トップ10
» 2018年01月04日 16時40分 公開

Mobile Monthly Top10:2017年のモバイル業界を振り返る(12月編):ハイエンドスマホのカメラ勝負/気になるモバイル通信業界の行方

アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。12月は、冬商戦に登場したハイエンドスマホのカメラ比較記事が特に良く読まれました。

[井上翔,ITmedia]

 2017年も多数の話題がモバイル業界をにぎわせました。ここでは、2017年1月〜12月のITmedia Mobile月間アクセスランキングを紹介し、各月で注目を集めたトピックを振り返っていきます。

 今回は12月のランキングをお届けします。

 「師走(しわす)」こと12月は、新年に向けて何かと忙しくなる時期です。多くの会社では第3四半期の最終月ということもあって、「猫の手も借りたい」状況になる人も少なくないでしょう。モバイル業界的には、次の四半期から始まる年間最大の商戦期「春商戦」に向けた準備の月です。

 そんな12月に一番読まれた記事は、荻窪圭さんのカメラレビュー「2017年冬の「スマホカメラ四天王」八番勝負! 『Xperia XZ1』『Galaxy Note8』『Mate 10 Pro』『iPhone X』のカメラを徹底比較(前編)」でした。

 最近のスマートフォンは、ミドルレンジモデルでも十分な処理能力を備えています。そのこともあって、昨今では別の差別化要素を模索する動きがあります。その1つが「カメラ」です。各社競ってカメラ機能の拡充・改善に取り組んでいます。

 そのかいもあって、特にハイエンドモデルでは、何を被写体にしてもキレイな写真が撮れるようになりました。「ピントがなかなか合わない……」「色が何かおかしい……」としょっちゅう悩んでいたことが、遠い時代の出来事のように思えます。

 ただ、それでもメーカー(機種)によって主に色合い面での「個性」はかなり残っています。この個性は、今後強まるのか、弱まるのか。筆者はひそかに注目しています。

カメラ ハイエンドモデルのカメラは、どれもキレイ。しかし、色合い面を中心に個性もあるので悩ましい

 12月といえば、1年間を振り返る記事も多く掲載されます。その中でも一番読まれたのが、ランキング2位の「大手キャリアの“逆襲”が目立った2017年/MVNOは『勝ち組』『負け組』が明確に」でした。

 2015年から2016年にかけて大きく成長してきたMVNO市場。その原動力は、大手キャリア(MNO)よりも手頃な月額料金にありました。

 しかし2017年、MNOやその子会社が「MVNO対策」とも言える施策を多く実施したことで、いきおいにブレーキがかかりました。その負荷に耐えられず、事業撤退・譲渡に追い込まれるMVNOも出始めています。

 そんな中、総務省は2017年末に「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」を立ちあげました。この会では、2018年3月末をめどに競争環境に関する提言をまとめる予定です。

 この「提言」と「楽天による通信キャリア(MNO)参入」の行方が、2018年のモバイル通信業界を大きく左右することになりそうです。

楽天の適時開示資料 楽天はMNOに名乗りを挙げることに

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう