ニュース
» 2015年07月14日 11時16分 UPDATE

調査リポート:世界のスマートフォン販売利益の92%はApple──Canaccord Genuity調べ

Appleは、スマートフォン出荷台数の世界におけるシェアは13.7%でSamsungに次ぐ2位だが、営業利益でみると、上位8社の合計の92%を同社が占めることがCanaccord Genuityの調査で明らかになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが第1四半期(1〜3月期)のiPhone販売で得た営業利益は、世界の全スマートフォン販売の営業利益の92%を占めた──。そのような調査結果をカナダの投資銀行Canaccord Genuityが発表したと米Wall Street Journalなど複数の海外メディアが7月12日(現地時間)に報じた。

 iphone

 この調査は、スマートフォンメーカーの上位8社の営業利益に基づくもの。Appleの営業利益のシェアは前年同期は65%だったという。

 Appleの1〜3月期の業績発表によると、iPhoneの同四半期の販売台数は40%増の6117万台で過去最高を更新し、売上高は55%増の402億8200万ドルだった。

 米調査会社Strategy Analyticsによると、同四半期の世界スマートフォン市場におけるAppleの出荷台数シェアは13.7%の2位。首位は韓国Samsung Electronicsで22.2%だった。Samsungの営業利益シェアは前年から26ポイントも減少し、15%だった。

 Appleが利益率の高いハイエンド端末を主力としている一方、Samsungなど他のスマートフォンメーカーの多くは新興国向けの廉価端末に注力し、価格競争を展開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.