調査リポート
» 2016年02月10日 14時49分 UPDATE

iPhoneのシェアが初の前年割れ――2015年の国内携帯電話出荷数調査

MM総研は、2015年1月〜12月の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表。総出荷台数は前年比6.6%減の3577万台で、4375万台を出荷した2012年から3年連続で減少した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MM総研は、2月9日に2015年1月〜12月の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表した。

 フィーチャーフォンとスマートフォンの総出荷台数は前年比6.6%減の3577万台で、4375万台を出荷した2012年から3年連続で減少。対2012年比では18.2%減となった。スマートフォンの出荷台数は2758万台で前年比0.4%減、フィーチャーフォンの出荷台数は819万台で前年比22.6%減と大幅に減少した。同社が携帯電話出荷統計を開始した2000年以降、フィーチャーフォンの年間出荷台数が1000万を下回るのは初。

 総出荷台数に占めるスマートフォン出荷台数比率は77.1%で前年比4.7ポイント増、フィーチャーフォンは22.9%で前年比4.7ポイント減。2014年はフィーチャーフォンの出荷台数が2013年を上回ったが、再び減少傾向にある。

Photo 携帯電話端末出荷台数(2012年-2015年)

 同社は2015年のスマートフォンが前年同規模で推移した理由について、価格を抑えた中価格〜低価格Androidスマートフォンが人気を集めたこと、買い替えサイクルの長期化が進んでいるが安定した買い替え需要があったと分析。一方、フィーチャーフォンは買い替え需要が少ない、スマートフォンからフィーチャーフォンに戻るユーザー層がMVNOサービスを選択するようになったと考える。

 2015年のメーカー別出荷台数シェアは、1位がAppleで41.2%、次いで2位にソニー、3位にシャープ、4位に京セラが続く。Appleは4年連続1位だが、前年比10.6%減で初の前年割れとなった。総務省が実施した「携帯料金に関するタスクフォース」の影響で、端末価格が優遇されてきたiPhoneの台数やシェアは減少すると予測している。

 スマートフォン出荷台数に占めるOS別シェアはiOSが53.4%、Androidが46.6%とシェアを拡大してiOSとの差を縮めた。

Photo メーカー別出荷台数シェア

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.