ニュース
» 2017年06月14日 18時00分 UPDATE

トイレの空室状況を把握できるKDDIのサービス、小田急電鉄が採用

KDDIが提供するIoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド 〜トイレ空室管理〜」が、小田急電鉄の公式アプリ「小田急アプリ」で採用された。小田急線新宿駅の一部個室トイレの空き状況をスマートフォンで確認できるようになる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIが6月14日に提供するIoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド 〜トイレ空室管理〜」が、小田急電鉄に採用された。

 本サービスでは、個室トイレの扉に開閉センサーを設置し、リアルタイムに利用状況を可視化する。これにより、待ち時間の短縮や利用率の把握、トイレ清掃タイミングの最適化などが可能になり、トイレの効率的な運用に貢献するとしている。

 ユーザーは小田急電鉄の公式アプリ「小田急アプリ」上の駅構内図で、小田急線新宿駅で今すぐ使えるトイレを確認できるようになる。対象トイレは小田急線新宿駅の西口地下改札外トイレ、南口改札横トイレ。

Photo 「小田急アプリ」の画面イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう