ニュース
» 2017年11月08日 19時29分 公開

「携帯市場 神田本店」が中古フィーチャーフォンの旗艦店としてリニューアル 

11月15日に「携帯市場 神田本店」がリニューアルオープン。中古フィーチャーフォンの旗艦店として端末の買取・販売、アクセサリー関連の販売、購入後のアフターサービスまで一貫して提供する。これまで発売されてきた携帯電話の歴史が分かる展示も行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 携帯市場は、11月15日に中古フィーチャーフォンの旗艦店として「携帯市場 神田本店」をリニューアルオープンした。

Photo 店舗の外観

 これまでは中古携帯の販売、買い取りやiPhoneの修理を行ってきたが、中古携帯の買い取り、販売から、アクセサリー関連の販売、購入後のアフターサービスまで一貫して行う総合専門店としてオープン。

 スマートフォンが普及したことでフィーチャーフォンが買いにくくなっていることから、ビジネスマンやシニアの買い替え需要に応えていく。

 メーカー別や年代別だけでなく、通話のしやすさやバッテリーの持ち具合、カメラの画素数などの用途別にコーナーを設置。目当ての端末が見当たらない場合、同社の専用倉庫から在庫を確認して、指定の場所へ郵送するサービスも提供する。

 また、店内では1996年に登場したケンウッド製「PH951」や、2008年に発売された「iPhone 3G」などの携帯電話を年代別に展示。フィーチャーフォンの歴史やiPhoneの変遷を知ることができる。

Photo 店舗の写真

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう