レビュー
» 2016年07月13日 21時55分 UPDATE

利用シーンが広がって便利――「Moto G4 Plus」のLTE/3G同時待受を試す

「Moto G4 Plus」はLTEと3Gの同時待受に対応しており、「通話用」と「データ通信用」のSIMカードを1台で使い回せる。Moto G4 PlusのデュアルSIMはどれだけ便利なのか? 主な設定や使い勝手をまとめた。

[田中聡,ITmedia]

 モトローラ・モビリティ・ジャパンが7月22日に発売するSIMロックフリースマートフォン「Moto G4 Plus」は、3GとLTEの同時待受(デュアルスタンバイ)に対応しているのが大きな特徴。日本でもデュアルSIMに対応したスマートフォンは登場したが、そのほとんどがGSMとLTEの組み合わせだったので、日本国内ではLTEのSIMカード1枚しか利用できなかった。

Moto G4 Plus LTE/3Gの同時待受が可能な「Moto G4 Plus」。2枚のSIMを挿すと、「4G」と「3G」のピクトアイコンが現れる

 3GとLTEの同時待受に対応したMoto G4 Plusなら、日本国内で通話用とデータ通信用のSIMカードを使い分けられる。例えば「ドコモ」と「MVNOの格安SIM(以下=格安SIM)」を契約している場合、ドコモ端末からMoto G4 Plusに乗り換えつつ、1台でドコモSIMと格安SIMを運用できる。ドコモ回線のSIMとY!mobile SIMの併用も可能だ。

 仕事とプライベートで端末を分けている人も、ドコモ系かY!mobileのSIMならMoto G4 Plusに統合できる。海外を訪れた際は、データ通信は現地のSIMを、通話は日本のSIMを1台で使えるので、「通話用」「データ通信用」と端末を分ける必要がなくなる。

 今回、Moto G4 Plusの実機を試す機会を得たので、デュアルSIMの使い勝手を確認した。筆者の場合、「SIM1」には「IIJmio」のデータSIMを、「SIM2」にはNTTドコモの音声SIM(spモード契約)を挿し、データ通信をIIJmioで、音声通話をspモードで使うことにした。

Moto G4 Plus ドコモとIIJのSIMカードを同時に挿してみた

 同時待受を利用するにあたり、いくつか理解しておきたいことがある。

 まず、Moto G4 PlusではLTEの同時待受はできず、必ず一方は3Gでの通話用になる。「設定」→「SIMカード」→「優先SIM」から、データ通信、通話、SMSでどちらのSIMカードを優先的に使うかを設定できる。通話は(LTE上で高品質な通話ができる)VoLTE、データ通信もLTEを使いたいというニーズもあるだろうが、Moto G4 PlusはそもそもVoLTEに対応していないので、仮に通話用にLTEを使えても恩恵はないだろう。

Moto G4 PlusMoto G4 Plus データ通信、通話、SMSでどちらのSIMを使うかを設定する

 通話用に設定したSIMは、そのままだとデータ通信はできないが、優先SIMを通話からデータ通信に変更すれば、データ通信ができるようになる。SIM 2枚のデータ容量を1台の端末で使えて便利だ。例えばIIJmioの月間容量を使い果たし、データ通信をspモードに切り替えたい場合、優先SIMの設定をspモードに変更すればよい。

 APN設定は、もちろん2つのSIMどちらも行う必要がある。Moto G4 Plusの場合、主要な格安SIMのAPNはプリセットされているので、「設定」→「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」から該当サービスを選択するだけでよい。spモードのAPNはプリセットされていないが、「APN」で「spmode.ne.jp」と入力すればデータ通信が可能になる。

Moto G4 PlusMoto G4 Plus 主要なAPNはプリセットされている(※spモードは手動で入力したもの)(写真=左)。ドコモのspモード契約SIMは、APNに「spmode.ne.jp」と入力すれば使用可能になる(写真=右)

 Moto G4 Plusが採用する同時待受「DSDS(Dual Sim Dual Standby)」では、通話中はデータ通信が利用できなくなるので注意したい。着信があった場合に「着信」と「データ通信」のどちらを優先するかをあらかじめ設定しておくことはできるが、通話中にデータ通信をすることが多い人は注意したい。ちなみに、音声SIM1枚だけを利用する場合、音声通話中にデータ通信をすることは可能だ。

Moto G4 Plus 音声着信があった場合、データ通信と通話のどちらを優先するかを決められる

 なお、ドコモ回線を使用した格安SIMを入れると、「ドコモのSIM」と認識され、「NTT DOCOMO」と表示されしまう。本家のドコモSIMと併用すると、どちらも「NTT DOCOMO」と表示されて紛らわしいので、格安SIMの名前を変更しておこう。

Moto G4 PlusMoto G4 Plus SIMの名称は変更できる

 慣れるまで設定で戸惑うことが少しあったが、LTE/3Gの同時待受が可能になったことで、SIMロックフリースマホの利便性が大きく向上したことは確か。他にも、Moto G4 Plusのような機種が増えてくれることを期待したい。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.