ニュース
» 2018年02月20日 15時15分 公開

ユーザーがテレビ番組制作に参加できる「NHKテレビクルー」 第1弾テーマは東日本大震災

DigiBookは、NHKの番組制作者とスマホユーザーが一緒に番組コンテンツを制作する公式アプリ「NHKテレビクルー」を企画・開発。通知に従って独自の視点で撮影した動画がテレビ番組として世界に発信される仕組みで、第1弾は東日本大震災をテーマに実施する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 DigiBookは、2月20日にiOS/Androidアプリ「NHKテレビクルー」の企画・開発を発表した。

Photo iOS/Androidアプリ「NHKテレビクルー」

 本アプリは、NHKの番組制作者とスマートフォンユーザーが一緒に番組コンテンツを制作するというもの。ユーザーはアプリから通知される監督の指示に従って動画を撮影。撮影した動画をアプリからアップロードすると、テレビ番組のコンテンツとして世界に発信されるという仕組み。

 現在、「#311246 大切なものは何ですか?」というテーマで投稿できる。期間は2018年3月13日まで。投稿した動画は、3月11日のNHK総合の番組で放送される可能性がある。

 対応OSはiOS 10.0以降、Android 4.4以降で、対応端末はiPhone、iPod touch、各種スマートフォン。ダウンロードは無料で、120MB以上のストレージ空き容量とネットワーク環境が必要。

Photo テレビクルーシステム

 テレビ局(NHK)側は、別途ツールを使うことで映像撮影を依頼できる。居住地や年齢など、ユーザー属性に応じたプッシュ通知で依頼をすることも可能。撮影地や撮影日時などの情報とともに動画を集められるため、スピーディに番組を制作できるのもメリットだ。

 サーバー負荷に応じて自動的にサーバーの台数を増減し、100万人に同時アップロードにも耐える「オートスケールサーバー構成」も用意する。

Photo 利用イメージ
photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう