ニュース
» 2016年04月25日 19時05分 UPDATE

「SPAJAM2016」大阪予選が開催――最優秀賞はリアルタイムにアルバムを生成するアプリ

4月23日〜24日にかけて「スマートフォンアプリジャム2016」大阪会場での予選が開催された。「おでかけを楽しむ」というテーマでアプリ開発を行い、最優秀賞はチーム「ジョン」のアプリ「ぼく、パシャ男」。

[エースラッシュ,ITmedia]

 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)とスマートフォンアプリジャム2016実行委員会は、4月23日〜24日にかけて「スマートフォンアプリジャム2016(SPAJAM2016)」大阪会場の予選を行った。

Photo 最優秀賞チーム「ジョン」

 予選には高校生、専門学校生、高専生、大学生、社会などの計12チームが参加し、「おでかけを楽しむ」をテーマにアプリを開発。最優秀賞にはチーム「ジョン」のアプリ「ぼく、パシャ男」が選ばれた。

 本アプリは外出時に撮影した写真・動画を使ってリアルタイムにアルバムを生成するというもので、画像処理で通行人を消す機能も実装した。限られたスペックの中で高度な画像処理技術を搭載し、クオリティの高いユーザーインタフェース(UI)を実現するなど、総合的な実装力が高く評価された。

 優秀賞には「アプリNavi」「KICKHOST」「Teamはぎー」の3チームが選出。本選には最優秀賞に加え、優秀賞のチームから最大2チーム、学生チームの中から学生枠として1チームが出場する。今後順次行っていく札幌、仙台、東京C、東京D、東海、福岡予選では参加チームを募集中だ。予選参加者には特製SPAJAM2016ステッカーをプレゼントする。

Photo 集合写真

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう