ニュース
» 2017年02月28日 18時48分 UPDATE

リクルート、誤差3メートルの屋内測位技術を活用した共同検証プロジェクト開始

リクルートテクノロジーズは、イスラエルの企業であるinfuse Locationと屋内測位技術を活用した共同検証プロジェクト開始。平均誤差3メートル程度での位置情報把握を可能とし、展示会イベントでのナビゲーションなどへの活用が期待できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルートテクノロジーズは、2月22日にイスラエルの企業であるinfuse Location社との屋内測位技術を活用した共同検証プロジェクト開始について発表した。

 本プロジェクトは、O2Oマーケティングや屋内ナビゲーションへの活用に注目が集まる屋内測位技術の中でも、将来的にリクルートの持つ多様なビジネス領域に応用できるよう、実利用を見据えたサービス開発の可能性を探ることを目的としている。

 両社が共同開発する新たな測位手法は、Wi-Fi、地磁気、ジャイロセンサー、GPSから得たデータを総合的に活用して屋内の位置情報を高精度に測定。Wi-Fi、地磁気、ビーコン、IMES、音・光での屋内測位など既存手法の欠点を解消し、特別な設置デバイスを用意せず30%の精度アップを実現している。主に複数フロアの使用や大型の屋内施設を貸切する大規模イベントでの利用を想定し、オフィスやショッピングモールなど計6会場、合計10回行った検証では平均誤差3メートル程度での位置情報把握に成功した。

Photo 開発中のデモ画面

 主な特徴は、ユーザーのいる階やフロア内の詳細な位置把握による高精度な位置情報の推定、 極小サイズの領域判別による高精度なターゲティングの実現、ビーコンなどを必要としないオペレーションコスト削減による実用性の向上。これにより展示会イベントでブースの場所をガイドするといったナビゲーション、関心エリアなど来場者の情報をリアルタイムに収集することで運営・サービスの改善につなげるという活用が期待できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう