ニュース
» 2017年06月27日 19時29分 UPDATE

ドコモ、働き方改革に向けたテレワークソリューション「オフィスリンク+」提供開始

NTTドコモは「働き方改革」推進の一環として、テレワークソリューション「オフィスリンク+」を7月3日から提供開始。日本マイクロソフトのコミュニケーションプラットフォーム「Skype for Business」と組み合わせれば、より便利に活用できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、中期戦略2020「beyond宣言」で掲げている「働き方改革」推進の一環として、テレワークソリューション「オフィスリンク+」を7月3日から提供する。

Photo オフィスリンク+

 オフィスリンク+は、社員と顧客の連絡先情報を一元管理するクラウド電話帳サービス「Phone Appli for オフィスリンク」と、全国型モバイル内線サービス「オフィスリンク」を組み合わせたもの。スマートフォンに連絡先情報が残らないので、紛失などによる顧客情報漏えいを防止できる。クラウド電話帳をビジネスコミュニケーションのポータルとし、日本マイクロソフトの「Skype for Business」などと連携する。

 Skype for Businessは、在席状況(プレゼンス)、インスタント メッセージング(IM)、オンライン会議などの機能を備えたコミュニケーションプラットフォーム。オフィスリンク+とSkype for Businessを組み合わせて導入することで、クラウド電話帳の組織ツリーやお気に入りから通信相手や連絡手段を選べるようになる。

 これにより、在宅勤務時やサテライトオフィス勤務時のコミュニケーションが活性化するほか、勤務時間外の着信を代表電話などに転送することで、勤務時間を適正化できるようになる。価格は月額200円(税別)/IDで、申し込みはドコモ法人営業担当、ドコモビジネスオンラインで受け付ける。

Photo 利用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう