ニュース
» 2016年06月21日 21時22分 UPDATE

3キャリアから発売、「Xperia X Performance」の価格を比較する

「Xperia X Performance」が6月24日に3キャリアから発売される。価格はどれだけ違うのだろうか? ディスプレイ面と背面の外観も比較してみた。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズ製の最新スマートフォン「Xperia X Performance」が、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアから6月24日に発売される。気になる価格は3キャリアでどれだけ違うのだろうか? オンラインショップを調べてみた。価格はいずれも税込。

 ドコモ版の一括販売価格は9万72円で、データM/Lパックまたはシェアパック10以上を契約し、「月々サポート」を24回適用した後の実質価格は、新規契約・機種変更・契約変更が4万7952円、MNPが2万736円となる。データSパックまたはシェアパック5を契約している場合、実質価格は新規契約・機種変更が5万8320円、MNPが3万1104円となる。

 なお、ドコモを4年以上利用している人が機種変更をすると、「感謝のきもちスマホ割」によって月々サポートが最大5184円増額され、実質価格は4万2768円または5万3136円となる。(※6/22 14:57:感謝のきもちスマホ割について追記しました)

 au版の一括販売価格は9万2880円で、「毎月割」を24回適用した後の実質価格は4万3200円(auスマートパス加入時)または5万976円(auスマートパス非加入時)となる。これは新規契約、機種変更、MNPいずれも同じだ。なお、「データ定額1(V)」では毎月割が適用されない。

 ソフトバンク版の一括販売価格は9万3120円で、「月月割」を24回適用した後の実質価格は新規契約と機種変更時が4万2720円、MNPが1万6080円。この月月割と実質負担額は「App Pass」を契約した場合。App Passに加入しない場合は月月割が最大9576円少なくなる。なお、「データ定額パック・小容量(1)」では月月割が適用されない。

 一括価格が最も安いのはドコモの9万72円で、ソフトバンクの9万3120円が最も高い。実質価格はソフトバンクのMNP(1万6080円)が最安で、ドコモ(データM/Lパックまたはシェアパック10以上)のMNP(2万736円)が続く。新規と機種変更の実質価格はソフトバンクが最安(4万2720円)だ。

 auはMNPでも優遇されておらず、実質価格は一律4万3200円か5万976円。ただしau Online ShopでXperia X PerformanceをMNPまたは機種変更で予約して購入すると、au WALLET プリペイドカードへ5000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施している。

「Xperia X Performance」の価格
一括価格 月々サポート 毎月割 月月割 実質価格
ドコモ au ソフトバンク ドコモ au ソフトバンク ドコモ au ソフトバンク
新規契約 9万72円 9万2880円 9万3120円 1755円/1323円 2070円/1746円 2100円/1701円 4万7952円/5万8320円 4万3200円/5万976円 4万2720円/5万2296円
機種変更 9万72円 9万2880円 9万3120円 1755円/1323円 2070円/1746円 2100円/1701円 4万7952円/5万8320円※1 4万3200円/5万976円 4万2720円/5万2296円
MNP 9万72円 9万2880円 9万3120円 2889円/2457円 2070円/1746円 3210円/2811円 2万736円/3万1104円 4万3200円/5万976円 1万6080円/2万5656円
※新規契約、機種変更、MNPで最も安い価格/高い割引額に赤いマーカーを入れている。
※ドコモの「月々サポート」と実質価格は「データM・Lパック」または「シェアパック10」以上契約/「データSパック」または「シェアパック5」契約の価格。auの「毎月割」と実質価格は「auスマートパス」加入時/非加入時。ソフトバンクの「月月割」と実質価格は「App Pass」加入時/非加入時。
※1:「感謝のきもちスマホ割」適用で4万2768円/5万3136円となる。

※本文と表で整合性の取れていないところを修正しました。また表中のau「毎月割」が誤っていました。おわびして訂正いたします(6/22 18:28)。

おまけ:3キャリア版の外観を比較する

 ドコモ版、au版、ソフトバンク版のいずれも正面に「SONY」ロゴがあるが、背面は異なる。ドコモ版は中央に「docomo」ロゴ、下に「XPERIA」ロゴがあり、キャリアロゴの主張が強い。右上に型番(SO-04H)の表記があるのもドコモのみだ。au版は中央に「XPERIA」ロゴ、下に「au」ロゴがあり、キャリアロゴは控えめ。一方、ソフトバンク版は中央に「XPERIA」ロゴがあるのみで、キャリアロゴはない。ドコモ→au→ソフトバンクの順に、キャリア色の強い外観となっている。

 グローバルモデルにはない樹脂素材は、3キャリア版いずれも入っている。

Xperia X Performance ドコモ向けモデル
Xperia X Performance au向けモデル
Xperia X Performance ソフトバンク向けモデル

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう