ニュース
» 2014年10月06日 07時00分 UPDATE

SIM通:諦めないで!050番号で役立つ緊急対策アプリ

IP電話アプリは緊急通報ができないのが弱点ですが、どのように対応すればよいのでしょうか? その方法のいくつかを紹介します。

[SIM通]
SIM通

 050 plusなどの050番号サービスで緊急時にできることや緊急時のためのアプリを紹介します。

photo

 NTTコミュニケーションズの提供する「050 plus」というサービス。筆者も愛用しています。

 これは、050から始まる電話番号を持つことができ、スマートフォンやタブレット、パソコンから、デバイスを問わず電話できるというインターネット電話サービス(IP電話)です。

 嬉しいのは固定電話先へ3分あたり8.64円(税込、以下同)(※携帯、PHSへは17.28円/分)で通話できること。

 これにより、固定電話あてに電話する際は「050 plus」を使うことで通話料金の節約をしています。

 また、音声通話契約の無い格安SIMでも「050 plus」を契約することで050番号にて通話できることも大きなポイントのひとつ。

 しかしながら、「050 plus」などのIP電話サービスには電話できない電話番号も存在します。

 それは緊急通報(110、118、119)や3桁番号(117時報や177天気予報など)です。050番号で警察や消防に電話できないのは困ると諦めるのは早計。確かに電話できないですが、工夫することで万が一の際に被害を最小限に留めることができます。

アプリを入れて対策する

 スマートフォンでまず行って欲しいのが、対策アプリを入れること。アプリを入れることでイザというときにある程度の対策ができるようになります。

◆緊急通報ナビ(無料)

photo

AppStore / Google Play

 これは110番や119番のできない050番号のスマートフォンで、最寄りの警察署を検索できるアプリです。スマートフォンのGPS機能を利用し、地図上に最寄りの警察署を表示し、そこへ電話連絡やナビ機能を利用した道案内もしてくれます。

 さらに緊急時ではないが相談をしたい場合の各都道府県警察の総合相談電話番号へも連絡できます。消防(救急車)には対応していませんが、これを入れておくことでスムーズに警察へ電話できるようになります。

◆全国病院検索forポケットメディカ(無料)

photo

AppStore(web版のみ) / Google Play

 最寄りの病院や全国各地の病院を検索することができるアプリ。診療科目のほか、電話番号、ルート検索、受付時間を調べることができるため、出先で具合が悪いなという場合に対応できます。周辺5km検索のほか、特定の地域検索や診療科目での検索もできるため、効率よく探すことができます。例えば、旅行や出張で行き先が事前に決まっている場合は、その場所の病院を調べるといった使い方もできます。

あらかじめ連絡方法を決めておく

photo 事前に緊急通報ができないことを伝えたのち知人や家族の助けを借りるのも手

 そのほかの事前手段として、知り合いや家族間にて万が一の際の連絡方法を決めておくというのも有効です。

 例えば事故や災害に巻き込まれてしまった場合に、LINEやFacebookメッセンジャーなどで家族や知人の代わりに通報してもらうといった方法です。

 LINEなどでは相手に位置情報を通知することができるため、その情報も併せて教えると良いでしょう。

 050 plusなどの050番号サービスで緊急通報できないと諦める前に、ぜひ対策をして、万が一に備えることである程度まで弱点をカバーすることができます。ぜひお試しください!

※当記事により生じたいずれの損害についても責任を追うものではありません

※スマートフォンのIP電話サービスはインターネットに繋がらない場合は利用できません

※050 plusは月額324円(税込)のサービスです

※あくまでも緊急時の予備対策であり、確実な内容ではありません。あらかじめご了承ください

>>関連リンク

災害が起きる前に入れておきたい厳選アプリ5選

SIMフリースマホ入手でおさえておきたい「OCN モバイルONE」とは?

Copyright:(C) 2016 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.