連載
» 2017年08月26日 10時00分 公開

世界初のVGA液晶搭載 究極の全部入りケータイ「Vodafone 904SH」(懐かしのケータイ)

VGA液晶を初搭載して話題を集めた「Vodafone 904SH」は、おサイフケータイやGPSなどの人気機能に加え、ボーダフォンの新サービスや機能にも対応した「究極の全部入り」ケータイでした。

[ITmedia]

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、ボーダフォン(現・ソフトバンク)のシャープ製ケータイ「Vodafone 904SH」です。

904SH(閉じた正面)
904SH(開いた正面 Vodafone 904SH

 904SHは世界で初めてVGA(480×640ピクセル)液晶を搭載したケータイです。画素数は当時主流だったQVGA(240×320ピクセル)液晶の4倍で、写真などをより高精細に、ドキュメントファイルの情報をより多く表示できるようになっています。

 発売された2006年、ボーダフォンがソフトバンク(現・ソフトバンクグループ)に買収されました。それに伴い、「Vodafone」ロゴの代わりに「SoftBank」のロゴが入った新色(ホワイト、ネイビー、ピンク)が「SoftBank 904SH」として発売されました。

 アウトカメラには320万画素CCDセンサーを採用し、光学2倍ズームに加え手ブレ補正機能も備えました。ボディーには回転2軸ヒンジを採用していますが、インカメラやモノクロの背面液晶も搭載していました。

904SH(閉じた背面)
画面をひねった図

 904SHはGPSやBluetoothを備え、国際ローミング、おサイフケータイはもちろん、プッシュ型コンテンツ配信サービス「Vodafone live!CAST」、電話帳をサーバにバックアップできる「Vodafone Address Book」など、ボーダフォンの新サービスに対応していました。また、ボーダフォン端末として初めて「顔認証機能」「6軸モーションコントロールセンサー」「ソフトウェア更新機能」に対応したことから、当時は「究極の全部入り」ケータイと呼ばれました。

左側面
右側面
画面をひっくり返した図

「904SH」の主な仕様

  • 発売日:2006年4月15日
  • キャリア:ボーダフォン/ソフトバンクモバイル
  • メーカー:シャープ
  • サイズ:約50(幅)×104(高さ)×28(奥行き)mm
  • 重量:約151g
  • メインディスプレイ:2.4型(480×640ピクセル)モバイルASV液晶 26万2144色
  • サブディスプレイ:12×72ピクセル モノクロ液晶
  • アウトカメラ:有効約320万画素CCD 光学2倍ズーム
  • インカメラ:有効約11万画素CMOS
  • ボディーカラー:バイオレット、ブラック、ブルー、ホワイト、ネイビー、ピンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう