ニュース
» 2016年04月22日 17時53分 UPDATE

MVNOやIoTの展望が分かる――「ワイヤレスジャパン 2016」の事前登録を受付中

5月25日〜27日に東京ビッグサイトで開催される、モバイル/ワイヤレスの専門展示会「ワイヤレスジャパン2016」の事前予約を受付中。MVNOやIoTをテーマにしたカンファレンスも実施する。Android Nの情報もキャッチできる。

[田中聡,ITmedia]

 リックテレコムが、5月25日〜27日に東京ビッグサイトで開催される、モバイル/ワイヤレスの専門展示会「ワイヤレスジャパン2016」の事前登録を受け付けている。開催場所は東京ビッグサイト西3・4ホールと会議棟、開催時間は10時〜18時(27日のみ17時まで)。

ワイヤレスジャパン 2016

 2016年は、IoT(Internet of Things)市場でのビジネス創出を目指し、MVNO、M2M、モバイルソリューション、近距離無線、ネットワークインフラ、クラウド、ビッグデータなどのカンファレンスや展示を実施する。

 展示館への入場とカンファレンスの参加は無料。展示会に入場するための事前登録をこちらで受け付けている。

 5月25日に開催される基調講演の第1部「MVNOビジネスフォーラム」では、インターネットイニシアティブ(IIJ)の取締役CTO 島上純一氏が登壇し、「MVNO 第2章」というテーマで日本のMVNO業界の展望を語る。誰もがMVNOになれるIoTプラットフォームを提供しているソラコムの代表取締役社長 玉川憲氏も登壇し、IoTの課題や、セキュアに取り組むための解決策を、SORACOMサービスの事例を交えて解説する。

 基調講演の第2部「モバイルテクノロジ&ビジネスコンファレンス」では、ノキアソリューションズ&ネットワークス、NTTドコモ、Huawei、ソフトバンク、KDDIの担当者が、M2MやIoTに関する取り組みや展望を語る。

 他に、スマートIoTセッション、切れない無線スペシャルセッション、Androidセッション、Bluetoothフォーラム、MVNOフォーラム、携帯電話販売代理店向けビジネスセミナーなどを予定している。25日のAndroidセッション「最新AndroidとIoTプラットフォームの今」では、日本Androidの会 理事長の嶋是一氏が、最新の「Android N」や、IoTプラットフォームとAndroidの関係を語る。27日のMVNOフォーラムでは、レンジャーシステムズ 取締役の玉井康裕氏が「生き残るMVNOサービスとは」というテーマで、MVNOが差別化を図るべきポイントを解説する。

ワイヤレスジャパン 2016 カンファレンス一覧

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう