ニュース
» 2016年04月19日 08時40分 UPDATE

KDDI、災害救助法適用地域の契約者に10GBのデータ通信容量を追加 データチャージ料金も免除【更新】

熊本地震の被災者支援の一環として、KDDIが10GBのデータ容量を追加する措置を実施する。また、4月14日からこの措置を実施するまでの期間に購入したデータチャージ料金も免除する。いずれも一定条件を満たす契約者が対象で、順次自動適用される

[井上翔,ITmedia]

 KDDIは、熊本地震の被災者支援の一環として、au 4G LTE対応のスマートフォン・ケータイ・タブレットに10GBのデータ通信容量を追加する措置を実施する。また、この措置の対象者については、4月14日から措置実施までの間に購入した「データチャージ」の料金を請求しない。いずれの措置も申し込みは不要で、4月19日から20日にかけて順次自動的に適用する。

対象契約者

 今回の措置の対象者は、災害救助法が適用された自治体(4月15日現在の対象地域【PDFファイル】)に契約住所または請求書送付先住所がある、以下のデータ定額サービス・料金プランの契約者。名称に「(V)」「(VK)」が付くVoLTE端末用定額サービス・料金プラン、「(L)」が付くLTE専用タブレット用料金プラン、「(i)」が付くiPad専用料金プランも対象となる。

  • データ定額1〜13
  • LTEフラット
  • LTEフラット cp(f・2GB)
  • LTEフラット cp(1GB)
  • ジュニアスマートフォンプラン
  • シニアプラン
  • タブレットプラン ds(3年契約)
  • タブレットプラン ds(2年契約)
  • LTEフラット for Tab
  • LTEフラット for Tab ds
対象のパケット定額サービス・料金プラン 対象のパケット定額サービス・料金プラン

4月22日追記

 KDDIは4月22日、上記の10GB追加とデータチャージ料金の免除に加え、4月末までは通信速度制限を解除すると発表した。仮に追加された10GB分を使い切っても、速度制限を受けることなくauのデータ通信が利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう