ニュース
» 2016年08月03日 15時34分 公開

乾電池で動く製品をスマホで操作――「MaBeee」販売開始

ノバルスは、スマートフォンアプリでコントロールできる乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」を8月4日から正式に販売開始する。価格は4980円(税別)。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ノバルスは、8月4日から乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」を正式に販売する。希望小売価格は4980円(税別)。

Photo 乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」

 本製品はWebサイト「Makuake」にてクラウドファンディングを実施し、量産・製品化を実現。乾電池で動く製品に取り付けると、対象製品をスマートフォンでコントロールできるようになる。

Photo MaBeeeの使用例

 例えばスマートフォンを振る・傾ける・声をかけるなどに反応しておもちゃの電車を速く走らせたり、ぬいぐるみや工作ロボットを動かしたり、タイマー機能でランプを消したりといった操作が可能だ。市販の単4電池をMaBeeeに入れて単3電池駆動の機器にセットし、スマートフォンにダウンロードした専用アプリをBluetoothで接続すればコントロールできる。

Photo MaBeeeの使い方

 アプリには「かたむき」「ふる」「こえ」「とけい」「でんぱ」「ればー」「スイッチ」といったモードを搭載し、最大10台のMaBeeeと同時に接続できる。取り扱いは家電量販店やECサイトなど、全国約140店舗で行う。販売を記念し、8月4日から8カ所でデビューイベントを実施するほか、8月6日〜7日に開催される「Maker Faire Tokyo 2016」にも出展する。

Photo アプリにはさまざまなモードを搭載
Photo 過去のイベントの様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう