トップ10
» 2017年08月29日 16時50分 公開

Mobile Weekly Top10:iPhoneに「水没反応」 どうする?/「Galaxy Note8」登場

iPhoneが水没してしまった場合には、メーカー保証の対象外となります。水没してしまったかどうか分からない時は、「ある場所」を確認しましょう。

[井上翔,ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、2017年8月21日から8月27日までのアクセスランキングを集計しました。

iPhone 7のSIMカードスロット 筆者のiPhone 7には水没反応がなかった

 1位には、iPhone TipsからiPhoneが水没したときに確認すべきこと」が入りました。

 携帯電話には、水ぬれ・水没などによって本体内に水が入り込んだことを示す「水没反応シール」が用意されています。このシールの貼り付け位置や個数は機種によって異なりますが、最近のスマホではSIMカードスロット部にあることが多いです。iPhoneもLightning端子を採用した「iPhone 5」以降ではSIMカードスロットに水没反応シールに相当する「液体浸入インジケーター」が付いています。

 iPhone 7/7 PlusはIP67等級の防塵(じん)・防浸性能を有しているため「水没なんてめったなことではしないのでは?」と思われるかもしれません。しかし、急激な室温変化(冬場の「風呂場→寒い部屋」など)による結露や、SIMカードトレイをしっかり閉めなかったことによる浸水など、「思わぬ」理由で水没反応が出てしまうことは意外とあります。気を付けましょう。

Galaxy Note8の公式サイト 日本でも「Galaxy Note8」の公式サイトは開設済み

 ランキング4位の「デザイン、カメラ、Sペン――『Galaxy Note8』の見どころを速攻チェック!」と9位の「熱烈なファンに応える期待の1台――『Galaxy Note8』の魅力をひもとく」は、8月23日(米国東部夏時間)に発表されたSamsung Electronicsの「Galaxy Note8」に関する記事です。

 先代の「Galaxy Note7」は発火事故が相次いだことで発売中止となりました。しかし、上記の記事にもある通り、Galaxy Noteシリーズのロイヤリティ(忠誠度)が高く、「早く次のGalaxy Noteを……!」というユーザーの声も少なくありませんでした。確かに、海外に行くとGalaxy Sシリーズの最新モデルに混じってGalaxy Noteシリーズのユーザーを良く見かけました(地域差もありますが、海外ではiPhone以上にGalaxyを目にする機会が多いです)。

 日本での発売は特にアナウンスされていませんが、日本語公式サイトはすでに開設済みで、今までの例から鑑みるにどこかのキャリアの2017年冬モデルとして登場するものと思われます。そうなると、日本では実に3年ぶりのGalaxy Noteとなります。

 Sペンと組み合わせた際の絶妙な使い勝手が特徴的なGalaxy Note8。日本でもぜひ発売してほしいところです。

関連キーワード

Galaxy Note | iPhone | Mobile Weekly Top10 | 水没


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう