpsのデータ通信)。これにオプションとして高速データ通信を1GB、2GB、3GB、7GBまで追加可能。なお、2014年10月31日までキャンペーンを実施中で、期間中に1年継続オプションに加入するとボーナスとして高速データ通信の容量が毎月1GBプラスされます。

「b-mobile」スマホ電話SIM フリーData
SIM 高速データオプション 1年継続オプション ボーナス 月額料金
スマホ電話SIM フリーData × × なし 1,684円
× +1GB 1,684円
1GB +1GB 2,052円
2GB +1GB 2,710円
3GB +1GB 3,369円
7GB +1GB 4,298円

 ちなみに、b-mobileでは高速データ通信の容量を使い果たすと速度は最大200kbpsに制限されます。

photo

 タイプ別オススメのプランはこのようになりました。

(1)安さ重視タイプ

 とにかく安ければ良いというのであれば、b-mobile X SIMの「プランN」が良いでしょう。月額料金は972円です。1日あたり51MBまでの高速データ通信が可能となっています。

(2)Wi-Fiの利用が多いタイプ

 普段はWi-Fiの利用が多く、モバイルデータ通信はたまにしか使わないというのであれば、b-mobile X SIMの「プランI」がオススメ。高速通信が1日あたり51MBと少ない「プランN」と比べて「プランI」は1ヵ月あたり1.01GBという量なので、例えば月に10日程度であればたっぷり100MBずつ使うことができます。

(3)Wi-Fiはほぼ利用しないタイプ

 頻繁にモバイルデータ通信を利用する人にオススメなのはb-mobile X SIMの「プランB」。1ヵ月あたり2.2GBも利用することが可能。このくらいあれば、SNSへの写真の投稿や、頻繁にLINEを使っても心配ないでしょう。

(4)制限なしに使いたいタイプ

 通信容量を気にせずに使いたい人はスマホ電話SIM フリーDataが良いです。月額1,684円で最大200kbpsのデータ通信が使い放題ですし、高速データ通信も7GBの通信容量を4,298円で利用できます。しかも、10月31日までに申し込むと1GB分のボーナスが毎月もらえるのも魅力。使い切っても最大200kbpsの低速スピードで通信が可能となっています。

 他にも2GBのデータ通信を2枚のSIMカードで分け合うPairGB SIMや、プリペイドタイプのSIMもあり、ユーザーの使い方に合わせてプランが選びやすいb-mobile。ぜひ、自分にあったプランを見つけてみてくださいね!

>>関連リンク

b-mobile

格安SIMプランの選び方(OCN編)

格安SIMプランの選び方(IIJmio編)

SIMフリースマホ入手でおさえておきたい「OCN モバイルONE」とは?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう