ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「全部入り」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「全部入り」に関する情報が集まったページです。

約50万円だけど“全部入り”ノートPC「ROG Zephyrus S17 GX703」の魅力
ASUSが、5月に発表した「ROG(Republic of Gamers)」ブランドの新型ゲーミングノートPCを日本にも投入する。17.3型でキーボードにチルト機構を備えた「ROG Zephyrus S17」をチェックしよう。(2021/7/16)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「home 5G」はモバイルできない/日本向け「Mi 11 Lite 5G」はおサイフケータイOK
NTTドコモが8月下旬以降にサービスを開始する予定の「home 5G」は、Xi/5Gエリアで使えるホームインターネットサービスです。モバイル通信を使うのですが、“ホーム”ゆえに移動制限が掛けられています。(2021/6/29)

「Steam」サマーセールが今年も到来! 「SEKIRO」半額ほか、「NieR」「Hades」「Among Us」など話題作をがっつり値下げ
いつものやつ(Portal)は2作セットで180円!(2021/6/25)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
ドコモが固定回線代わりの「home 5G」を発表 “モバイル”できないことで生じうる問題とは?
NTTドコモが8月下旬以降に、5G/4G(LTE)回線を使った据え置きワイヤレス通信サービスを開始します。“据え置き”ゆえに、従来のモバイルルーターとは提供条件が異なる面もあります。(2021/6/24)

高コスパ全部入り「OPPO Reno5 A」レビュー iPhone SEやAQUOS sense5Gと比べてどう?
オウガ・ジャパンが6月11日に発売したSIMフリースマホ「OPPO Reno 5 A」。防水防じん性能やFeliCa決済機能を備えた日本向け仕様で、低価格かつ高画質なカメラ機能が魅力だ。この夏注目の最新格安スマホの使い心地を、実際に試しつつ紹介する。(2021/6/23)

液晶ディスプレイの道:
一体化スタンドで頑丈! プリンストンの4K対応モバイルディスプレイ「UP-M156T4K」を試す
4K表示に対応したモバイルディスプレイは、接続するデバイスによって電源が足りなかったり、思うように動作しないケースもあったりするが、プリンストンの新製品「UP-M156T4K」はどうなのだろうか?(2021/6/14)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「入門用にオススメ」と評される製品で注意すべきこと
「入門用にオススメ」という表現には、ポジティブな評価の場合もあれば、ネガティブな評価の裏返しの場合もあり、字面通りに受け取るのは危険だ。このどちらの意味で使われているかを、購入前の段階で見分ける方法はあるのだろうか。(2021/5/25)

LGエレ、HDMI 2.1に対応した“全部入り”設計の120Hz/4K表示対応27型ゲーミング液晶
LGエレクトロニクス・ジャパンは、HDMI 2.1接続をサポートした27型4K液晶ディスプレイ「27GP950-B」を発売する。(2021/5/20)

「カプコン アーケードスタジアム」、プロジェクト継続決定! PS4・Xbox・Steam版も5月25日発売
タイトル追加に夢が広がる。(2021/4/27)

深〜く癒やされる動物の赤ちゃんがいっぱい! 森永乳業×動物園コラボの「マウントレーニア」がかわいい
売上の一部は動物園に寄付されます。(2021/4/23)

八王子にブックオフなど「○○オフ」がほぼ全部入りの夢の要塞が! 「無限に時間が溶ける」と話題に
6つの「オフ」が1軒に。(2021/4/12)

モバイルディスプレイの道:
4Kで10点マルチタッチ対応の“全部入り”15.6型モバイルディスプレイを試す
ルタワジャパンの15.6型モバイルディスプレイ「Better Digi Xcreen2go U15HT」は、4K表示とタッチ操作に対応した高性能モデルだ。(2021/4/9)

ソーシャルディスタンス対応も:
PR:オフィス改革の救世主 「置くだけ」で次世代会議室が作れる、Zoom Rooms専用機の威力
勤務場所をフレキシブルに選択できるようになっても、「コミュニケーションハブ」としての機能は必要であり、その役割を担っていくのがオフィスなのは間違いない。そこで本記事では、次世代のオフィスに必要な会議室改革にうってつけのZoom Rooms専用機「DTEN D7」と「Neat」を紹介する。(2021/3/31)

経験ゼロから始めるIoTデバイス入門(後編):
IoTデバイスにも必須の「技適」とは何か、どんなデバイスを選ぶべきか
IoTデバイスの基本的な構成から、必要な認証、デバイス選定までを前後編で解説する本連載。後編では、IoTデバイスを日本国内で使うために必要な認証いわゆる“技適”についての解説を行った上で、目的に応じてどのようなデバイスを選定していくべきかについて紹介する。(2021/3/9)

古田雄介のアキバPick UP!:
あとはCPUだけ――第11世代Core向けマザーボードがより多彩に
ASRockからIntel H570チップセット搭載マザーボードに複数のモデルが登場し、第11世代Core iシリーズに対応するMini-ITXマザーも選べるようになっている。ショップの期待値も上がっているが、CPUの登場時期は果たして……?(2021/3/8)

PR:“情シス”が企業の経営変革をリードする組織に生まれ変わるべき理由 情シスエバンジェリスト×日本HP対談
(提供:株式会社日本HP)(2021/2/12)

楽天モバイルの5Gはどれだけ速い? Rakuten BIGで検証 本命は「SA」開始以降か
昨年12月には契約申込者数が200万会員を突破した楽天モバイル。実際の通信速度をチェックするとともに今後の展開を予測する。(2021/2/8)

ソニー「α1」速攻インプレッション プロカメラマンから見てうれしい5つのポイント
ソニーが発表したフルサイズミラーレスのフラグシップモデル「α1」(アルファワン)を早速プロカメラマンが試用。従来機からの進化や評価ポイントを見ていく。(2021/1/28)

ブラックサンダー公式「義理チョコを煽り続けたことを反省」→ 自由すぎるバレンタイングッズを大量発売 絶対反省してないだろ!
1個限定の下駄箱(1万5000円)はもう売り切れ。(2021/1/25)

モバイルディスプレイの道:
VESAマウント対応で実売2万円台前半のモバイルディスプレイ「CIO-MBMN1080P」を試す
CIOの15.6型モバイルディスプレイ「CIO-MBMN1080P」は、標準でVESAマウントに対応したユニークな製品だ。実売で税込み2万2000円を切る価格面でも魅力的な本製品をチェックした。(2021/1/5)

ついに発表! 2020年を代表するスマートフォンは?
2019年12月17日から2020年12月中旬までに発売されたスマートフォンの中からベストな機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」。2020年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で5機種ずつ、最終的に各部門で1機種を選定します。今回は審査員の配点とコメントを紹介。栄冠を手にしたモデルは?(2020/12/28)

「カプコンアーケードスタジアム」発表 「天地を喰らう」「19XX」「プロギアの嵐」など32本をNintendo Switchでプレイ
2021年2月配信予定。「1943」が無料で遊べます。(2020/12/11)

モバイルディスプレイの道:
レノボのペン付き14型モバイル液晶「ThinkVision M14t」はどんな用途に使える?
レノボの「ThinkVision M14t」は、モバイルディスプレイでは珍しい14型というサイズに加え、アクティブペンを標準で備えるなど異色のモデルだ。本製品ならではの強みをチェックした。(2020/11/30)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第32回):
ラズパイ一体型キーボード「Raspberry Pi 400」レビュー 特例制度のWeb申請で“技適なし”を回避した
かつての“マイコン”を思わせるラズパイ一体型キーボード「Raspberry Pi 400」のレビューのファーストインプレッションをお届け。海外製品を日本国内で使うために気を付けるべきポイントも紹介。(2020/11/27)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
PyTorchでDCGANを作ってみよう
PyTorchが提供するConv2dクラスとConvTranspose2dクラスを使ってDCGANを実装しながら、その特徴を見ていきましょう。(2020/11/6)

Apple、サブスクリプションサービス「Apple One」を正式スタート 月々1100円で音楽、動画、ゲーム、クラウド全部入り
個別に加入する場合より1200円以上お得に。(2020/10/31)

Appleのサブスク全部入り「Apple One」、日本でスタート 音楽、ゲーム、動画、クラウド合わせて月1100円から
10月31日から日本でも「全部入り」が可能に。(2020/10/31)

「ZenFone 7 Pro」レビュー 進化したフリップカメラやMVNOでの5Gを試す
ASUS JAPANから3眼フリップ式カメラと最新ハイエンドCPUのクアルコム製Snapdragon 865 Plusを搭載した5G対応スマートフォン「ASUS ZenFone 7 Pro」、「ASUS ZenFone 7」が発売された。ZenFone 7 Proの実機を見つつ、実際の性能や使い勝手を紹介していく。(2020/11/1)

モバイルディスプレイの道:
コスパ優秀の15.6型モバイルディスプレイ「LD16W61」を試す
エプソンが投入した15.6型モバイルディスプレイ「LD16W61」は、税込み2万7500円とお手頃な価格が魅力の1台だ。その実力をチェックした。(2020/10/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界で大流行の「SDGs」 背景に見える、エコテロリズムへの危機感
東急で環境保護などをうたったラッピング車両「SDGsトレイン」が走り始めた。こういった取り組みが鉄道業界でも浸透し始めている。環境に配慮した車両は以前から開発されてきたが、あらためてSDGsを発信する背景には、環境保護を訴える若者などへのメッセージの意図がある。(2020/10/2)

モバイルディスプレイの道:
実売2万円台でケーブル全部入りの13.3型ノジマ「EK-MD133」を試して分かったこと
テレワークなどでも人気のモバイルディスプレイだが、小型で低価格なモデルはそれほど多くない。そのような中でノジマの13.3型「EK-MD133」が発売された。実売2万円台のコンパクトな実機を細かくチェックした。(2020/9/24)

「Jenkinsおじさん」を生み出さない仕組み:
「フルスタック地獄で完全な自動化は難しい」 国立情報学研究所はクラウド運用効率化をどう進めている?
ますます複雑化するIT環境でどう運用管理の効率を高めていくか。2020年7月末に開かれた「Cloud Operator Days 2020」に登壇した国立情報学研究所のクラウド運用チームに所属する谷沢智史氏は、クラウド運用の効率化に向けてどう取り組んでいるか紹介した。(2020/8/27)

石野純也のMobile Eye:
「コスパ」と「5G」を武器に日本で台頭したOPPO その歩みと今後の戦略を読み解く
OPPOの5Gスマートフォンがauとソフトバンクから発売される。SIMフリー市場では、コストパフォーマンスに優れたRenoシリーズでシェア拡大を目指す。今後はスマートフォンの周辺機器も拡張して満足度向上に努める。そんなOPPOの日本での戦略を解説する。(2020/7/24)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:バーチャルYouTuber(サイボーグ)がまた「PCとの対談形式」でレビューをしたらなんかいい話になりました
あの伝説のレビュー記事が帰ってきた。(Sponsored by レノボ・ジャパン)(2020/6/26)

短期連載「X1 Carbon(Gen 8)と私」第1回:
待ちに待った「ThinkPad X1 Carbon(Gen 8)」 どこが違う? 進化点をチェック!
レノボのフラグシップノートPC「ThinkPad X1 Carbon」に第8世代モデルが登場。その“ほぼ最上位”構成を数回に分けてレビューしていく。今回は、基本的なチェックポイントを、外観と共にチェックしていく。(2020/6/9)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
「3G終了」へのカウントダウン 携帯電話販売店では何が? ケータイユーザーはどう動く?
NTTドコモがFOMAのサービス終了を予告したことで、「3Gサービスの終了」に注目が集まりました。とりわけ、3Gケータイを使っているユーザーにとっては死活問題ですが、携帯電話の販売現場はどうなっているのでしょうか。(2020/4/1)

Windowsフロントライン:
「Microsoft 365 for Consumer」が間もなく登場か
以前から話題に上っては消えていた、Microsoftのサブスクリプションサービス 「Microsoft 365 for Consumer」がついに登場するようだ。(2020/3/18)

約5年ぶりの“とびきり”ハイエンド ミリ波対応の「arrows 5G」がドコモから 2020年夏発売予定【写真追加】
arrowsスマートフォンのハイエンドモデルが、約5年ぶりに登場。同時に発表された国内メーカー製5Gスマホの中では唯一の「ミリ波」対応モデルで、スペック的にも「ほぼ全部入り」となっている。(2020/3/18)

Wi-Fi 6もLTEも光学ドライブも内蔵可能:
コスパ良好でテレワークにも対応! 堅実なビジネスPC「MousePro NB5」を試す
マウスコンピューターの「MousePro NB5」シリーズは、光学ドライブをはじめ、Wi-Fi 6やLTEも内蔵可能なビジネス向けの15.6型ノートPCだ。豊富なBTOメニューが用意されている中から、コスパに優れた“全部入り”モデルをチェックした。(2020/3/12)

ソフトバンクから「AQUOS R5G」登場 3月27日発売予定
ソフトバンクの5Gサービス対応「初号機」の1つとして、AQUOS R5Gが登場する。日本メーカー製らしい全部入り端末で、5Gエリアでは下り最大2Gbpsで通信可能だ。(2020/3/5)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ネットで否定派が目立っても、PCに「Office」がバンドルされ続ける理由
ネットでは「いらない」という声が多いのに、製品を買うと必ず付いてくるものがある。例えば、PCにバンドルされる「Office」もそう言われがちだ。こうしたミスマッチはどのように起こるのか。販売店とメーカー、それぞれの事情をみていこう。(2020/2/29)

モバイルディスプレイの道:
バッテリー内蔵の15.6型のサブディスプレイ「Xtendtouch XT1610F」はモバイラーの救世主となるか
PEPPER JOBSの「Xtendtouch XT1610F」は、タッチ操作に対応しペンが付属、USB Type-CとHDMI端子を備えるのに加え、大容量のバッテリーを内蔵した文字通り全部入りの15.6型モバイルディスプレイだ。その使い勝手をチェックした。(2020/2/17)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2019:審査員が選ぶ「2019年を代表するスマホ」5機種
ITmedia Mobileは12月中旬、2019年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2019」の審査会を開催しました。選考対象となるスマホは2018年12月から2019年12月中旬までに発売した機種。審査員が選定した5機種の理由を紹介します。(2019/12/26)

Sonos、全部入りポータブルスマスピ「Move」を399ドルで発売へ
Sonosが同社初のポータブルスピーカー「Move」を9月24日に399ドル(約4万3000円)で発売する。数日前にBoseが発表した競合製品同様にGoogleアシスタントとAlexaをサポートし、AppleのAirPlay 2もサポートする。屋外使用を想定し、バッテリー持続は約10時間、耐水レベルはIP56だ。(2019/9/6)

PR:「PIXUS TS8330」でキレイ! いつでもどこでもどこからでも心ゆくまで自宅プリントを楽しむ
多様性が求められる時代に適したプリンタとは何か。ユーザーがプリントしたい時にさまざまなスタイルで手軽に印刷できる、その答えがキヤノンの「PIXUS TS8330」だ。(2019/9/6)

セキュリティ・アディッショナルタイム(34):
令和初の情報危機管理コンテストに見る、真の対応力――理想通りにいかない環境で、理想のインシデント対応に近づくには?
インシデント対応に備え、さまざまな手順やツールを整え始めた企業は多いことだろう。だが、全てを担当者の思い通りに制御できる環境はない。さまざまな制約や初見の機器といった、「アンコントロール」な環境の中でこそ、真の対応力が問われることになる。(2019/9/2)

モバイル決済で店舗改革:
多彩な決済手段を提供するSBペイメント 決済手数料を上回るキャッシュレス化のメリットとは?
SBペイメントサービスは、実店舗、オンラインでの決済サービスを提供する決済代行会社だ。クレジットカード決済やキャリア決済などに対応し、決済端末を提供している。同社サービスの特徴や、キャッシュレス化のメリットを聞いた。(2019/8/22)

「速い、安い、簡単」を実現
「バックアップが終わらない」をなくす、簡単で全部入りのツールはないか?
バックアップ/リカバリーと災害復旧は、企業にとって重要な対策だが、管理や維持コストは最小限に抑えたいところだ。少人数でも簡単に運用でき、物理環境、仮想環境、クラウドで簡単に使えるツールはないだろうか。(2019/8/5)

Mobile Weekly Top10:
「Galaxy Fold」いよいよ発売へ/「dアカウント」のセキュリティコード通知で注意喚起
先行レビューで破損事故の相次いだフォルダブルスマートフォン「Galaxy Fold」。破損につながる部分を改善した上で、9月中に一部地域で販売開始すべく準備が進められています。(2019/7/29)

“全部入り”スマホ「ZenFone 6」開発ストーリー 「万人向けの電話機を作りたいわけではない」
ASUSの新たなフラグシップスマホ「ZenFone 6」は、フリップ式のカメラを搭載した、意欲的なモデルだ。単にスペックが高いだけでなく、他のハイエンド機では省かれがちな仕様もきっちりサポートしている。そんなZenFone 6の狙いについて、ASUS本社で聞いた。(2019/7/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。