連載
» 2016年06月29日 20時00分 UPDATE

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:「写真(Photos)」アプリで明るさ・色・傾きを直そう! (1/3)

iPhoneで写真を撮ると「明るさ」「色」「傾き」が気になることがある。そんな時はiPhone標準の「写真(Photos)」アプリを使ってみるべし。

[荻窪圭,ITmedia]

 この連載では時々、超基礎的なネタもやりたいと思っている。今回は、基本中の基本のところを取り上げたい。

「ピント」「手ブレ」に気を付ける 暗い写真は明るさ調整

 カメラマンの方々は「カメラを構えて撮った瞬間に作品として完成されているべし」と言う。けれども、一瞬でさっと完璧な構図を決めて、さっとセッティングして撮るなんてプロでもない限り無理難題。そこまで写真を突き詰めようと思っている人は、ほんのわずかしかいないはずだ。

 普通の人は、とりあえずピントと手ブレにだけ注意して撮りましょう、と。

 でも、漫然と撮っただけでは伝わらない。写真をSNSに上げるっていうのは「その写真で伝えたいなにか」があるからで、「おいしかったよー」と伝えたいのにその写真がマズそうだったら悲しいわけである。

 そんなときはどうするか。撮った後にひとてまかけてみるべし。こんな感じで。

左が撮影したときの元画像。右がほんのちょっといじった画像 左が撮影したときの元画像。右がほんのちょっといじった画像

 面倒くさい作業が必要なわけではない。純正の「写真(Photos)」アプリでササッと明るさをいじっただけだ。手順としてはこんな感じ。

  1. 右上の「編集」をタップする。
  2. 下に並んでいる左から3番目のアイコンをタップする。
  3. 明るさを調整したいので「ライト」をタップし、右にずずっとスライドして明るくする
  4. 右下にある完了をタップする
編集画面のここをタップして…… 編集画面のここをタップして……
ここをスライドして明るさを調整 編集画面のここをスライドして明るさを調整

 たったこれだけなので、10秒とかからないのである。

 完了をタップすると、撮った写真が編集済みのものに自動的に置き換えられる。後は共有するなりなんなりすれば良い。

 写真を編集するというと「フィルタをかけること」と思う人もいるかもしれないが、その前に、写真としてちょっとマシにしてやろうというだけのことだ。また、写真アプリで編集すれば、先述のように元の写真と置き換えられるので、枚数は増えない。

明るくなった猫 明るくなった猫

 では、間違ってヘンな編集してしまい、「しまった! 元に戻したい」という時はどうすれば良いのだろう?

 簡単、元に戻せばよろしい。一度編集した写真をもう一度写真アプリで編集しようとすると、右下に「元に戻す」というボタンが現れるはず。これをタップすると、いつでもオリジナルの写真に戻せるのだ。iPhoneは内部で“元の写真”も保持しているから、安心である。

 ただし、元に戻すと、今まで写真に加えてきた編集が全て破棄されてしまう。要注意。

編集した写真には「元に戻す」ボタンが付く 編集した写真には「元に戻す」ボタンが付く
元に戻すと全ての変更が破棄される 元に戻すと全ての変更が破棄されるので注意
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう