ニュース
» 2015年11月18日 18時00分 UPDATE

富士フイルム、見たい写真を簡単に検索できるアプリ「写真をmikke」をリリース

富士フイルムはスマートフォン内に保存された写真を自動解析し、人物や撮影時のシチュエーションなどから検索できる「写真をmikke」をリリースした。

[エースラッシュ,ITmedia]

 富士フイルムは、11月18日にスマートフォン向け写真検索アプリ「写真をmikke(ミッケ)」のiOS版をリリースした。ダウンロードは無料で、Android版は12月中旬を予定している。

Photo 写真をmikke

 本アプリは同社独自の画像解析技術を活用したソフト「イメージオーガナイザー」を活用し、端末内に保存されている画像を自動解析。「人」「ペット」「食べ物」「夜景」「乗り物」「花」「アウトドア」「インドア」「文字/イラスト」の9つのグループに自動で分類し、タグ付けを行う。人物写真は写真に写っている顔を個別に認識し、人物ごとにフォルダに分類して顔アイコンを自動生成する。

 検索方法は「タグ検索」に加え、人物ごとに自動生成された顔アイコンから探す「人物検索」では、家族や親しい友人のグループを作成するとグループのメンバーが写っている写真だけを検出することも可能。タグ検索と人物検索を組み合わせた複合検索も行えるほか、探したい写真が撮影されたおおよその時期、時間帯、人数、シーン、場所(現在地からの距離)の5項目についてスライダーバーを左右に動かしながら探す「感性検索」も利用可能だ。

Photo さまざまな検索機能を搭載

 また、検索した画像をグループ化して別のフォルダに保存でき、フォルダ間の移動にも対応。Eメールでの送信やTwitter、FacebookなどのSNSにアプリ上から直接投稿も行える。 今後は検索の機能拡充を予定し、一部機能をアプリ内課金で提供することも検討している。

Photo 検索した画像のフォルダ化やSNSへの投稿も可能

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.