ニュース
» 2014年09月08日 07時19分 UPDATE

Android Wear、年内のアップデートでオフライン音楽再生やGPS対応

Googleが、Android Wearのアップデートを年内に2回は実施し、端末内の音楽再生機能、GPSのサポート、Google Playでのカスタマイズ用ウォッチフェイスの提供を追加すると発表した。

[ITmedia]

 米Googleは9月6日(現地時間)、ウェアラブル端末向けOS「Android Wear」の今後のアップデートについて発表した。

 年内に少なくとも2回のアップデートを行う。最初のアップデートでオフラインでの音楽再生機能とGPSのサポートを、2つ目のアップデートでウォッチフェイス(ホーム画面)のダウンロード機能を追加する。

 Android Wear搭載スマートウォッチは、Androidスマートフォンと連係してスマートフォンの音楽再生を操作できる。アップデート後は、Android Wear端末内に保存した音楽を、端末と接続したBluetoothヘッドフォンを使って聴けるようになる。ジョギングの際などに、スマートフォンを持たずにAndroid Wearだけで音楽が楽しめるようになるということだ。現在発表されているAndroid Wear端末は、いずれも4Gバイトのストレージを搭載している。

 GPSのサポートにより、GPSセンサーを搭載する端末で距離と速度を追跡できるようになる。

 ウォッチフェイスはGoogle Playで提供する。ユーザーはサードパーティー製を含むさまざまなウォッチフェイスで自分の端末のホーム画面をカスタマイズできるようになる。

 これらのアップデートは、IFA 2014で発表された4モデル(Motorolaの「Moto 360」、ASUSの「ZenWatch」、LG Electronicsの「LG G Watch R」、ソニーモバイルの「SmartWatch 3」)を含むすべてのAndroid Wearに対応する。

 android wear 左から、「Moto 360」「ZenWatch」「LG G Watch R」「SmartWatch 3」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.